CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第13回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年5月19日(土)13:00 -17:30 /20日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2018 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会 2018/6/9 10:30〜11:30 2.個別面談(ひとり40分)6/30 *予約制 3.プログラム5回  13:30-15:00 7/7 7/28 8/11 8/25 9/1 4.フォローアップ 2019/1/12 13:30〜15:30 (参加希望者多数の場合はプログラム3回め以降2部制になります。詳しくはお問合せ下さい)   受講費: 税込45,360円(参加8回 + 心理テスト3回込み)*説明会参加はEメールを sep@wana.gr.jp までお送りください。*まずご相談を希望される方はインテーク面談をご予約ください(心理検査込 70分:7020円)
【2日間】第4回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2018年7月14日(土)13:00〜17:30 / 15日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< 11/26は日本こども虐待防止学会へ(大阪市) | main | SEP研修がリニューアルされました >>
相手を責めてもなんにもなりません
0

    今年のSEP支援者向け初級研修もいよいよ来月。

    参加者リストをながめると、名古屋、高知と、これまで講演に行ったところから確実に参加がある。

    今年は北海道からの参加も。この方は矯正関係、2002年11月、14年前の函館講演で出会った。うれしいね。

     

    先日の徳島講演の終了後、

    「私、責めてましたわ、お母さんを」

    そんな言葉を口にしていた相談員(教員?)がいたと、主催者から聞いた。

     

    相手を責めてしまうというのはね、まだまだ理解が足りない。

    なんでこのお母さんはこうなのか、その背景に思いをいたすことができるようになれば、責めなくなる。

    むしろ、うまく子育てできないお母さんをなんとか応援してあげたいという気持ちが生まれる。

     

    すべては「他者理解」から始まる。

    それに必要な知識は学習によってかなりカバーできる。

    自分の若干のお金と自分の時間を費やし、貴重な休日に研修先に足を運ぶ。

    それによって誰かの困難な人生を、出口に向けて背中を押してあげられるようになるなら、どんな休暇より輝くはず。

    私はそう信じている。

    | 藤木コラム | 08:21 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする