CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第14回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年10月6日(土)13:00 -17:30 /7日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< 2018SEPスタートアップ研修 開催しました! | main | 【お急ぎください!】第14回 <初級>SEP実践者養成研修 近日開催! >>
SEPが海外進出!? アフリカ男子刑務所ワークショップのご紹介
0

    代表・藤木が講師を務める関西大学臨床心理士専門職大学院の卒業 荒木京子さんから、「SEPを取り入れたワークショップを海外で実施しています」と、うれしいご報告がありましたのでご紹介します。

     

                      右奥の女性が荒木さんです

     

     

    荒木さんは、現在、青年海外協力隊員として、アフリカ ケニアの保護監察局で働いています。

     

    男子刑務所にて、SEPを取り入れたワークショップを実施しておられ、それがアンガーマネジメントと依存症克服の二つのワークショップです。

    きっかけは、大学院の授業で藤木のSEPを学び、外国人参加者の通訳として母子支援施設のプログラムにアシスタントとして参加したことでした。

     

    日本とは対象者や文化的背景が違うため、試行錯誤の上、ご自身でアレンジを加えられています。 

     

    参加者が、認知を変えるために自分を勇気づける言葉を見つけ、自分自身に言う時は、照れながらも、グループメンバーの拍手や笑い声に見守られながら、言葉にした後は、とても嬉しそうにしているようです。

     

    荒木さんは、人に受け入れられていると感じている人が少なく、自分に自信がないケニア人にとってはとてもよい経験だと感じられるそうです。

     

    写真ではお顔が隠れてしまっていますが、受講者の皆さん、とてもいい笑顔をされているんです!グループの温かい雰囲気が伝わってきます。

    そんな笑顔をつくり出せる荒木さん、とてもパワフルですね〜。

     

    SEPは世界で通用するプログラムなのだ、ということをこちらが教えていただきました!!

    荒木さん、本当にありがとうございます。

    益々のご活躍を期待しています。

    | SEPニュース | 11:46 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする