CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第15回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2019年5月18日(土)13:00 -17:30 /19日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
兵庫県男女共同参画センター 相談担当者研修 講演報告
0

    3月6日、兵庫県男女共同参画センター 相談担当者向け、研修にて講演を行いました。

     

    今回の研修には、DV相談の相談員、保健福祉センターの婦人相談員、子育て支援をする保健師の方、家庭児童相談員、地方検察局の社会復帰支援担当者など、多岐にわたる領域で活躍される方々がご参加くださいました。

    アンケート回答者全員が研修に対して「良かった」と回答されました。

     

     

    参加者の感想の一部をご紹介します。

    ●相談で「育ちの傷」を持っている人と対面している。今回の研修は具体的な内容で、実践に役立つ。

    ●精神疾患を持つ相談者への対応は本当に難しいが、今回の講座を聴いて、これからの業務への自信がついた。

    ●長期間、辛いという相談内容をただ繰り返す相談者に対し、これまでは傾聴するしかなかったが、今回の研修でひとつの方向性を見出すことができた。

    ●これまで対応がうまくいかないケースがあり、自信を無くすことも多々あったが、今回のお話を聞いて、さらに努力していこうという気持ちになった。

     

     

    女性支援、子育て支援の現場だけでなく、触法者の社会復帰のためにも、自尊感情の回復と、それと並行した社会的スキルの獲得は必須です。必要性を感じて下さった皆さんに感謝するとともに、是非多くの支援現場でSEPが当たり前に提供されるようになることを願います。皆さん是非一緒に学びましょう!

     

     

    *SEPの技術を学びたい方はsep@wana.gr.jpへ

    *まずは自分の心の傷を治したい方はlabo@wana.gr.jpへお問い合わせください

    (尚、PCメールをブロックされている等の理由で返信してもエラーになる場合がございます。お問い合わせの際は、必ず、お名前とお電話番号を明記してください)

    | 藤木の講演・活動 | 22:11 | comments(0) | - |
    【至急】北海道よりお問い合わせの方
    0

      ●3/14と3/16に北海道から、docomoアドレスにてメールをくださったお問い合わせ者さま、メールを返信させていただいたのですが、何度もエラーで返ってきてしまいます(添付書類はつけておりません)。

      お電話番号を添えて別のアドレスをお送りいただくか、一度WANA関西06-6809-4442までご連絡いただけないでしょうか?

      ご連絡お待ちしております。

      (WANA関西営業時間:月〜金の9:00〜18:00)

      | - | 10:39 | comments(0) | - |
      SEP研究研修会を開催しました
      0

        SEP研究会第3回研修 開催報告

         

        2月23日、SEP研究会第3回研修を開催しました。SEP研究会は、SEPを所属機関で実践している方、実践に向けてスタートアップ研修を修了された方を中心に構成されており、年1回この研修では各機関の実践報告などを中心に扱います。

         


         

        今回の研修会は、母子生活支援施設2機関を含む9名の研究会メンバーでの開催となりました。

         

        研修会では。咤釘仄汰報告がありました(東さくら園、八幡母子寮)。それに対して、藤木から「定着作業がはかどらない参加者にどのように働きかけるか」、「考え方の修正をもう一歩深めるためのコツ」について指導がありました。つづいて∈膿携任離好薀ぅ鼻テキストの解説、SEPの最新の効果研究の結果について報告がありました。

         

         

        SEPは統一されたスライドを使用して実践するので、実施者も安心して進めることができます。しかしながら、実施者によってカラーが違ったり、グループの雰囲気がそれぞれ出るのがSEPの奥深さでもあります。色々の機関での実践報告とSVを聞くことで、まだ実施に至っていないメンバーも自分が実践する際の注意点をより具体的に想像もでき、非常に学びの多い研究会となりました。

         

        SEP研究会は支援者向けSEP初級研修以上を修了された方ならどなたでも入会していただくことができます。お問い合わせはお気軽に研究所までどうぞ♪

        | SEP研究会・自主勉強会 | 16:58 | comments(0) | - |
        大阪市こども相談センターで研修をしてきました
        0

          大阪市こども相談センター SEP周知研修報告

           

          2月8日、藤木が非常勤セラピストを務める大阪市こども相談センター(児童相談所)で、職員向けのSEP周知研修を行いました。これは日頃、最前線で関わる職員の方に、SEPの効果や内容を知っていただき、SEPの必要な方をSEPに積極的につなげていただく企画です。

          参加された方の感想をご紹介します。

           

          ------------------------------------------------------------

           

          内的支援は主に心理司の方の役割だと思っていましたが、福祉司が親面接を担当することが多いので、福祉司にも必要な視点、技術と思いました(児童福祉司)。

           

          相談をうける中で”考え方”が大事な要因の1つだというのは分かっていたけれど、自分の中で”人の考え方なんて変わらないし、自分が何かできるとも思えない”と考えていました。今日の研修で、まず自分の考え方がどういうものがあるか理解すること、自分を理解することで相手をさらに深い部分で理解できて、それが支援につながるんだと思いました(児童福祉司)。

           

          虐待をしてしまった親側の支援は、結果的に子どもの支援にもつながることがわかりました。ありがとうございました(心理)。

           

          「認知のゆがみ」を変えていくプロセスは興味深かったです。親自身が育ちの中で傷ついているという視点を大切にしたいです(児童福祉司)。

           

          ------------------------------------------------------------

           

           

          連日のように子どもの虐待死の報道が聞かれる最中の研修開催ということもあってか、職員の皆さんがいつもに増して前のめりで受講していたように思います。

          支援者があらゆる種類の相談に100%対応することはできません。しかし、すべての対人援助者が「育ちの傷」や「認知の歪み」ついて認識して支援に臨んでいたら、相談者の方の発言の中からいち早くそのサインを察知し、心理支援を提案することができます。

          研究所としても、心理職だけでなく、対人援助や教育に関わる多くの方がその理解を持って支援に携わられることを願い、今後も研修・講演に尽力していきたいと思っています。

           

          | 藤木の講演・活動 | 10:10 | comments(0) | - |
          野田市の虐待死事件
          0

            藤木です。2/5、日本テレビ報道番組「news zero」から、野田市の事件について取材を受けましたが、番組内ではコメントとして出ませんでした。しかし、櫻井キャスターの解説には私の意見が取り入れられていたと思います。

             

            今回の事件は父親の心理アセスメントの不足、母親のエンパワメントの不足、児相の人材の問題、教育委員会や学校教員の危機感の不足など、多くの教訓に満ちていたと思います。

             

            正直、惜しかった、こどもの命は救えていたと思える痕跡が多かっただけに悔しい事件でした。

            その最たるものは母親が、一度あの父親と離婚していながら、復縁していた点かもしれません。次に、母親の両親が娘の夫のDVに抗議するために娘宅を訪問した際、夫は父親に暴力をふるっている、この時に両親はなぜ警察に行き、娘と孫を取り返さなかったのかーー。

             

            それはそうとして、圧力に屈してアンケート用紙を父親に開示した教育委員会のていたらくは言うに及ばずですが、なんといっても鍵は児相にありました。しかし、児相が人員不足とCWの質の向上をいまだ改善できないのはひとえに国、公共の問題。学校教員に虐待問題の研修が行き届かないのも同じことと思います。

             

            ちなみに昨年、私は大阪府下の約1000人の校長先生に虐待防止研修を行いましたが、「うちの教員たちにもこの研修を」と校長先生から依頼があったのはたった一校、東大阪の繩手東小学校だけでした。

             

            最終的には虐待は「金」で解決できる問題とも言えるのです。少子化問題を口にしながら、一方で児童福祉に予算をつけないこの国に未来はないーーこんなことまで私は取材で言うので、TV番組に出してもらえないのかも(笑)。

            | 藤木コラム | 12:33 | comments(0) | - |
            京都府乙訓障がい者基幹相談支援センター 講演報告(追記あり)
            0

              京都府乙訓障がい者基幹相談支援センターで、支援者向けの講演をしてきました。

              集まられたのは障がい福祉サービスに携わる事業所または行政機関の職員の方々です。

               

              テーマは、虐待者の支援について。

              虐待の問題は、児童領域だけでなく、障害者領域でも大きな問題になっており、家族による虐待や支援者による虐待が昨今、報道でも取り上げられるようになってきました。もちろん、虐待が絶対にしてはいけないことであることは議論の余地もありませんが、その問題を改善するためには、環境や社会資源の問題だけでなく「なぜ虐待をしてしまうのか」という加害者側の心の問題に焦点化する必要があります。

               


               

              今回、この虐待防止研修を企画された「障がい者基幹相談支援センター」というのは、地域での障がい者支援の「核」といえる機関で、障害者やその家族の相談支援だけでなく、障害福祉の事業所との連携や後方支援をする大切な機関です。利用者や当事者の方の生活の質の向上を考える上で、ただ単に「虐待をしてはダメ!」と圧をかけるのではなく、一番近くで彼らを支える養育者や支援者の方の心の状態に目をむけられるような研修を、と考えておられる主催者の方々に非常に感銘を受けました。

               

               

              -------------------------------------------------------------------------------------------

               

              2月14日追記

              研修主催者様から研修参加者の感想をいただいたので以下にご紹介します。

               

              ・日頃の業務で虐待に関係するケースは少ないが、ヘルパーさん自身が自信がないを繰り返す人がいるので「どう考えたらラクか?」と考えてみませんかと声をかけてみたいと思いました。

               

              ・実際に虐待を行った方の行動の裏にその方の育ちの経験がある事に気がついたことが良かった。

               

              ・虐待の背景にある社会の「ゆがみ」が気になります。”気の持ち方”や”考え方”という個人の認識に影響を与える社会のゆがみ(貧困、競争、成果主義、自己責任)をどう考えていくのか。それでも、SOSが出せる、SOSを受け止める人、支援機関が大事ですね。

               

              ・日頃の業務の中で関わるケースを思いうかべながら話をきくことができた。自分の考え方や感じ方のパターンを改めてふりかえることができた。しんどい状況の方に、どのように言葉をかけたらいいのか、いつも聞くことしかできないと感じていたが、どう考えたら楽になるのか、その言葉を投げかけるだけで行きづまっていることに少し別の方向からアプローチできるのではと思えた。

               

               

              | 藤木の講演・活動 | 10:34 | comments(0) | - |
              雑誌「発達」157号に藤木の寄稿文章が掲載されました!
              0

                雑誌「発達」157号に藤木の寄稿文章が掲載されました!

                 

                TVニュースや新聞でも、連日、児童虐待のニュースが流れ、胸を痛める方も多い中、雑誌「発達」に藤木の寄稿文が掲載されました(157号 2019年1月25日 ミネルヴァ書房)。

                 

                「発達」は、子どもの発達からそれを取り巻く環境などをテーマに、保育や教育現場の従事者から研究者・学生などに広く購読されている雑誌です。
                今回は児童虐待の特集。藤木は「親のトラウマを短期間で軽減する心理プログラムとは」というタイトルで、子どもの健全な発達のためには親の心理的ケアをと、SEPを活用した支援の様子を紹介しています。


                公式HPの雑誌紹介ページはこちら→http://www.minervashobo.co.jp/book/b413301.html

                amazonの当該ページはこちら→https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BA%E9%81%9415…/…/ref=sr_1_1…

                | 藤木の講演・活動 | 18:58 | comments(0) | - |
                SEPフォローアップ報告 嬉しい変化が!
                0

                  去る1月12日、2018夏SEPのフォローアップを開催しました!

                   

                  お集まりいただいた皆さんが、この日を待っていたかのように、まるで同窓会状態(笑)

                  SEP終了からの4か月間の様子のシェアをしました。お話された内容の一部をご紹介します♪

                   

                  Aさん

                  CBTを日常生活に取り入れ、モヤモヤする度に、原因が何かを考え、良い方に修正するクセがついている。夫の存在も大きく、「世界に一人は必ず自分を受け入れてくれる存在がいる」と思える。子どもを産んでみたいと思うようになった。失敗したら自分を責めすぎていたが、「自分はそんなにひどくないだろう」と修正している。

                   

                  Bさん

                  子どもとの関係がうまくいかなことが最近あり、自分がサボっていて頭打ちになっているんじゃないかと思い、困っている。修正は、朝と夕に出勤時間を利用してやっている。でも、しんどい場面に出くわしたら、適切な言葉を考え、思いついたらメモをとるようにし、どの場合で落ち着くかをリストアップする。

                   

                  Cさん

                  修正は、しんどくなった時の特効薬として使っている。自分のことを大好きな人や自分に自信がある人と関わっているとしんどくなることが少ないと分かってきた。本当に大事なものだけ残す。SEPが終わってから大切な人ができ、自分の親に対する考えも変わった。以前は「親から家を追い出された」と思っていたが、今は「離れられて良かった」と感じる。

                   

                  Dさん

                  SEPは初めて学んだ考え方で、そのおかげで自分を否定しすぎないようになった。以前なら世間体を気にしてできなかったことも、自分の気持ちを優先して行動を選択できるようになった。周りと比べると自分はうまく愚痴れないが、そういう自分でも受け入れていこうと前向きになった。

                   

                  Eさん

                  対人的な緊張が強いので、みんなからいただいた言葉で定着作業をした。職場でもあまり気を遣わずにマイペースでやれるようになった。日常でも、認知修正をすることで、緊張しながらも世間話や挨拶が笑顔でできるようになった。

                  それでもまだ緊張が走る場面はあるが、養育環境も大きく影響していると思うので、気長にやっていきたい。ビクビクしてる自分もありのままに受け入れていくしかない。

                   

                   

                  また、女性の参加者の数名は、「結婚したいと思えるようになった」「子どもを産んでみたいと思えるようになった」と話されていました。もちろん親になるということは想像しきれない困難もありますが、SEPによって自分のことを受け入れられるようになり、自分の成育歴についての捉え方も変わったことで、「こんな自分が親になんてなれるわけがない」という悲観的な考えから脱却できたことはこの方にとって非常に大きな変化だったのはないでしょうか。

                   

                   

                  「これだけをすればすべてが変わる」「これが変われば人生が必ずうまくいく」。

                  いつか来るかもしれない、でもずっと来ないかもしれない大どんでん返しを待つよりも、「ものの見方、感じ方」を変える、たったそれだけのことで生きづらさが解消されることがあります。

                  WANA関西のSEPは、現在4月スタートの2019春の開催分が参加者募集中です!関心のある方はsep@wana.gr.jpまでお名前と電話番号を添えてお問い合わせください★

                  | SEPニュース | 12:09 | comments(0) | - |
                  年始のご挨拶
                  0

                    皆さま、新年あけましておめでとうございます。

                    本年も一般社団法人WANA関西およびSEP研究所の活動にご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

                     

                    本年の研究所の主な活動としては、以下のものを予定しております。

                     

                    <当事者向け>

                    ●SEP(自尊感情回復プログラム)

                    年4回(冬期:2月〜、春期:4月〜、夏期:7月〜、秋期:10月〜)

                    ※申込は随時受付、参加するかどうかを相談するためのアセスメント面談もあります。

                    ※定員に達した場合は、次回をご案内することがあります。

                     

                     

                    <支援者向け>

                    ●初級SEP実践者養成研修

                    年2回(第15回:5月18・19日、第16回:5月12・13日)

                     

                    ●中級SEP実践者養成研修

                    年2回(第5回:2月9・10日、第6回:7月13・14日)

                     

                    ●ファシリテーション研修

                    年6回(2,4,6,8,10,12月)

                    ※最少催行人数に満たない場合は開催を見合わせます。

                     

                    ●スタートアップ研修

                    申込に対して随時開催

                     

                    ●SEP研究研修会

                    直近は2月23日開催予定

                    ※参加には、初級研修以上の受講とSEP研究会への加入が条件です。

                     

                    <講演・研修>

                    2019年講演・研修ページで随時お知らせします

                    ※ご依頼は随時メールかお電話でどうぞ★

                     

                     

                    上記以外にも随時お知らせしてまいりますので、ブログチェックまたはメールニュースの登録を是非しておいてください^^

                     

                     

                     

                    | - | 10:00 | comments(0) | - |
                    2019年 研修・講演情報
                    0

                      【2019年】 講演・研修

                       

                      1/30 【京都】乙訓障がい者基幹相談支援センター(相談員向け)

                            「傷つけあう家族 〜DV・虐待をのりこえて〜」

                       

                      2/8  【大阪】大阪市こども相談センター(職員向け)

                              SEP プログラム周知研修

                       

                      2/20 【大阪】東大阪市内 公立小学校(教職員向け)

                             被虐待児とその親への対応

                       

                      3/6  【兵庫】兵庫県男女共同参画センター(相談員向け)

                      予定  未定

                       

                      3/15 【大阪】大阪府社会福祉協議会(母子生活支援施設職員向け)

                      予定  「母子施設における自尊感情回復プログラムSEP実践者養成基礎研修」

                       

                      /28  【大阪】シンママ大阪応援団(シングルマザー向け)

                      予定  シンママSEP学習会

                       

                       

                      ****現在、一般の方向けの講演予定はありません。***

                      今後の一般向けの講演情報を知りたい方は、メールニュースにてお知らせをしますので、labo@wana.gr.jpまでご連絡ください。

                       

                      | 藤木の講演・活動 | 09:00 | comments(0) | - |
                      | 1/29PAGES | >>