CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第16回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2019年10月12日(土)13:00 -17:30 /13日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2019 秋 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 10/5 10/19 11/2 11/16 11/30 3.フォローアップ 2020/3/28 13:00〜14:30 受講費: 税込45,360円(参加7回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
MOBILE
qrcode
<< 母子施設職員向けSEP研修をしてきました | main | SEPの紹介動画ができました! >>
あの本が電子書籍で復活します
0

    少し肌寒い春が一変して、暑いくらいの陽気ですね。皆さまお元気でしょうか。今日は作家の藤木美奈子です。

     

    このたび、出版社の講談社からうれしいお知らせが届きました。これまで絶版となり、入手不可能だった文庫本を、電子化して、デジタル利用・オンデマンド出版として再び販売しよう、という企画です。「あの本がいつまでも読めるプロジェクト」という名前がついていました。

    今回、対象になっていた私の本は以下の3冊でした。

     

    ・女子刑務所―女性看守が見た「泣き笑い」全生活
    ・ストーカー・夏美
    ・傷つけ合う家族 ドメスティック・バイオレンスを乗り越えて

     

    どれも思い出深い作品です。とりわけ「女子刑務所」は私の初作で10刷、「傷つけ合う家族」は5刷と健闘しました。「ストーカー夏美」は小説であり、初刷で2万冊ほどでしたが、増刷されなかったために、売り切れ後は入手できなくなっていました(そのためにプレミアがついて、現在、中古で25000円ほどの価格がついています) 。

     

    自画自賛に過ぎませんが、こんないい本をなんで買えなくしてしまうのかな(笑)と、自費での復刻も何度考えたかわかりません。しかし、大きな金額になってしまうので、断念してきました。

    そういうわけで、今度のお知らせはとてもうれしいものです。ただ、オンデマンドは注文があり次第、本の形にするため、文庫本の通常価格(600〜700円ほど)よりは多少高くなるかもしれず、映画一本分の金額くらいにはなりそうです。それでもこの世から消えてしまうよりはと考えていただけたら何よりです。

     

    なぜなら、私の本は、ご本人にはもちろんですが、家族の問題でしんどさをかかえた人に読んでいただきたい作品ばかりです。ちょっと気になるあの人への贈り物としてお選びいただけたらと思っています。

     

    これから準備をして、発売開始は来年2020年の春頃とのこと。入手可能になったらまたお知らせしますが、当時手に入らなかった方はぜひ講談社へご予約・お問い合わせいただけたらと思います。

     

    講談社「あの本がいつまでも読めるプロジェクト」
    電話 0120(911)700(無料)

    | 藤木の講演・活動 | 17:29 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする