CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年1回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第13回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年5月19日(土)13:00 -17:30 /20日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
お待たせしました! 待望の藤木の新作、発売!
『親に壊された心の治し方〜育ちの傷から解放される方法がわかる本』2017年1月23日発売 講談社 やっと発売されました。どうか皆さん、ぜひ書店で手にとってくださいね。そしてちょっと「気がかりな」あの人へのプレゼントにいかがでしょうか? 「育ちの傷」による負の連鎖の断ち切りを全国に広め、幸せな笑顔を増やす活動を、さあ、あなたから。
【2日間】第3回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2018年2月17日(土)13:00〜17:30 / 18日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
こどものPTSD。怒鳴るのはやっぱりダメ(Yahooニュース第3位!)
0

    現代ビジネスに寄稿しました

    (11/22、Yahooニュースで第3位になりました!)。

     

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53539

     

    お祭りで男性に怒鳴られた5歳の女の子がPTSDになり、訴訟になったというお話です。

     

    感情への対処があなたの人生を守ります。

     

    怒ってばかりの人、すぐにいらっしゃい、

     

    怒られてばかりで、生きる気力を失くした人も、すぐにいらっしゃい(笑)

     

    どちらも、「こころの怪我」が原因だから。ちゃんと手当できますよ。

     

    もっとラクに生きていいんだから。

     

     

     

    | 藤木コラム | 17:27 | comments(0) | - |
    2017秋期 SEP参加者感想
    0

      11/4にSEPを終了した5名の感想をご紹介します。

       

      誰ひとりとして一日も休まず、しっかりとくらいついて来られた皆さんです。
      それだけにこれまで、ずいぶんご苦労がおありだったのだと思います。

       

      精神科通院中、あるいはその経験のある方がほとんどで、中には50年苦しんでこられたかた、そして10年来の鬱病の方もおられましたが、プログラム後の検査ではしっかり改善が見られていました。

       

      電車に乗れず、当初は家族に車で運ばれるようにして来ていた方も、途中からはひとりで来ることができるようになりました。

      この回の参加者は症状の重い方が多かったので、結果を出せて、正直、ホッとしました(^^)。

       

      次は3月にお会いしましょう。それまで各自、出された宿題に本気で取り組んでくださいね。さらに自尊感情が回復していること間違いなしです(^▽^)/。


      ●女性 40代
      ・プログラムに参加して…よかった
      理由…自分を客観的に見ることが少しできた。これからもできるかもしれないと思えた。
      ・費用について…どちらともいえない
      理由:うまく自分の生活の中でプログラムで学んだことをやっていけそうなので高くはないと思いますが、あまり高額になると受けるのも今より勇気が必要なので大変ですが、お金を払っただけの価値はありました。
      ・その他
      最初はグループで受けることに抵抗があったのですが、同じような事で悩んでいる姿やプログラムや先生の考えなどがとても参考になり、実りの多いものになったと思います。ありがとうございました。

       

      ●女性 60代
      ・プログラムに参加して…よかった
      ・費用について…安い
      その理由…充分価値のあるもので濃い内容でシンプルだったから。
      ・その他
      修正の言葉により改善の度合いが変わってくると思いますが、良い言葉が見つかるといいです。

       

      ●男性 40代
      ・プログラムに参加して…よかった。
      ・その理由…書いてほっとしたり、大声で言ってその気になったり、頭の中で唱えて悲しくなったりして色々体が反応しているのでプログラムのビフォーアフターで自分は変わっているような気がしています。又、他人の悩みが自分の悩みと同じだったりその逆もあったりして「はっ!」とさせられることが回を重ねるにつれありました。心がすーっと楽になりました。
      ・費用について…どちらともいえない
      理由…今となってはいくら払ったかも覚えてないが、確実に「来れてよかった」です。
      ・その他
      休職中のタイミングでプログラムに参加出来て、とても自分は運が良いと思いました。ありがとうございます。あのセリフをみんなで考えていくテンポの早さには目を見張りました。その雰囲気は本を読んでいてもつかめないものですので、このプログラムの醍醐味でした。3月(フォローの日)はあっという間にくるのでしょうか…。

       

      ●女性 40代
      ・プログラムに参加して…よかった
      その理由…私と同じような悩みを持っている人の意見が知れて参考になりました。
      ・費用について…どちらともいえない
      ・その他
      私と同じような悩みや苦しみを持っている人が他にもたくさんいて、SEPが多くの人に効果が出ているんだと知って「私も希望を持っていいんだ。」と思えました。

       

      ●女性 30代
      ・プログラムに参加して…よかった
      理由…自分だけでなく色々な人の意見を聞け、自分と同じような考えをしている人達に心おきなく自分の修正をさせてもらったことがとても良い経験でした。
      ・費用について…どちらともいえない
      主婦の立場から見るとやはり少し高い気もする反面、一生を変えるものなのでこれくらいは払っても良いかなと思う。
      ・私的には10回ぐらいやってほしかったです。定着作業は一人でできますが、修正と藤木先生の経験からくるアドバイス「世の中はいい人ばかりではない。弱くても強いフリをするのが第一歩」というのは目からうろこでもっと聞きたかったからです。良い人だけでは世間を渡っていけないと強く感じた5回でした。

       

      | SEPニュース | 17:14 | comments(0) | - |
      SEP自主勉強会 第3回報告と次回のお知らせ
      0

        ■第3回SEP自主勉強会

         

        日時:2017.1.17 19〜21時
        場所:ドーンセンター(大阪市)
        参加者:4名

         

        <ロールプレイ:テーマ>
        ・自信喪失、努力しているが、抜け出せない時もある。
        仕事上のこと、福祉は稼げないと思ってしまうのと、役に立っているのかと思ってしまう。福祉でもソーシャルビジネス的にうまくやっている人もいるのに。うまくいかない私は・・・。
        ・もう一歩踏み出せているよね。わたしならできる、で修正・定着を頑張る。
        <ふりかえり>
        ・F(ファシリテーター)の経験によってやりやすいテーマとやりにくいテーマがある。どうしたらいいか(例:子育て、不妊問題など)
        ・Fの認知の歪みの自覚も必要
        ・板書のパターンがあれば教えてほしい
        ・言語化が難しい人のばあ、どう言葉を引き出すか
        ・これで3回、自主勉強会をやったが、学びがあると感じる。

         

        *次回12/6(水)19:00〜21:00

        *遠方やお試しのスポット参加、男性の参加もOKです(1回500円)。

        参加希望はまずSEP研究所 labo@wana.gr.jp までご連絡を。

        | SEP研究会・自主勉強会 | 13:31 | comments(0) | - |
        メールでのお問い合わせには電話番号を!
        0

          日々、メールでのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。

          しかし、事務局から返信をしても、エラーメッセージが出て送れない場合があります。

           

          よくあるのが、容量が小さい携帯電話・スマホから送信された場合です。

          こちらの添付書類などが受け取れず、エラーが出ます。

          または、何らかの事情で当方のメールサーバーが拒否されている可能性もあります。

           

          こうした事態を避けるため、メールで問い合わせる場合、

           

          PCから送る(この場合も念のため、必ず電話番号を明記する) ← おススメ!

          携帯電話、スマホをご利用の場合、必ずその旨と電話番号を明記する

          もしくは、添付ファイルは受け取れないので郵送お願いします、と住所・氏名を明記する

           

          いずれかをお選びください。いずれの場合も、3日経過してもお返事がない場合(お正月や連休を除く)、必ずWANA関西事務局までお電話をください。いただいたメールに故意に返信せず放置するということはありえませんので。どうぞよろしくお願いします。

          | SEPニュース | 14:53 | comments(0) | - |
          SEP自主勉強会 第2回報告と次回のお知らせ
          0

            ■第2回SEP自主勉強会

             

            日時:2017.10.13  19〜21時
            場所:ドーンセンター(大阪市)
            参加者:5名  

             

            <内容>
            ・前回ふりかえり。
            ・運営面の話し合い(欠席者には音声ファイルを提供する)
            ・メンバーは一回500円。遠方やお試しのスポット参加もOK(1回500円)。
            大阪以外の1回のみ参加もOK。男性の参加可。
            ・ロールプレイ
            テーマ:自信が持てない、仕事でうまく行かず、自分には価値がないと思ってしまう。
            相談者役の課題:育ちの傷があるとわかっているのに、なかなか触れてもらえない。待つ。代弁はできていた。
            ファシリテーター:育ちの傷に触れて、ワーッと出たらどうしよう。迷っていた。時間にとらわれずに、満足があるよな聞き方はないか(SVで相談)。話すことでスッキリ感、安心感はあるんだなという感覚があった。

             

            *次回、2017.1.17 19〜21時 

            *遠方やお試しのスポット参加、男性の参加もOKです(1回500円)。参加希望はSEP研究所 labo@wana.gr.jp まで。

            | SEP研究会・自主勉強会 | 13:30 | comments(0) | - |
            第12回 初級 SEP実践者養成研修 終了しました。
            0

              2017年10月7〜8日の2日間、初級研修が終了しました。

              定員いっぱいの25名が各地より参加、熱い2日間の学びを終えました。

               

              印象的だったのは、ご自分の「育ちの傷」を克服されるために支援者を目指す方。

              今回はとくに目立ちました。当事者による支援は良くも悪くも諸刃の剣。

              支援の過程の中でご自分の認知を修正され、癒されて行くのだと思います。

               

              次回は中級研修でお待ちしています!

               

               

               

              | SEPニュース | 18:47 | comments(0) | - |
              SEP自主勉強会 報告と次回のお知らせ
              0

                嬉しいことに、SEP自主勉強会ができました!

                中級研修を修了した仲間が集まり、グループ練習をされています。

                その報告(感想)と、次回の勉強会の予告をお知らせします。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                ■第1回SEP自主勉強会
                日時:2017.9.6  19〜21時

                場所:ドーンセンター(大阪市)
                参加者:4名  I、Mo、Y、O

                 

                <内容>
                1.自己紹介 + SEPをどんな場で生かしたいか
                2.勉強会の進め方についての話し合い
                3.ロールプレイ(30分間)

                  相談内容:お金に執着してしまう
                4. ふりかえり(20分間)
                ・(相談者役)否定されず、安心して話せた。自分とは違う考え方を聞けて良かった。「あなたにとってお金は何の象徴?」という質問は新鮮だった。
                ・(参加者役)相談者とは違う選択をした自分の体験を話してよかったのか。
                ・(ファシリテーター)どこに焦点を当てるのか、難しかった。「どの言葉が印象に残りましたか?」「どこが認知のゆがみだと思いますか?」等の促しをすればよかった。
                ・二つのエピソードが出たが、一つを選んで掘り下げてもよいのではないか。

                 

                <課題>
                ・話が長くなる人にどう対応するか。
                ・参加者の発言で相談者が傷ついた可能性がある場面でどう対応すべきか。

                 

                <次回の日程>
                10月13日(金) 19:00〜21:00 ドーンセンター(大阪市)
                参加予定人数 6人  費用500円

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

                *勉強会への参加者は中級の受講修了者に限ります。
                *参加希望者は、まず、SEP研究所  labo@wana.gr.jp  「自主勉強会係」までご連絡を(あなたの氏名および受講年をお知らせください。勉強会の世話人の連絡先をお知らせします)。

                 

                *あなたのお住まいの地域でも、SEP自主勉強会を立ち上げませんか?

                (このブログでの呼びかけも可能です)

                自主勉強会で上がった課題に対しては、藤木のSV(サポート・指導)も検討中です。

                いずれも連絡先は SEP研究所 labo@wana.gr.jp まで。

                せっかく学んだSEP。定期的にケース練習して、腕に磨きをかけましょう! 

                 

                | SEP研究会・自主勉強会 | 15:04 | comments(0) | - |
                こどもを育ててみませんか
                0

                  代表の藤木です。自身も里親として里親支援している私の知人が「里親相談会」を開催します。

                   

                  私が心理療法士として関わっている大阪市こども相談センター(中央児童相談所)で、引き取ったこどもを虐待してしまった里親さんが、SEP(自尊感情を回復させるプログラム)に参加されることがあります。

                   

                  「カッとなってしまった」と泣いて自分を責める里親さんに、「血がつながった親子であっても、子育ては難しい面を多々はらんでいるよ」と励まして、なんとか親子をつづけていけるように支援します。

                   

                  「人を育てる」って大変なことだけど、こどもにとって誰かと「家族」という特別な関係を持って育つことはとてもとても大切なこと。そして里親さんご自身にも人としてかけがえのない学びとなることは間違いありません。

                   

                  これを読まれた方で、もし関心がおありなら、ぜひ一度お話だけでもうかがってみてはいかがでしょうか。応援します。

                   

                  ●里親相談会を開催します。

                   

                  親の様々な事情で短期・長期、家庭で親と暮らせない子どもがいます。そんな子どもをご自身の家庭に迎えて、暖かく養育してくださる方を募集しています。また、養子縁組を希望される方のご相談もお伺いします。

                   

                  当日は里親支援相談員と、里親である私、和田隆博が里親制度や登録方法について、個別にご相談いたします。事前の申し込みは不要、料金もかかりません。里親に関心のある方は、ぜひお立ち寄りください。

                   

                  ○9月17日㊐ 13:00〜16:00
                  ○子どもデザイン教室(地下鉄御堂筋線 西田辺駅2号出口、南港通りを東へ450m)
                  ○主催:大阪市こども相談センター・一般財団法人市民共済会
                  ○お問い合わせ:電話06-4301-3156(里親相談担当)

                   

                  | 藤木コラム | 09:08 | comments(0) | - |
                  第12回 初級SEP実践者養成研修 定員となりました
                  0

                    このたび、10月7,8日に開催予定の第12回初級 SEP実践者養成研修のお申込みが定員に達しました。

                    (今後お問い合わせいただいた方は、キャンセル待ちのご案内となります)

                    他の業務の都合や研修施設のキャパの問題もあり、なかなか全ての方のご希望に添えず、申し訳ございません。

                     

                    つきましては、2018年5月19,20日に次回のSEP実践者養成研修を開催いたしますので、

                    今回お申込みが間に合わなかった方、ご関心がおありの方は是非こちらにお申込みください。

                     

                    お申込みは、表題(件名)を「SEP研修参加希望」としていただき、参加希望者のお名前を

                    必ず記載の上、labo@wana.gr.jpまで。

                     

                    | SEPニュース | 14:17 | - | - |
                    いい暴力、悪い暴力はありません
                    0

                      「日野皓正が中学生に「指導」という名目で暴行を加えた事件に対し、保坂展人世田谷区区長の対応が批判を呼んでいます。過去、教育ジャーナリストとして、体罰や管理教育に対し批判の声を挙げてきた態度と言行不一致しているのではないかというのが、批判の主な内容です」

                       

                      私も今、テレビを観ていたら、この問題を取り上げていた。

                      番組のコメンテーターは「容認派」が多い。保坂さんもしっかりしてよ。

                      私が観た中ではサンジャポの太田光さんくらいかな、真向から批判してたのは。

                       

                      日野さんって世界的なトランペッターという認識だったけど、結局彼もただのDV男なのね。

                      この生徒とは「特別な仲だった」「親子のよう」と強調しているけど、なら、やっていいわけ?

                       

                      この子にも反省すべき点はあるから、謝ったのはそれでよし。でもこれとそれは別の話。

                      こどもたちが大勢見てる前で、暴力でこどもを封じ込めようとした日野さんもダメ大人だし、

                      それを「やっていい時もある」なんて擁護している芸能人たちは、もっとダメ。

                       

                      「理由がどうあれ、暴力はダメなんだ」と本気で言えないなら、

                      北朝鮮を誰も非難できないし、速攻やり返す対応しかないってことになる。

                      そういう問題なのよ、暴力はみんな同じなの。

                      小さな暴力への容認が大きな暴力を生むことがなんでわからないのかな。

                       

                      体罰教員への研修とか、虐待親の再教育とかやってる私から見れば、

                      こうした世間の態度がこれまでの努力をすべてダメにしてしまう。

                      文化をダメにしてしまうのはマスコミではなく、アンタだよ。

                       

                      | 藤木コラム | 13:22 | comments(0) | - |
                      | 1/24PAGES | >>