CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第16回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2019年10月12日(土)13:00 -17:30 /13日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2019 秋 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 10/5 10/19 11/2 11/16 11/30 3.フォローアップ 2020/3/28 13:00〜14:30 受講費: 税込45,360円(参加7回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
MOBILE
qrcode
<< 雑誌「発達」157号に藤木の寄稿文章が掲載されました! | main | 野田市の虐待死事件 >>
京都府乙訓障がい者基幹相談支援センター 講演報告(追記あり)
0

    京都府乙訓障がい者基幹相談支援センターで、支援者向けの講演をしてきました。

    集まられたのは障がい福祉サービスに携わる事業所または行政機関の職員の方々です。

     

    テーマは、虐待者の支援について。

    虐待の問題は、児童領域だけでなく、障害者領域でも大きな問題になっており、家族による虐待や支援者による虐待が昨今、報道でも取り上げられるようになってきました。もちろん、虐待が絶対にしてはいけないことであることは議論の余地もありませんが、その問題を改善するためには、環境や社会資源の問題だけでなく「なぜ虐待をしてしまうのか」という加害者側の心の問題に焦点化する必要があります。

     


     

    今回、この虐待防止研修を企画された「障がい者基幹相談支援センター」というのは、地域での障がい者支援の「核」といえる機関で、障害者やその家族の相談支援だけでなく、障害福祉の事業所との連携や後方支援をする大切な機関です。利用者や当事者の方の生活の質の向上を考える上で、ただ単に「虐待をしてはダメ!」と圧をかけるのではなく、一番近くで彼らを支える養育者や支援者の方の心の状態に目をむけられるような研修を、と考えておられる主催者の方々に非常に感銘を受けました。

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------

     

    2月14日追記

    研修主催者様から研修参加者の感想をいただいたので以下にご紹介します。

     

    ・日頃の業務で虐待に関係するケースは少ないが、ヘルパーさん自身が自信がないを繰り返す人がいるので「どう考えたらラクか?」と考えてみませんかと声をかけてみたいと思いました。

     

    ・実際に虐待を行った方の行動の裏にその方の育ちの経験がある事に気がついたことが良かった。

     

    ・虐待の背景にある社会の「ゆがみ」が気になります。”気の持ち方”や”考え方”という個人の認識に影響を与える社会のゆがみ(貧困、競争、成果主義、自己責任)をどう考えていくのか。それでも、SOSが出せる、SOSを受け止める人、支援機関が大事ですね。

     

    ・日頃の業務の中で関わるケースを思いうかべながら話をきくことができた。自分の考え方や感じ方のパターンを改めてふりかえることができた。しんどい状況の方に、どのように言葉をかけたらいいのか、いつも聞くことしかできないと感じていたが、どう考えたら楽になるのか、その言葉を投げかけるだけで行きづまっていることに少し別の方向からアプローチできるのではと思えた。

     

     

    | 藤木の講演・活動 | 10:34 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする