CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第14回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年10月6日(土)13:00 -17:30 /7日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
【お急ぎください!】第14回 <初級>SEP実践者養成研修 近日開催!
0

    支援の難しい方にご苦労されていませんか? 

    その大きな原因は「自尊感情が低い」ことに起因します。

     

    本プログラム、SEP(Self-Esteem Program自尊感情回復プログラム)はエビデンスベースド(根拠に基づくもの)であり、わかりやすく、短期間で効果が出ることが特徴です。

     

    最近、子どもへの虐待をやめることができた女性や、性暴力の後遺症に苦しんでいた女性の回復例が続いてNHKでとりあげられ、注目度がさらに加速し始めました。

     

    SEPは、認知行動的アプローチをベースにした、個別でもグループでも活用できるメソッドです。

    現在、大阪市の児童相談所や母子支援施設等の公的機関でも実施されており、各地の児童相談所からも職員向け研修を依頼されております。

     

    本研修がスタートしてから約10年になりますが、現在も全国の支援機関から、さまざまな職域・立場の皆さまが受講に来られております。

     

    社会的弱者の理解と支援。現場で明日から役立つ心理支援を学んでみませんか?

     

     

     

    第14回 <初級> SEP実践者養成研修 参加者募集中!

    *年2回しかない研修ですので、是非お早めにお申し込みください*

     

    <開催日時>

    2018106(土)130017:30  

          7日(日)10001700(予定)

    <受講料>

    税込 36,000円(2日間)  

    <申込方法>

    Eメールで表題(件名)に「初級研修希望」と書き、「お名前」と「お電話番号」を記入の上labo@wana.gr.jpまで。

     

     

    NHKニュース番組はこちらでご覧いただけます。

    STOP 子ども虐待特集」第1回目と4回目に紹介されています。

    http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/StopChildAbuse/

     

    | SEPニュース | 10:42 | comments(0) | - |
    SEPが海外進出!? アフリカ男子刑務所ワークショップのご紹介
    0

      代表・藤木が講師を務める関西大学臨床心理士専門職大学院の卒業 荒木京子さんから、「SEPを取り入れたワークショップを海外で実施しています」と、うれしいご報告がありましたのでご紹介します。

       

                        右奥の女性が荒木さんです

       

       

      荒木さんは、現在、青年海外協力隊員として、アフリカ ケニアの保護監察局で働いています。

       

      男子刑務所にて、SEPを取り入れたワークショップを実施しておられ、それがアンガーマネジメントと依存症克服の二つのワークショップです。

      きっかけは、大学院の授業で藤木のSEPを学び、外国人参加者の通訳として母子支援施設のプログラムにアシスタントとして参加したことでした。

       

      日本とは対象者や文化的背景が違うため、試行錯誤の上、ご自身でアレンジを加えられています。 

       

      参加者が、認知を変えるために自分を勇気づける言葉を見つけ、自分自身に言う時は、照れながらも、グループメンバーの拍手や笑い声に見守られながら、言葉にした後は、とても嬉しそうにしているようです。

       

      荒木さんは、人に受け入れられていると感じている人が少なく、自分に自信がないケニア人にとってはとてもよい経験だと感じられるそうです。

       

      写真ではお顔が隠れてしまっていますが、受講者の皆さん、とてもいい笑顔をされているんです!グループの温かい雰囲気が伝わってきます。

      そんな笑顔をつくり出せる荒木さん、とてもパワフルですね〜。

       

      SEPは世界で通用するプログラムなのだ、ということをこちらが教えていただきました!!

      荒木さん、本当にありがとうございます。

      益々のご活躍を期待しています。

      | SEPニュース | 11:46 | comments(0) | - |
      2018SEPスタートアップ研修 開催しました!
      0

        スタートアップ研修 開催報告

         

         

         

        台風が近づき、暑さの和らいだ8月8日の大阪市。

        今年2回めのスタートアップ研修を開催いたしました。

         

        今回は、岐阜県や山口県等の遠方の方も含め、総勢7名の参加者の方にお越しいただき、非常に熱気あふれる研修となりました。

        参加者の方々の働かれている分野も、女性の相談支援や、母子支援施設、行政機関や高齢者支援の現場など様々です。

         

        スタートアップ研修を受講すれば、SEPプログラムを実施できるツールがお渡しでき、いよいよSEP実践者として実際にグループをすることができますから、皆さんの真剣さもひとしお。

        当事者にどのような表現で説明すればいいのか、どういった言葉を使い、展開していくのかなどを非常に熱心にメモを取られていました。「ここまで心理学習の流れもしっかり作ってもらっていれば、私でも実践できそう♪」と感じられた方もいらっしゃるようです。

         

        研修を受講された皆さんがそれぞれの支援の場でSEPを実践されることで、より多くの人にSEPを受講していただけることを願っております。こちらが持つノウハウや情報などで実践に際して提供できることがありましたらもちろん応援します。対人援助に関わる皆さん、一緒に学び合いましょう。

         

        ---------------------------------------------------------------------------------------------------

         

        スタートアップ研修は、中級研修まで修了された方からご希望をいただき、ご都合に合わせて開催日を決定しますので、ご関心がおありの方はお気軽にlabo@wana.gr.jpまでご連絡ください。開催予定が決まっている場合は、メールニュースでも告知しますので、そちらも必ずチェックしてくださいね♪

         

        ★ファシリテーション技術を磨きたい方のためのファシリテーション研修の詳細も近日公開予定!お楽しみに。

         

        | SEPニュース | 13:46 | comments(0) | - |
        <ご報告と御礼>著書「親に壊された・・・」が、3刷に!
        0

          <ご報告>

          代表・藤木の著書「親に壊された心の治し方-「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本」の増刷が決定いたしました。

          これで3刷となりました。

          ご賛同・ご支援いただいた皆さまに心よりお礼を申し上げますとともに、こうした「育ちの傷」に蓋をして苦しんでおられる方がまだまだたくさんおられるのだと思います。ひとりでも多くの方々に、この本が届く奇跡をと願うばかりです。ありがとうございました。

           

          ◆SEPメールニュース登録のご案内◆

          SEP と対人支援に関わる情報を中心に、関連する記事やコラムなどを発信しています。(月1〜2回程の配信です)

          ご希望の方はlabo@wana.gr.jp宛に、「メールニュース配信希望」と「お名前」を書きご送信ください。お待ちしております♪

           

          | SEPニュース | 14:54 | comments(0) | - |
          インターネットTVでSEP受講生が紹介されます♪ 
          0

            ンターネットTVのニュース番組Abema Primeの児童虐待特集にて

            SEP受講生と代表・藤木のコメントが紹介されます!

            無料の番組です。ぜひご覧ください。

             

            ●放送 テレビ朝日系インターネット局 AbemaTV   

            ●番組 Abema Prime

            ●放送予定日 731日(火) 21002300

            ●視聴方法

             ▴スマートフォンの場合…こちらをダウンロードしてからご覧ください https://abema.tv 

             ▴PCの場合…時間を合わせてこのサイトでご覧ください https://abema.tv/timetable

             

             

            | SEPニュース | 14:26 | comments(0) | - |
            和歌山県児童相談所の職員研修で講演してきました!
            0

              7月18日㈬ 

              「親に壊された心の治し方〜『育ちの傷を理解するために』〜」というテーマでの講演でした。

              今回は、児童相談所の職員が対象ということで、SEP実践者養成研修で行っているペアワークを体験していただきました。

              このペアワークは、支援者役と相談者役になり、

              どのような言葉がけや支援は本人の自主性や力を奪うのか

              どのような言葉かけをすれば相談者が自分の対人関係の課題に気づけるか

              相談者本人の改善・回復意欲を引き出すための言葉かけのコツを身につけるためのワークです。 

               

              <参加者の感想>

              ついつい(相談者に対して)上から目線で話をしてしまっている事に気づいた。

              <研修担当職員の感想>

              大変勉強になったとの声が多く、今後の職務に活かしていければと思います。

               

              このように、SEPの手法や考え方は、グループだけでなく、個別の支援においてもなくてはならない非常に重要なものです。

              10月には、<初級>SEP実践者養成研修を開催いたしますので、もっと学びたい!学び足りない!という方、ぜひご参加ください!

              ご関心のある方は labo@wana.gr.jpまでご連絡ください♪

               

               

              | SEPニュース | 15:17 | comments(0) | - |
              第4回<中級>SEP実践者養成研修 開催報告
              0

                7月14、15日、第4回中級SEP実践者養成研修を開催いたしました。

                参加者のみなさんお疲れさまでした!

                 

                研修風景

                 

                山口から2名と関西勢の他、「実は明日関東へ引っ越しなんです!」という方など…熱い意欲を持った方々がご参加くださいました。

                参加者には、児童相談所/母子生活支援施設/障がい者福祉施設/各種相談機関の相談員の方々がいらっしゃいました。

                中級では、自分の認知の歪みを修正するワークをしました。

                自分の認知の歪みと向き合い、その中で支援者としてどうやっていくかという新たな試練を感じられた方も多かったのではないでしょうか。

                 

                <参加者の感想>

                ◆40代

                自分の認知の修正について正論で対応しようとする癖があることに気づけてよかった。

                あとは場数を踏むだけだと言われることも、もっともだと思う。

                支援者としての自分の考え方の癖、自分と要支援者との関係について上下で捉えていたのでは、と気づかされた。

                 

                ◆60代

                認知の歪みの例が事実なので力が入った。

                グループワークをもっとやりたかった。

                 

                終了後のアンケートでは参加者の半数以上の方がスタートアップ研修への参加を示され、すぐに申込をされた方もいらっしゃいました。

                今後の要望として、SEPを実践する前に、グループワークのスキルアップを重ねたい!との要望をたくさんいただきました。

                 

                中級研修でいただいたご意見・ご質問へのお返事は、SEPメールニュースで掲載させていただきます。

                新しい情報もお知らせいたしますので、ご登録がお済みでない方は、ぜひ、ご登録くださいませ♪

                 

                <次回開催予定>

                初級研修 平成30年10月6、7日(土日)

                中級研修 平成31年 2月9、10日(土日)

                メールニュースをご希望の方、研修にご関心を持たれた方は、ぜひlabo@wana.gr.jpまでご連絡ください。

                 

                グループワークの様子

                交流会の様子

                | SEPニュース | 17:15 | comments(0) | - |
                NHK「虐待の傷をどう克服 大人たちの今」に対していただいたご感想
                0

                  先日は、SEPで心の回復を目指される方についての特集 NHK「虐待の傷をどう克服 大人たちの今」をご覧いただきありがとうございました。

                  動画は以下のURLからご覧いただくことができます。

                  http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/StopChildAbuse/

                   

                  放映に対し、たくさんのご感想をいただきました。御礼の意を込め、SEPメールニュースに掲載しきれなかったものも含めて、ここでご紹介させていただきます。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                  〇当事者(過去のSEP受講者)
                  ニュースみせていただきました。
                  SEPの核心に迫る当事者さんの内面の部分をオンエアのVTRに編集してありましたね。私にはあの作業の意味や取材された女性の内面的な葛藤はよく伝わりました。勉強をしてきたからだと思います。フォーカスされた部分は非常にセッションの深い部分だったと認識します、あまりこの領域の知識がない人にはわかりにくいとは思いますが。
                  当事者の苦しみの根底をセッションの場面、ご本人のインタビューから上手く切り取りVTRにまとめられていた、もっと時間が欲しかったですね。

                   

                  〇母子生活支援施設職員(SEP研修受講者)

                  エツコさんの親への想い、言って欲しかった、助けてもらいたい!褒められたい!認められたい!そんな思いを、かなわないものを追いかけるのを諦めたとき、やはり、1歩前進することが出来たことに拍手です。そうなんです、諦めることが出来るようになるまで、どれだけ一瞬の期待して裏切られたでしょう?どれだけ自分を否定してきたのか?上手く話せないと思うのは私も一緒です。上手く話せなくてもいいんです。と思うと・・・。ここまで心の移り変わりを繰り返した中で、楽になられたエツコさん、感動です。

                   

                  〇出版社 編集者
                  拝見しましたが、あれだけ短時間なのに、何をやっているのかがしっかりわかって、よくまとまっているなと感心しました。
                  「なぜ集団で行うのか」が藤木先生の口から、きちんと語られていたのかが良かったです。この記者は勘所をよくつかんでいる気がします。

                   

                  〇保育士

                  こどもの頃の虐待の影響が40代になっても続いているのですね。虐待がだめだと言うことはわかっていても、その体験がどのように影響を及ぼすかは未知の部分でした。知ろうとしなければ知らない事がたくさんあるとわかりました。

                   

                  〇弁護士
                  ニュース、拝見しました。

                  「叶わないものを追いかけることを諦めることができた。」というエツコさんの最後の言葉が身にしみます。言葉にするとすごく悲しいのですが、その境地にたどり着くことができなくて苦しむのですよね。
                   子どもの虐待は認知されるようになりましたが、大人の虐待ケアはまだまだ。先生がワークショップの参加者ひとりひとりに向き合っておられることも伝わり、あのテレビを見た被虐待者が救われるきっかけになればと思います。

                   

                  〇ノンフィクション作家
                  教えていただいたサイトで番組を見ました。短い紹介ですが、社会が必要とする道を切り拓いておられることはよく伝わってきました。第2弾の出版決定、おめでとうございます。といっても、これから大変でしょうが。

                   

                  〇大学教授(心理)
                  拝見しました!自分を縛り付けている言葉からの解放。ジェフリー・ヤングのスキーマ療法で扱っているような深い認知の修正だと思いました。そして周囲からの自尊心のvalidation.  SEPがニュースで取り上げられたことで、大きな反響があると思います。

                   

                  〇精神科医
                  先ほどうちの心理士と一緒にビデオ拝見しました。
                  強く傷ついた方の痛みが和らいで前に進む姿を拝見し、とても感動しました。ご活動、本当に尊敬します。

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  *このSEPの手法、理論を学び、身につけられるSEP研修は現在、第14回開催(10月6,7日)の受講者を募集しています。ご関心のある方はlabo@wana.gr.jpまで、お名前とお電話番号を明記してご連絡ください。

                  | 藤木の講演・活動 | 15:10 | comments(0) | - |
                  2018春(第9回)当事者SEPが終了しました
                  0

                    昨日、2018春(第9回)当事者SEPが終了しました。

                     

                    第9回の参加者の皆さんは、2グループ分かれて受講された12名のうち半分が近畿地方以外からのご参加。

                    年齢や性別も実に多様でしたが、グループメンバーに共通するのは、周りの期待に一生懸命応えようとしてたくさんのものを背負おうと頑張ってこられ、苦しい思いをされてきたこと、そして、何とかその状況を脱し、自分らしい生き方をしたいと思っていること。

                    新たなスタートを切られた12名の皆さんと10月のフォローアップでお目にかかれるのを楽しみにしています。本当にお疲れ様でした。

                     

                    ◆修了された12名の方々の感想<一部>

                     

                    ・他の相談機関にも足を運んだことがありますが、費用が高かったうえ、こんなにも納得のいく場所はなかった。このプログラムに参加して、2回目が待ちどおしくて、ここに来るのを楽しみにしていました。(60代、女性)

                     

                    ・他の参加者が話しているのを聞く中で、皆同じような悩みを持っていて、他の人には前向きな言葉をかけてあげられるのに、自分自身にはめっちゃ厳しくてマイナスな言葉をかけてしまう様子を見て、あぁ自分も同じだと思いました。人にかけてあげられる前向きな言葉は、自分にもあげていい言葉だと言い聞かせて頑張れたらと思います。(30代、女性)

                     

                    ・偏りがある思考が発生した際に立ち止まり、他の思考の可能性や有用性を考えられるようになった。自己肯定につながった。もっと早く出会いたかったけど、今でも充分遅くないと感じた。(20代、男性)

                     

                    ・(この方は息子さんとの関係に悩んで参加されたが)先生の「どんな人生も良いものだ」に励まされました。この講座を受けるきっかけになった息子にも感謝したいです。今後も「自尊感情」を育てていきたいです。(70代、女性)

                     

                    <藤木コメント>

                    2018年 春期は、私にとって忘れられないSEPとなりました。

                    複雑性トラウマとも言うべき、深い深い苦しみをかかえて生きて来られた方々が多く、私自身こそ、ファシリテーターとして皆さんに鍛えていただいた、遠くから通い続けていただいた皆様全員に、心から感謝の意を捧げたいと思います。

                    正直、もう少し時間をかけたい方もおられますが、自分を苦しめる考え方の修正方法は習得していただけたと思います。ここから先は一度、それぞれの生活に戻り、ご自分の力で現実と向き合ってみてください。つらい、と感じた時は、今回の仲間の顔を思い浮かべるとともに、最も深い闇はもう抜けたのだと強く信じ、定着作業にまい進していただきたいと思います。10月にまたお会いしましょう。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    *当事者SEPは現在、2018秋開催(説明会8/25、プログラム9/29〜)の参加者を募集しています。ご関心のある方はsep@wana.gr.jpまで、お名前とお電話番号を明記してご連絡ください。

                    | SEPニュース | 23:23 | comments(0) | - |
                    2018SEPスタートアップ研修 開催しました!
                    0

                      2018SEPスタートアップ研修 開催報告

                       

                      梅雨真っただ中の6月20日、

                      ジメジメした大阪にジリジリと熱気を持ったお2人がSEPスタートアップ研修に参加されました。

                       

                      そのお2人とは‥‥

                      なんと、今年2月にSEP実践者養成研修<中級>を受講されたばかりの方!!

                      なんてフットワークが軽いのでしょう( ゚Д゚)

                      対人援助の現場で忙しく働くステキな女性です♪

                       

                      研修は実際のSEPのプログラムをどう実施していくか、という実践の話ばかりで表情は真剣そのものでした。

                      2人の意気込みを感じ、SEPを受講して元気になる方が増えればいいなと思います。

                      これからのご活躍をお祈りしております!

                      | SEPニュース | 12:29 | comments(0) | - |
                      | 1/27PAGES | >>