CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
【2日間】第13回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年5月19日(土)13:00 -17:30 /20日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2018 春 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会 2018/3/3 11:00〜12:00 2.個別面談(ひとり40分)4/7 *時間はご予約ください 3.プログラム5回  13:30-15:00 4/28 5/12 5/26 6/9 6/23 4.フォローアップ 2018/10/20 13:30〜15:30   受講費: 税込45,360円(参加8回 + 心理テスト3回込み)*説明会参加はEメールを sep@wana.gr.jp までお送りください。*まずご相談を希望される方はインテーク面談をご予約ください(心理検査込 80分:7020円)
【2日間】第3回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2018年2月17日(土)13:00〜17:30 / 18日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< 読売新聞に掲載されました | main | 関西TV「児童虐待 警察と行政と民間の連携(仮題)」に出ます。 >>
SEP受講費用の改定について(2018年春期以降)
0

    いつもお世話になっております、SEP研究所です。

    さて、本日はSEP(当事者向け)の受講費用の改定についてのお知らせです。

     

    WANA関西は2015年、それまで20年続いた「NPO法人」を「一般社団法人」へと法人替えをして再スタートしました。精神や知的に障がいある方のための自立(生活)訓練事業「Maluhia」と同時に「SEP研究所」をスタートさせることで、それまで公共機関や福祉施設でのみ実施してきた自尊感情を高めるプログラム「SEP」を一般向けに実施するためです。

     

    費用については、幅広く提供するために、当初より3年間は料金を約20%程度抑えることを方針として参りました。したがって3年が経過する2018年春からは、正規料金で実施させていただくことを予めお知らせしておきます。

     

     ■SEP参加料金(税抜)【2017年秋期まで】35000円 → 【2018年春期〜】42000円

     

    ここに含まれるものは、・説明会 60分(無料)

                 ・個人面談 60分×1回

                 ・セッション 90分×5回

                 ・フォローアップ(4ヶ月後)ミーティング 120分×1回

     

    全7回、所用時間は約10時間です(5名参加の場合。参加者数によって若干増減があります)。

     

    SEP研究所では、自尊感情が低いためにさまざまな苦労をされている方に、認知行動的アプローチを核とし、育ちの傷を癒すプロセスを組み込んだ学習法SEPを、短期間かつ経済的にも負担のない価格で皆さまに提供することを目標として運営しています。

     

    これが高いか安いかは、一般的な心理カウンセリングや精神療法(保険適用外、平均 1時間1万円)と比較していただければご理解いただけると思います(院生が担当する大学院の心理センター等は1時間あたり3000円の場合があります)。

     

    一方、最近ではお問い合わせが多く、現在のところ来春まで予約が詰まっています。また、関東方面など遠方の方にはご不便をおかけしています。東京での開催も検討しましたが、SEPの価格帯では出張経費を支払うとスタッフの賃金が出なくなりますので、現状のところは断念せざるをえません。かと言って、高額な価格帯で実施するのは、当初の目標に反しており、悩ましいところです。

     

    これはひとつの案ですが、各地の男女共同参画センターなどの公共機関に、SEPを企画として実施してください、と掛け合ってみるのもひとつの手だと思いますし、お近くの方同士が呼びかけて、出張経費をシェアするという手もあるのではないでしょうか。

     

    しかしながら、回復を強く望まれる方は、これまで九州からでも北海道からでも通って来られました。

     

    「海外旅行に行ったと思えば安いもの」

    「頑張ってバイトして、高速バスで来た」

     

    そんなうれしい言葉もいただきました。

     

    こうした励ましを支えに、SEP研究所はこれからも、当事者の立場に立った、効果のある心理支援を広く提供していきたいと考えております。ご支援とご理解をどうぞよろしくお願いいたします。

     

    2017.8 SEP研究所

     

    | SEPニュース | 14:25 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする