I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動 

このブログはSEP(自尊感情を高めるプログラム)についてのお知らせと、藤木美奈子のつぶやきを皆さまにお届けするブログです。「育ちの傷」に悩むあなたや、効果的な対人援助を求める支援者にお届けします。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

こんな読後感想をいただきました。

こんな感想をメールでお送りくださった方がおられます。

タイトルは「本を出版していただいてありがとうございました」と書かれていました。

 

3年越しの執筆、出版の後、若干疲れが出ていたのですが、こんなメールを受け取って、私こそ、心からありがとうを言いたいです。

 

これほど真剣に「変わりたい」と思われているなら、間違いなく、確実に、変われます。そして、次はあなたがこの方法で誰かを回復に導いてさしあげる番です。この「正の連鎖」を生む「行動」こそが社会を変えるのです。

必ずSEPを受けてに来てください。そのあとは、実践者養成研修でお待ちしています(F)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤木先生へ

 

先生の出された新著「親に壊された心の治し方」を読ませていただきました。

1ページ目、1行目から私のために書かれた本だと思いました。

この本を出版してくださって本当にありがとうございました。

 

2回読みました。1度目はぐんぐん読んで、2度目は大事だと思うところをペンで引いて、付箋を付けました。しっかり吸収したいからです。そして、認知の修正、再構成を日常でしやすくするため、そこをメモしていつでもすぐに見てできるように持ち歩くようにしました。本も持ち歩いてまだまだ読み返します。

実際に本に書き込んだとき、読んでいるだけよりとても効果を感じられました。

 

粘り強く続けることが大事だと思います。ネガティブに感じてしまう長年のクセは強力なので、しばらくほっておくと戻ってしまうと感じます。これまでも「自己肯定感や自尊感情を大事にする」といったテーマの本を読んだりしてきたのですが、ここまで深くしみこむようなものは感じられず頭ではわかっているんやけど・・・。という感じでした。

 

私は、仕事が続かず、対人関係が苦手で、子育てはうまくいかず、夫ともすぐ口論になってしまうのが悩みでした。

自尊感情が低いといろんなことがうまくいかないのですね。

 

そのことがとても辛く、自分はなぜこんなに何もかもダメなんだろう、恥ずかしい、自信がない、人に本当の自分を見せられない、だから、何か自分以外の人が悪いことにしてきました。生きづらい人生でした。

 

今の気分はちょっといい感じです。まだ、対人関係に自信はないし、仕事が続いている状態ではありませんが、しんどさがありません。頭がちゃんと働いている感じです。

 

SEPを受講して自尊感情をもっと確実なものにしたいです。前回、メールをさせてもらったときは、まだ本を読んでいませんでした。受けられるとしても、次回のSEPプログラムは数か月先だろうからまだまだだなと思い、本を購入し自分で学んでみようと思いました。自分一人で本からここまで変化できるとは思っていませんでした。

 

いつか私のように苦しんでいる人の役に立つことがしたいです。私だからできることがあるのではないかと思い上がりもあるかと思いますが思います。長々とお読みくださってありがとうございます。藤木先生に感謝の気持ちをお伝えしたくて送らせていただきました

 

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

初級 SEP実践者養成研修

新刊本の反響や講演でSEPに関心を持って下さる方が多くいらっしゃり、

おかげさまで、5月27,28日に開催予定の第11回初級 SEP実践者養成研修のお申込みが定員に達しました。

他の業務の都合や研修施設のキャパの問題もあり、なかなか全ての方のご希望に添えず、申し訳ございません。

 

つきましては、2017年10月7,8日に次回のSEP実践者養成研修を開催いたしますので、

今回お申込みが間に合わなかった方、ご関心がおありの方は是非こちらにお申込みください。

 

お申込みは、表題(件名)を「SEP研修参加希望」としていただき、参加希望者のお名前

必ず記載の上、labo@wana.gr.jpまで。

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

おめでとう、心から。やっと歩き出した君へ

2/15、朝日放送の社屋に向かおうとしていたJR環状線のホームでLINEをひとつ受け取った。

T君のお母さんからだった。「Tが、大学受かったんです!」・・・やったなあ。

 

T君は2年前、Maluhia(WANA関西が運営している精神障害者の自立訓練所)の訓練生だった。

幼い頃から両親間で繰り返される面前DVで、恐怖のどん底に突き落とされる生活。

T君は11歳で学校に行けなくなった。それからは自宅にひきこもり、

両親の離婚後は、今度は自分が家族に暴力をふるうようになった。

 

お母さんに付き添われて私の目の前に現れたT君は18歳になっていた。

瞳の奥に人生への絶望が見えた。

 

私は彼と寸暇を見つけて熱い議論を繰り返した。父親のこと、夫婦のこと、そして暴力とは。

そこで彼はこんなことを言った。

「何をしてる時も、『お前は何をやっているんだ』という声が頭の中で鳴り響いている」

また、「自分は偏見の塊だ」とも。そう、それは自分自身に向けられた刃だった。

そしてこうつぶやいた。「普通になりたい」と。

 

体力がない彼に朝起きる力をつけるために、スタッフが毎朝自宅まで送迎にも行った。

私は彼を当時、教鞭をとっていた大学の授業にも連れて行った。

おおぜいの学生の中で、T君はポツンと座って私の講義を聴いていた。

 

半年後、T君はなぜかMaluhiaに来なくなった。

そのあと、受験勉強を始めたとどこかで聞いた。

 

あれから1年半、見事大学合格の知らせ。

8年間の時を経て、彼はやっとどこかに向かって動き出すことができたようだ。

彼には自分の苦しみを受け止めてくれる、家族でない大人が必要だったのではないか。

絶望を希望に変えた経験を持つ誰かと出会い、

「君もできるよ」と言われたかったのかもしれない。

 

T君もえらいけど、お母さんもえらかった。

DVの中、そして離婚後も、働いて、働いて、君と暮らしを守りつづけた。

彼女はずっと君の味方だったよ。

受験がすべて終わったら、2人を祝福に行くからね。

その日は暖かいといいなあ。

 

寒い寒い2月もまもなく終わる。

親に心を壊されたひとりの若者の心にも、ようやく春が訪れた。

長い、長い、冬だったね。

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

ABCラジオ「堀江政生のほりナビ クロス」に出演しました。

2017年2月15日、本日の放送の内容はこちらから!
https://www.youtube.com/watch?v=HcqVUlvjUYQ

 

 

今日のオープンボーダーは、
一般社団法人WANA関西代表理事・藤木美奈子さんをお迎えし、育ちの傷を癒やす方法についてお伺いしました。

出版された「親の壊された心の治し方」には、
藤木さんご自身の壮絶な人生も書かれており、
胸が痛むところも多々ありました。
どうすれば、親やパートナーの呪縛から
自分を解放することができるのか。
実体験から得られた方法には、とても説得力があります。

子どもを虐待するのは、親が悪いのではない。
親をケアしていくことが、子どもの健やかな成長に繋がっていく。

その通りだと感じました。
傷つかない人生なんてありえないですもんね。
誰にとっても響く言葉が詰まっています。
クヨクヨするより、いい思い出で自分の記憶を上書き!!

本を読んで、実践して頂きたいです。

文責・八塚彩美

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

堀江さん、八塚さん、Kwangminさん、ありがとうございました! 藤木美奈子

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

2/15(水)19時30分頃〜ABCラジオで話します

2017/02/15(水)、ABCラジオで、新刊本「親に壊された心の治し方」について話します。

番組は「堀江政生の堀ナビクロス」の、『金光敏のオープン!ボーダー』のコーナー。

19時30分頃出演の予定です。ラジオ聴く人はぜひぜひ。

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

少しずつ、本の反響が届いています

新刊、「親に壊された心の治し方」が出てから約3週間が経とうとしています(まだ3週間だったの?)

私にとっては長い長い時間だったように感じます。

なぜって? この本がどう受け止めれるか、心配だったのですね、やはり。

 

タイトルから、「これは親を責める本なのでは」と思われてしまうのでは、という懸念が強くありました。

編集の意向でやむをえなかったとどこかで書いたと思いますが、これは親を責める本ではありません。

むしろ、親こそが傷ついた子どもであったことを理解し、その傷は早く癒すべき、という本であり、

その方法を書いた本なのです。

 

だから、「責められたくない」と思っている親こそ、読んでほしい。

そして、そんな親から理不尽な扱いを受けてきた子が、そのメカニズムを知り、

「自分はなにも悪くなかったんだ」と理解し、同じくその傷を癒す方法(SEP)に取り組みましょう、

でなければ、あなたも自分の親と同じように、わが子に苦しみをぶつける親になってしまうよ、という意図。

 

少しずつ、この本を読んだ方から、声が届き始めています。

「貴重な内容が惜し気もなく盛り込まれている」と書いてくださった方がいました。

そうなんです。この言葉を書けるということは、この方も本当に苦しんでこられた方だとわかります。

貴重、つまりなかなか出会うことができない、経験者ならではの言葉がこの本にはたくさんあるからです。

 

「SEPを受けたい」という声も当然、寄せられています。

さて、問題はここ。どうするか。

これまで遠いところから大阪へSEPを受けに来られた方々がいました。

でも、費用の面など考えると、みんながそうできるわけではありません。

 

で、どうするか。

もっと全国各地に「SEPを受けたい人がいる」ことがわかり始めたら、

このブログに全国地図を載せて、受講希望者はそこへマーク。

最低5名希望者が集まった都道府県から私が行く、こんな案はどうでしょう?

それとも、全国の男女共同参画センターあたりが募ってもらえますか?

本当は5回必要だけど、泊まりがけの研修なら可能かな・・・。

 

なんにしても、実際に動く人がどれだけいるかです。

SEPを地元で開催したいと考えた人が、人を集めたり、場所や金を用意できること、

それなしには何も動かない。

行動あるのみなんですから、この地球というところは。

 

私はね、自分で言うのもなんですが、かなり動きましたよ、今まで。

サバイバーとして、自分がやれるだけのことを精一杯行動してきたつもり。

で、その数十年間の実践と研究の結果を一冊の本に書いて発信したわけです。

あとは受け取った皆さんがどうするか――何かを生み出すのか、本棚の奥に眠らせておくのか、

それは皆さんの選択次第。

さあて、自らの心の傷の癒しに向けて、本当に立ち上がる人は何人いますか?

 

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

「親に壊された心の治し方〜『育ちの傷』を癒す方法がわかる本〜」の内容

 

おはようございます。

いただいたお年賀状に、「待望の本、やっと読めます〜」とうれしいメッセージをくださる方も。

そうなんです。予想以上に書き直したので、予定を何度もオーバーしてお待たせしてしまいました(それでも3年間で書き上がったのですが)。申し訳ない。

 

この本は私のここ15年間の集大成ともいうべきもの。

43歳で大学院に入って以来、どうすれば「育ちの傷(生育過程で負ったトラウマ)」から回復できるのかというテーマを掲げ、その方法をプログラム化することに取り組んできました。世間を説得するためには、エビデンス(研究による確証)を貯めないといけない、そのために15年という時間がかかってしまいましたが、ここでやっとそれを一冊の本にまとめることができて、喜びで一杯です。

 

本書の章立ては以下のとおりです。

・第一章 親に人生を壊された人たち
・第二章 何が「育ちの傷」を生み出すか
・第三章 なぜ、うまく生きられないのか
・第四章 生き方はかならず変えられる
・第五章 壊れた心を再生する

 

こうして、印刷を待ちながらも2つの迷いがあります。

ひとつは、この本は当事者にも支援者にも読んでいただこうとしたこと。これが吉と出るか、凶と出るか。

そして、このタイトルを見た人は「おや」と思われると思いますが、私はこどもの頃の生育環境が良くなく、いろいろな苦労をしてきました。その意味で、いまだ親に恨みつらみがないわけではありませんが、「本の中味がよくわかるものでないといけない」、という編集部の方針を受け入れた結果、こういう形で出ることになりました。

 

しかし、個々人の心理的な課題は「親が悪い」「運が悪い」という単純な話ではありません。延々とつづく不遇や暴力の連鎖を、「育ちの傷」として「認知的な課題」と捉え、これを修正する方法を誰もが学べる社会のしくみをつくることが大切なのです。この著者の考えが、きちんと伝わる本になったかどうか、そういう懸念はあるのですが、これがよかったか悪かったかはこれからの世間の反応を見るしかない。また新たな課題が見えてくれば、また次の方法を考え、本を書き直せばいい、そう考えようと思います。

 

発売は1月の23日。講談社/こころライブラリーです。

どうぞ忌憚のないご意見をお寄せください。

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

革命か安定剤か

やっと新しい本「親に壊された心の治し方」が出版されてやれやれ。

 

本は3年書き続けたし、その間、WANA関西を法人替えして、障がい福祉サービスを始めたりして、過労だったかも。今になって体中が痛くなってきた。体が「もう痛んでもいい?」って聞いてきた感じ。「いいよ」って言ったとたんにこれ(笑)。

 

また近いうちに整体の先生(近所で開業してるLGBTのスゴ腕整体師)のところへ行かねば。「あ〜藤木さん、またアホみたいに仕事してたんやろ」って、施術台に組み伏せられるなあ。

 

ところで私は毎朝オンライン英会話を30分やっています。

今朝、「あまりきれいじゃないけど、尊敬できる有名人を誰が知ってる?」という質問があって、「うーん」と返事につまってると、先生(フィリピン人の若い女性)がチャットボックスにこう書いてくれた。「Oprah Winfrey」

 

調べてみたら、黒人女性で世界唯一の黒人の億万長者、アメリカの歴史で最も偉大な黒人の慈善家であり、いくつかの評価によって、「世界で最も有力な女性」と称されるとある。その生い立ちを見ると、私と共通点がいくつもあった(お金持ちという点以外は)。彼女もSA(性的虐待)の被害経験の持ち主でもあり、自身の番組でよくその重大性にふれているそう。

 

私は彼女のように有名でも資産家でもないが、この社会を社会的弱者にとって住みよい社会に変えたいという志を強くもっている点、そしてすでに行動しているところは同じ。そうした人ほど過酷な背景を持っているところがおもしろい。厳しい人生を生き抜いた人が行き着く先は大きくは二つに分かれるのかもしれない。精神科へ行って引きこもるのか、逆に社会に何かを訴える存在になるかだ。

 

いずれにせよ、神さまは私をアメリカではなく日本に生み落としたし、億万長者という設定にはしなかった。そこにどんな意味があるのか? それでも本を書き、講演という形で人々に語りかけることはできる。さて、今回の本はどんな道をたどるか? 世間はまだ当事者の声を無視しつづけるのか、少しでもこの社会に活かそうとする人物が現れるか? 私の心はいたって静かである。やれるだけのことをするだけだから。でも…ほんのちょっとでもいいことがあるといいなあ(実は、楽しみにしてま〜す)。

 

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | 藤木コラム | comments(0) | - |

【スタッフ募集】

【スタッフ募集】

Maluhia(マルヒア)で、生活訓練スタッフとして働きませんか?

障がい福祉サービスMaluhiaでは、精神や知的に課題のある人への自立訓練を行っています。

今春からの業務拡張に伴い、生活訓練スタッフを一名募集いたします。

 

<勤務条件>
・パートで週3〜4日、9時〜17時まで働ける方
・30歳前後で社会人経験のある方(福祉現場での経験は問いません)
・時給@910円〜(試用期間3ヶ月は@900円)*経験によって考慮します
・勤務開始 2017年4月〜(相談可)
・長く働ける方を希望します(将来的に正社員の途あり)。その他、詳細は面談時。

 

<連絡先> Eメール nakazawa@wana.gr.jp  (中澤)

〒540-0021 大阪市中央区大手通3-3-6 本町橋ビル2・3階
一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)
公式サイト http://www.wana.gr.jp

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |

「DV被害者は男女同数?」再び高知県で講演してきました。

2017.1.18、こうち人づくり広域連合の男女共同参画セミナーで、「DV被害者は男女同数?〜この研究から何が見えるか〜」というタイトルで講演してきました。最近、高知県からお呼びいただくことが多く、街の様子もけっこうわかってきました。ここにどんな店があるとか(笑)。この日は、高知城のすぐ近く、超ピカピカの新館でした。

実は、このテーマで話したいとずっと思っていたので、準備に時間がかかったものの、男性の参加者がとても多く、その反応から、やってよかったなと思いました。少しですが、ご紹介させていただきます(原文ママ)。

 

・親の影響が予想以上に大きいと感じた(こうち男女共同参画センター「ソーレ」で話すときにはジェンダーによる力の格差を中心に話すことが多いので)。
・認知のゆがみからネガティブ思考になることが暴力につながるのだと知った。
・SEP研修は回数が少なく、他の研修より気軽にできるかもしれないと思った。
・「DVの被害者は男女同数?」同数に違和感があり、そこが印象に残った。テーマの立て方がうまい
・DVの要因がジェンダーの他にも児童虐待などの暴力体験等複数あげられるなら、被害者の割合が男女同数近くなっても不思議はないと思った。

 

以上です。DV問題は男女がともに力を合わせて取り組むべき問題。被害者はどっちだと男女で闘うことは本当に無意味。ここにこそ、男女共同参画の本来の意義があろうと思うわけです。DV問題においては男も女も被害者なのだと私は思っています。

高知県は、対人援助に熱心な方が本当に多いと感じています。美味しいものも多くて(かつおの酒盗とか♡)私の大好きな場所です。待望のテーマで話す機会をくださって、ありがとうございました。また行きますね〜。

 

| I'm my boss!<私のボスは私> 藤木美奈子のSEP活動ブログ | SEPニュース | comments(0) | - |
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年1回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第12回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2017年10月7日(土)13:00 -17:30 /8日(日)9:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 @3000円(税込)×12時間 計36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
お待たせしました! 待望の藤木の新作、発売!
『親に壊された心の治し方〜育ちの傷から解放される方法がわかる本』2017年1月23日発売 講談社 やっと発売されました。どうか皆さん、ぜひ書店で手にとってくださいね。そしてちょっと「気がかりな」あの人へのプレゼントにいかがでしょうか? 「育ちの傷」による負の連鎖の断ち切りを全国に広め、幸せな笑顔を増やす活動を、さあ、あなたから。
2017 秋 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。下記8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会(無料)2017/9/2 11:00〜12:00 2.個別面談(ひとり40分)9/9 *時間はご予約ください 3.プログラム(5回) 13:30-15:00 9/16 9/30 10/14 10/21 11/4 4.フォローアップ 2018/3/3 13:30〜15:30   受講費: 1〜4+心理テスト3回、すべて込みで 37800円(税込)*参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第2回 中級 SEP支援者研修(注意:日程が変更されました)
●日程 2017年7月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜16:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 @3600円×10時間= 計36,000円(税抜)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode