CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年4回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第18回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2020年5月16日(土)13:00 -17:30 /17日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 38,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2020 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 8/8 8/22 9/5 9/19 10/3 3.フォローアップ 2021/2/6 13:00〜14:30 受講費: 税込65,000円(参加6回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
【2日間】第6回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2020年2月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
2020年 研修・講演情報(9/7更新)
0

    【2020年】 講演・研修

    赤字の日程は開催予定

     

    1/14 【東京】都内A母子生活支援施設 (職員向け)

        SV研修

     

    1/24 【大阪】大阪市こども相談センター(中央) (職員向け) 

              SEP プログラム周知研修

     

    1/29 【大阪】関西こども文化協会(支援員・相談員向け)

           研修

     

    2/4 【大阪】大阪市こども相談センター(南部) (職員向け)

        SV研修

     

    2/7 【大阪】羽曳野市こども家庭サポーターの会(相談員向け)

        研修

     

    2/19 【兵庫】日蓮宗兵庫県東部社会教化事業協会 (会員向け)

        講演

     

    2/21 【大阪】府内A母子生活支援施設 (職員向け)

        研修

     

    3/6 【兵庫】小野市(相談員向け)

       SV研修

     

    3/13 【大阪】富田林市 (職員向け)  ⇒コロナウイルス感染拡大防止のため4月以降に延期

    予定  DV防止研修

     

    9/5 【大阪】岸和田市教育委員会(一般向け)

        DV防止講座

     

    9/24 【京都】京都府私立中学高等学校連合会(教職員向け)

    予定  虐待防止研修

     

    10/15・16 【沖縄】那覇市母子生活支援センターさくら(母子生活支援員向け)

    予定  初級SEP支援者研修

     

    10/20・21 【東京】母子生活支援施設リフレここのえ(支援員向け)

    予定  SEP周知研修

     

    10/21 【東京】東京23区母子生活支援施設施設長会(母子生活支援施設施設長向け)

    予定  SEP周知研修

     

    11/4 【山梨】山梨県男女共同参画センター(一般、民生・児童委員、相談員向け)

    予定  DV防止研修

     

    11/10 【大阪】吹田市男女共同参画センター(一般向け)

    予定  DV・虐待防止研修

     

    11/18 【兵庫】兵庫県男女共同参画センター(相談員向け)

    予定  SV研修

     

    11/28 【大阪】摂津市男女共同参画センター(一般向け)

    予定  

     

    12/17・18 【沖縄】那覇市母子生活支援センターさくら(母子生活支援員向け)

    予定  中級SEP支援者研修

     

    -------------------------------------------------------------------------------------

     

    支援者向け、一般向け、参加者の方に合わせた内容でご講演させていただきます。研修・講演のご用命は、https://seplabo.com/contact1/にアクセスし、フォームからお問い合わせください。(担当:坂本)

     

     

    | 藤木の講演・活動 | 10:51 | comments(0) | - |
    9/5 岸和田市で一般向けの講演をおこないます
    0

      皆さん、ご無沙汰しております。

      暑さとコロナのせいでなかなか外出もしづらい状況ですね。気分が落ち込んでおられる方もいるのではないでしょうか?

       

      そんな皆さん、考え方を変えて体の中から元気を取り戻すために藤木の講演を聞きにきませんか?

      来月、藤木美奈子が一般向けの講演に登壇します!

       

      日程:9月5日(土)14:00〜

      場所:岸和田市立公民館(岸和田市堺町1-1)

      講演テーマ:傷つけあう家族〜DV・虐待とは何か〜

      チラシはこちらhttps://www.city.kishiwada.osaka.jp/uploaded/attachment/88925.pdf

      申込方法:岸和田市公民館へメールまたは電話

      Tel:072-423-9615

      shiritsuk-kouza@city.kishiwada.osaka.jp

      書籍販売:あり

       

      会場はコロナ対策もして下さっています!土曜日ですが、保育枠もあります。是非、お誘いあわせのうえ、お越しください😊

       

      お問い合わせは岸和田市生涯学習部生涯学習課 公民館担当(072-423-9615)まで

      https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/67/kizutukeaukazoku.html

      | 藤木の講演・活動 | 10:52 | comments(0) | - |
      大阪市南部こども相談センターで研修を行いました
      0

        大阪市南部こども相談センターでSEPについて理解を深めていただくための周知研修を行いました。中央のこども相談センターでは数年前から実施しているこの周知研修ですが、南部でも今回が2回めの開催です。

        虐待事案の増加と悪化がとどまらない昨今、日々対応に当たられている合間を縫って15名程度の職員さんがご参加くださいました。いただいた感想の一部をご紹介します。

         

        ●研修を聞き、「育ちの傷」という言葉が印象的でした。ケースワークをする上で幼少期のエピソードや成育歴を今まで以上に丁寧に聞いていきたいと思います。(ケースワーカー)

         

        ●親御さんが何に苦しんでいるかに目を向ける必要があると改めて思いました。(児童心理司)

         

        ●グループが持つ回復の力はとても大きいと思いました。対象の方がグループだと難色を示すこともあると思いますが、うまく説明できるようになりたいと思います。(児童福祉士)

         

         

        子どもを愛せない、うまく接することができない行動の裏に、どのような苦しみがあるのか、キャッチする支援者が近くにいれば、それだけで支援は適切かつスピーディーに進みます。ただ「問題のある親」とレッテルを貼るだけでは問題解決になりません。適切な支援につなぐ職員が「育ちの傷」についての理解を持っているだけで、目の前の母親は全く違って見えるのです。多くの支援者の方に、「育ちの傷」の理解と改善法を身につけていただけるよう努めていきたいと思っています。事務局スタッフも頑張ります!

         

        支援者向けSEP研修の詳細はこちら https://seplabo.com/supporter/

        ご自身の回復を優先したい方はこいら https://seplabo.com/

        | 藤木の講演・活動 | 15:55 | comments(0) | - |
        兵庫県小野市にてスーパーバイズ研修を行いました
        0

          3/6、兵庫県小野市にて相談員や対人支援に携わる方を対象としたスーパーバイズ研修を行いました。

          今回、新型コロナウイルスの問題で開催が危ぶまれましたが、、参加者同士の間隔が十分にとれるように広い会場に会場変更していただいたり、開催時間をコンパクトにまとめていただく等、主催側で十分な配慮をしてくださったおかげで、無事開催されました。

           

          講演タイトルは「親に壊された心の治し方 〜私は「育ちの傷」をどう癒し、支援してきたか〜」です。

           

          30名程度の参加者の内訳は、男女参画センターや、地域包括支援センター、学校、市役所、適応指導教室などで支援に日々関わる方々で、講演にも非常に熱心に耳を傾けて下さいました。いただいた感想の一部を以下にご紹介します。

           

           

          ●虐待の世代間連鎖から認知行動療法まで、理論的に説明いただき、わかりやすかった。

           

          ●SEPを初めて知りました。(私は)教員なので、心の傷をいやすことで、学生たちの気持ちを学業に向けていくことができる可能性を強く感じました。

           

          ●日本の医療の精神薬を出しすぎるということに対しての問題意識にとても共感した。

           

          ●とても分かりやすいお話でした。薬よりも心理的な支援で治るという話がとても共感できました。今後、支援の中で自分もそう自信を持って伝えていけるようになりたいです。

           

          ●「相談・支援の場面は、認知修正のチャンス」という話が一番心に残りました。認知修正ができるよう相手をほめたり、まずは「自分の良い所を毎日言ってみよう」などの言葉がけを実践してみたいと思います。

           

          ●普段支援している対象者からよく聞く言葉について、その言葉の裏にどのような思いがあるのか知ることができた。自罰的な思考、自尊感情が下がっている子どもへの声かけ、支援の良い参考になりました。ありがとうございました。

           

           

          たくさんの感想、ありがとうございます。目の前にいる人の発する言葉や振る舞いに注目すると、その方の考え方のクセや抱えている課題に気づくことができます。薬を飲むだけでは、傷つきを回復させることはできません。目の前の方の回復を支援するためには、まずその生きづらさについて理解を深めることが重要です。是非、SEPを支援に取り入れられるよう、学びを深めていただければと思います。

           

           

          SEPの理論を理解する・実践に活かすために、SEP実践者養成研修に是非ご参加下さい。初級・中級研修を修了し、スタートセットの頒布を受ければ特別な資格が無くてもSEPを皆さんも実施することができます。

          お問い合わせ・申し込みは、labo@wana.gr.jpまでメールでご連絡いただくか、公式HPからお問い合わせください。

           

          | 藤木の講演・活動 | 11:33 | comments(0) | - |
          関西こども文化協会合同研修にて講演してきました
          0

            関西こども文化協会は、国連「子どもの権利条約」の具現化をミッションに掲げ、「子どもの最善の利益」を求めて子どもが抱える課題・困難を解決するため、虐待事案についての電話相談、課題を抱える子どもに対する様々な支援事業、子ども食堂や子育て支援など、さまざまな活動を展開しています。

             

            1月29日は、協会内で様々な支援に携わるスタッフの皆さんにご参加いただいての、合同研修にて講演してきました。40名超のスタッフの方に今回学習いただいたテーマは、

            「親に壊された心の治し方」〜私は「育ちの傷」とどう向き合い、支援してきたか〜

            です。

            いただいた感想の一部を以下にご紹介いたします。

             

             

            ●生きる中での困難さの裏に生育歴が影響することは、日々支援する時に感じていたことでもあり、先生のお話を聴かせていただき納得でした。その傷を治すのは「言葉」。直接支援する私にはとても重い言葉であり、自分の使う言葉ももう一度振り返りたいと思います。

             

            ●電話口で何気なく耳にするワードが実は過酷な状況であるかもしれないと想像しながら対応する視点が必要だなと思いました。

             

            ●世代間連鎖の問題のお話を聞きながら、自分自身の生い立ちを振りかえりを行っていました。全然無関係な話ではないことに気付きました。

             

            ●大人が変われば子どもは変わる

             

            ●心理療法で脳が回復するという内容は現場で直接支援に携わるものとして、興味深いと思いました。実際、支援する中でその子にどのような影響があるのか未来のことはわからないので、日々どのようにかかわっていくか考えることも多いですが、肯定的なかかわりがその人の思考を少しでも変えていけるなら、これからも丁寧にかかわっていきたいと思います。

             

            ●認知行動療法は自分でしたことがあるのですが、「反復する」というところで少しくじけてしまった経験がありました。そこが大切なことだったんだと気づけました。

             

             

            支援者として、相談者の問題に向き合う際、「育ちの傷」についての理解をしておくことは非常に重要です。また、自分自身の認知の歪みに気づいていれば、目の前のケースは全く違って見えてきます。子どもを守るため、子どもの問題改善のためには、親へのアプローチが不可欠です。

            SEPのファシリテーターを養成するための「SEP実践者養成研修」は、初級、中級を修了すれば、スタートセットの購入ですぐにご自身でも開催することが可能です。個別でもグループでも活用できるこの支援法を是非多くの支援機関で取り入れていただければと思います。

             

            現在参加者を募集している研修はこちら→https://seplabo.com/supporter/contact-for-supporter/

            | 藤木の講演・活動 | 14:24 | comments(0) | - |
            2019年 研修・講演情報【更新あり】
            0

              【2019年】 講演・研修  

              ※今年の講演・研修はすべて終了しました

               

              1/30 【京都】乙訓障がい者基幹相談支援センター(相談員向け)

                    「傷つけあう家族 〜DV・虐待をのりこえて〜」

               

              2/8  【大阪】大阪市こども相談センター(職員向け)

                      SEP プログラム周知研修

               

              2/20 【大阪】東大阪市内 公立小学校(教職員向け)

                     被虐待児とその親への対応

               

              3/6  【兵庫】兵庫県男女共同参画センター(相談員向け)

                

              3/15 【大阪】大阪府社会福祉協議会(母子生活支援施設職員向け)

                 「母子施設における自尊感情回復プログラムSEP実践者養成基礎研修」

               

              4/28 【大阪】シンママ大阪応援団(シングルマザー向け)

                  シンママSEP学習会

               

              6/1・6/15 【奈良】女性の活躍支援講座1(一般向け)

                     ワタシのあしたは変えられる!〜自尊感情回復トレーニング入門〜

                  ※募集終了

               

              7/5 【大阪】大阪市こども相談センター(職員向け)

                 SEP プログラム周知研修

               

              7/31 【兵庫】あかし男女共同参画センター (職員向け)

                  スーパーバイズ研修

               

              8/11 【大阪】シンママ大阪応援団(シングルマザー向け)

              予定  シンママSEP学習会

               

              9/20 【大阪】府内A母子生活支援施設(職員向け)

                  SEPに関する研修

               

              11/6 【大阪】泉南市人権協会(一般向け)

                  虐待防止に関する人権講座  *詳細は決定次第、お知らせします

               

              11/26 【京都】八幡市役所(一般向け)

                  八幡市市民講座  *詳細は決定次第、お知らせします

               

              12/4 【香川】香川県女性センター(支援者向け)

                  SEPに関する研修

               

              12/17 【京都】京田辺市人権教育研究会(支援者向け)

              予定  子どもの自尊感情回復を学ぶ研修

               

               

              | 藤木の講演・活動 | 11:43 | comments(0) | - |
              泉南市にて 一般向け講演ご報告
              0

                11月6日、大阪府泉南市にて、藤木が人権啓発講座に登壇しました。

                当日は、20名定員のお部屋に30名以上の方が足を運んでいただき、急ごしらえでパイプ椅子を追加で出すほど。

                 

                 

                 

                一般向けの講座ということで、映像やイラストなどを多く織り交ぜながら、以下のポイントについてお話をしました。

                 岼蕕舛僚」(主に成育環境におけるトラウマ体験で負う心の傷)が人生に及ぼす影響

                講師藤木の回復までの道のりとSEP研究までの道のり

                SEPの効果

                ぁ岼蕕舛僚」を持つ人に出会った時の対応のポイント

                 

                参加した皆さんの感想の一部をご紹介します。

                 

                ●生まれて育っていく何十年もの間、抱える傷をなかなかすぐには回復できないと思いましたが、くり返し“考え方”を訓練することで必ず良くなるということに希望が持てました。「自尊感情を高める関わり」を今後も意識したいと思いました。

                 

                ●今日をきっかけに自分なりに自尊感情を高める関わりを自分・まわりの人にしていきたいと思いました。

                 

                ●育ちの傷とまでいかなくても、誰にでも何か思い当たるものがあるような気がします。その根幹を学べたような気がします。愛着の大切さを教わりました。

                 

                ●子育て中は(子どもが小さい時)必死にしているので怒ったりすることもありましたが、その時にSEPを知っていたらもっと違った子育てができたかなと思いました。

                 

                皆さん、それぞれの立場で講座から学びを深めていただくことができ、嬉しく思います。足を運んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

                | 藤木の講演・活動 | 16:26 | comments(0) | - |
                11月26日、京都府八幡市で一般向け講演をします
                0

                  11月26日、京都府八幡市にある八幡市にて一般向けの講演を行います。申込不要で、参加費も無料ですので、是非この機会にご参加ください。

                   

                  【開催日】11月26日(火)

                  【時間】14:00〜16:00(13:30会場)
                  【場所】八幡市文化センター(https://www.yawata-bunka.jp/center/access/index.htm

                  【最寄り駅】京阪「石清水八幡宮」駅(旧・八幡市駅)

                   

                  成育歴の中で生じた心の傷、大人になっても続く生きづらさ、それをどのように理解し、改善するのか。

                  別の地域からの参加も可能、事前申し込み不要、無料です。定員は80名程度。詳しくは主催の【八幡市子育て支援課】までお問い合せください。是非ご来場くださいませ。

                  (八幡市HPの募集ページ:https://www.city.yawata.kyoto.jp/0000004451.html

                   

                   

                  | 藤木の講演・活動 | 16:20 | comments(0) | - |
                  11月6日 大阪府泉南市で一般向け講演をします!
                  0

                    11月6日、大阪府泉南市にある泉南市市民交流センターにて一般向けの講演を行います。申込不要で、参加費も無料ですので、是非この機会にご参加ください。

                     

                    【開催日】 2019年11月6日(水)

                    【時間】 14:00〜16:00

                    【場所】 泉南市市民交流センター(〒590-0521 大阪府泉南市樽井九丁目16番2号 TEL.072-483-6447)

                    http://www.city.sennan.lg.jp/kakuka/sougouseisaku/jinkensuishinka/jinkenfureaisentakakari/shiminkouryuucenteraccess.html

                    【主催】 一般社団法人泉南市人権協会(TEL.072-485-1401)

                    【講演テーマ】 傷つけ合う家族 〜私は「育ちの傷」をどう癒やし、支援してきたか〜

                     

                     

                    | 藤木の講演・活動 | 16:37 | comments(0) | - |
                    2019SEP特別集中コースを開催しました
                    0

                      9月21、22日の2日間、「2019SEP特別集中コース」の第一回目を無事開催できました。これは、SEPの理論と手法を「2日間の合宿+オンラインによるサポート」によって、約4ケ月間でマスターするコースです。SEPは通常、隔週5回、約2か月半をかけて自分を自分で助ける方法を身につけます。しかし、遠方にお住まいなどで参加できない方が少なくなく、何とかできないか、と企画したものです。

                      参加者は、北は北海道、南は九州など全国各地からの参加がありました。居住地や年齢、困難の背景はそれぞれですが、プログラムが進行するにつれ、連帯感が生まれ、2日目には通常のSEPに劣らず、数か月間をともに学んできたような雰囲気ができていました。

                      参加者の感想の一部をご紹介します。

                       

                      ---------------------------------------------------

                       

                      ●自分を見つめる時間を得ることができ、何にこだわって生きてきたのかを理解することができました。何気ない言葉を一つ一つ拾って掘り下げて考えていただき、他の皆さんの意見や悩みも自分にとって勉強になり、参加して良かったと感じました。

                       

                      ●認知の修正について自分で本を読んだりもしたが、一人でやるのはうまくいかなかった。的確なサポートを受けながら、集団で自分の課題について客観的に考えることができたのが良かった。

                       

                      ---------------------------------------------------

                       

                      特別集中コースは、5回の通常SEPと比べると、わずか2日間で理論と手法まで学び、その後は生活の中でひとりで実践していきます。これは容易なことではありませんが、今回参加された皆さんの実践はまだ始まったばかり。この学びをしっかりと習慣化できるよう、4か月の遠隔サポートのもと、粘り強く取り組んでいただきたいと思います。  

                       

                      特別集中コースの開催は年に1回、秋頃の予定です。参加を検討される方はSEP研究所までお問い合わせくださいませ。

                      | 藤木の講演・活動 | 11:48 | comments(0) | - |
                      | 1/3PAGES | >>