I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動 

このブログはSEP(自尊感情を高めるプログラム)についてのお知らせと、藤木美奈子のつぶやきを皆さまにお届けするブログです。「育ちの傷」に悩むあなたや、効果的な対人援助を求める支援者にお届けします
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

時間はありません。急いでください

昨日のJaSPCANのミニシンポでは大阪市の児相で実施している3つのグループが登場しました。男親塾、MY TREE、SEPです。そこでそれぞれのグループ紹介をしたのですが、私が感じたことを書いておきます。私は一枚目のスライドにこう記述しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●SEPの目的・・・支援の「きっかけ」をつくる

従来の心理的支援になじまない人もいる。たとえば、

 

「心の中に入ってきてほしくない」
「自分に何があったかを開示したくない」
「語れない、語りたくない」

「他の参加者と話したくない」
「心理カウンセラーは明日からどうすればいいかを言ってくれない」
「カウンセリングは長期間かかるし、高い」
「難しい話はイヤ。早く効果を実感したい」
「自分のために長く時間をとってもらうのは申し訳ない」
「薬は飲みたくない」

 

→ 多様なニーズに応えるため、短期間のグループ・プログラムで、回復へ
の動機を高める(そのあと、多様なコースに向かう)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで児相などが中心になって導入してきたプログラムは、あまりに丁寧で構造的なプログラムなんですね。こういうプログラムは当然お金も時間も手間もかかります。そのわりに効果も不明です。すると、前述したヘソ曲がりでせっかちなクライアントは嫌がります、抵抗します(実際、こういう人のほうが多いから虐待するんでしょ?)。

白黒思考と勝ち負けの世界に生きてきた文化が違う人に、最初から100%を目指したらダメなんです。まずは入口で「変われるよ。変わる方法はあるよ」とチラリと体験させればいいのです。参加してみたら「ほんまや」と食いついてくる人は少なくないのです。それが昨日見せたデータです(一要因参加者内の分散分析)。自尊感情の回復もさることながら、無力感の回復がハンパなかったでしょう。誰でも変わりたいのに、その具体的方法を提示する側が、門戸を間口を選択肢を狭めているんです。ハードルが高すぎるんです。

 

私だって問題だらけだったのに、「人に相談するなんて、まっぴらごめん」の人でしたから、一度も精神科や相談機関に行ったことはありませんでした。どこにも相談に行かない人が7割、の理由はよくわかるわけです。じゃあ、回復したいと思っていなかったのかと言うと、違うんですね。何か方法はないか、と図書館通いをして必死で本を読みあさっていたわけです。いろんな宗教にも誘われました(どれも違いました)。

でも、当事者が書いた回復メソッドの本なんか、当時ありませんでしたから、「どうしたらいいんだ」と絶望的になっていました。で、結局、自己流の回復トレーニングを自分でつくって、やってました(それが認知行動的アプローチ)。

結果、それで回復できたものだから(だよね?)、こうした侵襲的でない(心の中まで探らない)、基礎的で簡単で短期の「学習プログラム」ならみんな抵抗なく受講できるんじゃないか、でも無いよね、じゃ、つくろうよ、研究だ、と大学院に入ったわけです。

 

その意味で、昨日も言いましたが、「自尊感情」などという、誰にでも広く受講可能なネーミングであれば、虐待の「予防」にも有効なんですね。「虐待」なんて言葉ひとことも出てこないプログラムだから。改正児童福祉法で妊娠期から子育て気期までの切れ目ない支援を提供する「子育て世代包括支援センター」の設置が努力義務となったようですが、全国296の市町村のセンターで、ちょっと気になる妊婦さんにSEPを提供しておけば、産まれてからの虐待はかなりの確率で抑止できると私は確信します(実際、私は今年の春、「SEPは母子保健施策でやらないと」と、企画を児相に提出していたので)。

 

昨日の私どものミニ・シンポには、内閣官房内閣審議官や理化学研究所の研究者など、虐待予防施策を牽引する立場の女性たちが見えていた。当事者が発信した「はやい、やすい、うまい」プログラムSEPを社会の適正化のために広く頒布するぞ、と決心してください。そのためならなんでもやりますので。ほんまです(笑)。私はそのために生まれてきたと思っているし、私の厳しかった半生はそのためにあったと思っています。

国に言いますよ。もう、十分待ったでしょう。これから何人のこどもが犠牲になれば、本気を出すんです? 親を非難しても何も変わらないどころか被害は大きくなりますよ。とにかく親支援の体制を急ピッチで整備してください。

まあ、このチャンスを活かさず、今後も虐待死するこどもの報道にため息をつき続けるだけであれば、日本という島はいずれ滅ぶだけ。私はその頃はもういないと思いますがね。

 

 

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

ご報告:JaSPCAN 大阪教育大

2点ご報告があります。

 

2016.11/26(土)、日本こども虐待防止学会での発表が無事終了しました。

タイトルは「脱暴力に向けた保護者へのグループ・アプローチ〜児童と民間の協働〜」

パネラーは元児童相談所の久保樹里さん、児童相談所心理チーフの高下洋之さん、立命館大学の中村正さん、NPO法人子育て運動 えんの伊藤悠子さんと私の5名でした。100名定員のお部屋も満員。遠方からもお越しくださった方々ありがとうございました。「よかった」と好評だったそうです。

さて、今回の参加者のうち、どこのどなたがSEPの可能性に食指を動かし、実際的な行動(当方に連絡をくださること)か、楽しみに待っていることにします。あなたの「決断と行動」、すなわち「直感と勇気」がSEPを支えていると言えますから。

 

もうひとつは昨年4月から始めた大阪教育大学の兼任講師職です。今年度で終了することにいたしました。幸い後任も見つかり、ひと安心です。理由はやはり多忙です。SEP活動に費やす時間をもっと確保するため。WANA関西の経営と兼職があと2つ(児相、関大院)、そこへ研修や講演の依頼、今年は本の執筆もありました(来年1月に出版)。体力と相談した結果、このような結論に至りました。教員を育てるという仕事はやりがいも感じていただけに残念・・・ああ頼りになる研究員がほしい(泣)。

 

**************************************************************

■藤木美奈子の新刊本!  2017年1月23日 講談社■

       『親に壊された心の治し方

           〜育ちの傷を癒す方法がわかる本〜』

**************************************************************

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

SEP研修がリニューアルされました

すっかり涼しくなりました

秋の初級研修(10/8・9)も怒涛のごとく終了しました

今年は北海道からも参加がありました

行政関係者の参加もますます増えつつあります

 

SEP研究所では、研修後のアンケートの声を活かし、

逐次内容の見直しなどブラッシュアップを図っています

その結果、来年の初級研修と中級研修を一部変更することにしました

変更箇所は以下の通りです

 

□初級研修: 日程 参加費 *本ブログ左のお知らせを参照

□中級研修: 日程(1日→2日間) 参加費 *左のお知らせ参照

 

今年の初級研修では5名もキャンセル待ちをさせてしまいました

そこで、来年の初級より、年1回→年2回実施する運びとなりました

1回めは5月27・28日、2回めは10/7・8日、いずれも土日になります

 

中級研修は今年が第一回めということで、そこでの皆さんの認知修正特訓の様子、ファシリテーション特訓の様子を見て、もっと時間をかける必要があると考えました(皆さんからのご要望もありました)

今年の研修ではまだまだ物足りない、もっと勉強したい方、ぜひ来年は2日間研修にお越しください(再参加者には特別割引をさせていただく予定です)

 

そして、グループワークのスペースをゆったり確保するため、

来年からは3Fに「SEP専用フロア」を確保する予定です

どうぞお楽しみに♡

 

さて、今年の初級研修の参加者から、さっそく研修後のご報告をいただきました

保護者へのサポートに心を傷め、交流会で涙を見せておられた教員の方です

ご本人の了承を得て、以下に掲載させていただきます

・・・・・・・・・・

 

SEP初級支援者養成研修では,大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

 

それから中級研修の日程変更のお知らせもありがとうございました。

個人的には,変更になってよかったです。

ぜひ来年も引き続き研修を受けさせてください。お願いします。

 

もうひとつ大切な近況報告です。

自分を責めて悩まれていたお母さんですが,大変元気になってきました。

グループはできませんが,私が受けてきた研修内容をお伝えすると,

以前よりもっと心を開いてくれるようになりました。

 

今日もお子さんは欠席してしまいましたが,

お母さんは明るく元気に話をしてくれました。

悩み事もすべて話してくれ,泣かずに笑顔で帰って行かれました。

研修の中で先生が,私の気持ちや考え方を変えてくれたおかげです。

本当に感謝しています。

 

という、幸福なお知らせをすることができました。

これからも子どもたちを支えてくれるお母さんと頑張っていきます

末永くお付き合いくださいませ。よろしくお願いします。

 

○○県 ○○○小学校教諭 ○○○○○○

・・・・・・・・・・・・・

 

あちらこちらで、SEP研修の成果を実感しました、という声を支援者サイドからいただきます

これほどうれしいことはありません

支援者がもっともっと力をつけて、「育ちの傷」から解放される人が増えること、

すなわち負の世代間連鎖を断ち切ること、これこそがSEP誕生の目的

「早い、安い、美味い(効果がある)SEP」が、全国区になるまで頑張りまっす♡

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

相手を責めてもなんにもなりません

今年のSEP支援者向け初級研修もいよいよ来月。

参加者リストをながめると、名古屋、高知と、これまで講演に行ったところから確実に参加がある。

今年は北海道からの参加も。この方は矯正関係、2002年11月、14年前の函館講演で出会った。うれしいね。

 

先日の徳島講演の終了後、

「私、責めてましたわ、お母さんを」

そんな言葉を口にしていた相談員(教員?)がいたと、主催者から聞いた。

 

相手を責めてしまうというのはね、まだまだ理解が足りない。

なんでこのお母さんはこうなのか、その背景に思いをいたすことができるようになれば、責めなくなる。

むしろ、うまく子育てできないお母さんをなんとか応援してあげたいという気持ちが生まれる。

 

すべては「他者理解」から始まる。

それに必要な知識は学習によってかなりカバーできる。

自分の若干のお金と自分の時間を費やし、貴重な休日に研修先に足を運ぶ。

それによって誰かの困難な人生を、出口に向けて背中を押してあげられるようになるなら、どんな休暇より輝くはず。

私はそう信じている。

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | 藤木コラム | comments(0) | - |

11/26は日本こども虐待防止学会へ(大阪市)

●日本こども虐待防止学会 応募シンポジウムのお知らせ

http://jaspcan.org/annualconference

 

今年は大阪で開催です(11月25・26日の2日間。大阪国際会議場)。

11月26日(土)11時〜、1004室(100名定員)にて、応募シンポジウム「脱暴力に向けた保護者へのグループ・アプローチ−児相と民間の協働−」を行います。児相はこどもと親を分離させるだけ、という批判のもと、虐待親に対し「養育者支援」プログラムを実施する民間3グループと、児童相談所が議論を展開します。

 

【登壇者】
大阪市こども相談センター/久保樹里(企画者・元CW)
大阪市こども相談センター/高下洋之(心理)
          
男親塾/中村 正 (立命館大学)
MY TREEペアレンツプログラム/ 伊藤悠子 (NPO法人子育て運動えん)
自尊感情回復プログラムSEP/ 藤木美奈子 (一般社団法人WANA関西)

 

【助言者】 黒田先生(理化学研究所)

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

幸せになっていいんです

今年の当事者向けSEPもさまざまな出会いをくれた

中でも、ずっと親から過剰な英才教育を受け、自尊心を低め、自分を見失ってここにたどり着かれたある男性の言葉が忘れられない

「私は幸せになっていいんですね?」

 

こどもをこう育てたい、という親のエゴがこどもをつぶす

こどもがそれを望むなら別だが、親が、その狭い体験から得たにすぎない自分の価値観を絶対的に信じてこどもを支配する、これを虐待的養育という

 

あなたの考えは本当に正しいのですか? 

それは、もっとも大切なこどもの「自尊感情」を犠牲にしてまで達成すべきものですか? 

そんな子育てをつづけていると、将来あなたのこどもを待っているものは「対人関係困難」という精神的な問題かもしれません

その覚悟はできていますか?

躊躇のない、教条主義的な子育てほど怖いものはない、その親も世代間における連鎖の被害者だからだ

 

そんな時、大阪市こども相談センターが10月から南部にも支所を開設するという知らせがきた

さらに忙しくなるが、私は中央と南部の両方で養育者に関わる

私が担当するのはいわゆる困難ケース

しかし、私はそれほどの苦労を感じない

ただこう問いつづけ、対話を重ねるだけだからだ

「その考えは本当に正しいのですか? なぜそう思うのですか?」、と

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | 藤木コラム | comments(0) | - |

四国・九州は熱いですね

8/31、徳島県に講演に行きました

いつも思うのですが、四国や九州の講演では、参加者の熱い気持ちが伝わってきます

今回も、講演後の質問のところで、学校をもっとよくしたい、どうすれば?という問いが。そこで、

 

国立大学の学生たちは勉強はできるが、多様性に接した経験があまりにも少ない、

しんどい立場にいるこどもたちや親への想像力も理解も低い、これでは現場で闘えない

----私はふだん教育大学で教えていて感じることを語りました

 

すると、ベテラン教員とおぼしき女性が、

「文科省にその声を届けていただきたいんです」

と、おっしゃる。そこで私はこう答えました。

「一緒にやりましょう。民主主義に観客席はありませんから」

私は市井の人間に過ぎませんが、これからも奮闘します。どうぞあなたも

 

 

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | 藤木コラム | comments(0) | - |

2016.08.07 福岡県の上毛町で人権講演してきました

福岡県と大分県の県境にある人口7〜8000人ほどの小さな町ですが、

会場は立ち見が出るほどいっぱい。「この会場にこんなに人が入ったのを初めて見た」そうです。

 

この周辺は温泉がたくさんあるんですね。前泊で、金山温泉に連れて行ってもらいました。

夜にも関わらず若い女性がいっぱい。自然たっぷりの露天風呂を楽しませてもらいました。

講演終了後も別府温泉まで足を延ばし、砂湯に温泉、郷土料理と満喫の講演出張に。

(普段はトンボ返りなんですよ)。

 

ところで講演は奥が深い。どれだけ準備しても満足できることがない。でも、今回はなかなか○。

何百回も話してきましたが、やっと「これかな」というレベルに近づけた感じです。

前夜の温泉のおかげかも(笑)。

 

次なる泊つき講演は10/16の高知。定着支援センターで女子刑務所と更生について話します。

 

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | 藤木コラム | comments(0) | - |

2016.08.06 当事者向けSEP冬のフォローが終わりました。

この5名はいろんな意味で印象深いメンバーでした。

4ヶ月ぶりに集まった参加者はどの顔も穏やかに見えました。

5回のセッション以降の、それぞれの4ヶ月間を語っていただきました。

 

Aさん(男性)、自分と生き方が違う娘さんを受け入れられずにいましたが、ありのまま認めようという気持ちになったそうです。

Bさん(女性)、当初、頭がカチカチだったBさん。SEPを受講したあと環境が激変したそうです。問題の上司は転勤でいなくなって仕事に打ち込める状況が整い、苦手な姑たちと会う時間も減り、自身もこどもたちをコントロールしなくなりました。

Cさん(男性)、Cさんが初めて自分の過去(成績偏重主義の父親と母親の圧迫)を語りました。長い間、お疲れさまでした。

Dさん(女性)、初めて母親にしっかりと反論することができました。素晴らしい。次は自立に向かって努力しましょう。

Eさん(女性)、感情的なる職場の同僚と距離を置くことを実践でき、ラクになりました。以前のおどおどしたそぶりは影をひそめ、同一人物かと思うほど落ち着いた表情を見せていました。

 

全員が以前はあまりはっきりと語らなかった家庭の事情をこの日はしっかりと話されたのが印象的でした。自信がでてきたのでしょうね。環境が勝手に変わった人については、理由があります。人間はそれぞれ宿題をかかえて生まれてきており、その宿題をすることが生まれてきた目的です。だからちゃんと宿題をした人はその環境から解放され、次なる宿題に向かいます。

心理テストも全員、適切に改善されていました。2016年冬の当事者SEPはこれで幕。これからの皆さんの活躍を期待しています。

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

第1回中級 SEP支援者研修、終わりました!

2016年6/18(土)、初の中級研修が終了。遠くから近くから、皆さま、本当にお疲れさまでした!

今回は、12:30〜16:30の6時間、次の内容を学びました。

 

  1. SEPファシリテーター特訓
  2. 認知修正特訓
  3. 「効果」の検証と分析方法を学ぶ

 

事後アンケートにいくつかお答えさせていただきます。

・NTさん、児相や福祉事務所、施設でのSEP実施、期待してます!

HSさん、北九州ではないですが、8/7(日)に福岡県上毛町で講演します。

・OCさん、中級を受講した方のSEP見学は可能です。ご連絡ください。

HNさん、認知修正は数をこなして反射神経を鍛えましょう。次回も挑戦!

 

その他、事例の修正表が役立った、「ラクになる修正」という言葉はSEP特有、「意識決定は自分を受け入れるようになってから、という言葉が響いた、今回はグループワークがなかったので残念、スライドのコピーもほしかった、せめて一日あれば、などなどのリクエストもありました。

 

しかし、全体的に「認知修正は難しい」との声が多かったですね。実は「自分こそ認知がカチンコチンだった」とか、「改めて自尊感情を測ってみて予想以上に低くて驚いた」など、支援者自身の当事者性を実感する機会となりました(笑)。

 

それもあるのですが、実はカウンセリングやケースワーク的に状況の聞き取りにじっくり時間をかけてしまう人が多かったようです。SEPは過去や状況把握はそれほど重要ではありません。困りごとを聞く時間は1〜2分。認知の特定と修正を足してもひとつの事例を5〜10分程度で終えます。この速さも認知再構成の魅力です。

 

今回の教訓を活かして、来年は「認知修正訓練」と「グループワーク訓練」、それぞれを分けて開催することを検討します。今回ご参加いただいた方は再度の挑戦をお待ちしています(2度めの方は参加費が割引になります)。3回くらい参加すれば修正もかなり早くなるはず。多様な事例にあたる、数をこなす、めざせ1000本ノック!

 

そして、今回さっそくSEPスタートアップ研修(実施前訓練)に申込まれた方も。東京でひとりでSEPをやっていくとのこと。がんばってほしい!

 

ということで、すでに同窓会の雰囲気ただよう支援者研修。そう、対人援助者はつながらないと。そしてもっともっと援助スキルを向上させて、それぞれの現場で活かしてくださいね。SEPは脳科学に裏づけられた強力なツールです。この「はやい、やすい、うまい(効果ある)」、誰にも愛される牛丼的SEPを本気でマスターして、必殺「負の連鎖、断ち切り人」になりましょう!!

 

 

 

 

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年1回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール info@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第11回 初級 SEP支援者養成研修(注意:日程が変更されました)
●日程 2017年5月27日(土)13:00 -17:30 /28日(日)9:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 @3000円(税込)×12時間 計36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を info@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
お待たせしました! 待望の藤木の新作、発売決定!
『親に壊された心の治し方〜育ちの傷から解放される方法がわかる本(仮題)』2017年1月23日発売(予定)講談社 やっと発売日が決まりました。どうか皆さん、ぜひ書店で手にとってくださいね。そしてちょっと「気がかりな」あの人へのプレゼントにいかが? 「育ちの傷」による負の連鎖の断ち切りを全国に広め、幸せな笑顔を増やす活動を、さああなたも。
2017 冬 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。下記8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会(無料)2017/01/14 11:00〜12:00 2.個別面談(ひとり40分)1/21 *時間はご予約ください 3.プログラム(5回) 13:30-15:00 1/28 2/18 3/11 3/25 4/08 4.フォローアップ 8/6 13:30〜15:30   受講費: 1〜4+心理テスト3回、すべて込みで 37800円(税込)*参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第2回 中級 SEP支援者研修(注意:日程が変更されました)
●日程 2017年7月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜16:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 @3600円×10時間= 計36,000円(税抜)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を info@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode