CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第15回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2019年5月18日(土)13:00 -17:30 /19日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2019 冬 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。7回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会2019/1/26 10:30〜11:30 *予約制 2.個別面談(ひとり40分)1/26午後 *予約制 3.プログラム5回  13:00-14:30 2/2 2/16 3/2 3/16 3/30 4.フォローアップ 2019/8/10 13:00〜14:30 *参加希望者多数の場合はプログラム3回め以降2部制になります。詳しくはお問合せ下さい。   受講費: 税込45,360円(参加7回 + 心理テスト3回込み)*説明会参加はEメールを sep@wana.gr.jp までお送りください。*まずご相談を希望される方はインテーク面談をご予約ください(心理検査込 70分:7020円)
【2日間】第5回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2019年2月9日(土)13:00〜17:30 / 10日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< ホームページ接続障害についてのお詫び | main |
2019冬開催当事者SEPの申し込みが始まっています
0

    今年最後の当事者SEP(in WANA関西)が先日終了し、次回の開催が来年初旬となります。

    1月26日のオリエンテーションと個別面談を皮切りに、2月2日〜3月30日の5回(隔週土曜日の午後)の開催です。

    プログラムの受講を検討されている方で、まずは一度相談しに行きたい、という方には、

    アセスメント面談(初回カウンセリング/有料)もありますので、是非お問合せ下さいね。

     

     

    ここでは先日終了したSEPの参加者の方の感想を一部ご紹介します。

     

    ●40代女性

    自分の気がつかない偏りに気がつくことができた。日常の中のネガティブな感情がどこからきているのか考えるきっかけになった。毎回新しい発見があり、今まで「なんで悲しいのか」「相手が悪いのか」と思っていた理由が少しわかりました。いつも元気をもらって帰宅できます。ありがとうございました。

     

    ●20代女性

    回を追うごとにどんどん自分が変化し、先々週悩んでいたこととも距離を取れている自分に気づいた。定着作業では自分に必要な言葉を持って帰れたので、日々繰り返すのも想像していたより負担なく、「自分が回復するために」と取り組めました。

     

     

    プログラムを受ける中で、「泣けるようになった」「怒りの感情が湧いてきた」と変化を述べられる方もいらっしゃいました。これは、これまで強く押し込めていた感情が少しずつ動き出しているのだと言えます。その時には少し不安になったり、扱い慣れない自分の感情に戸惑うこともあるかもしれませんが、回復の道のりを着実に進まれようとしている皆さんを応援しています。

    | - | 09:30 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする