CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第16回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2019年10月12日(土)13:00 -17:30 /13日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2019 秋 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 10/5 10/19 11/2 11/16 11/30 3.フォローアップ 2020/3/28 13:00〜14:30 受講費: 税込45,360円(参加7回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
MOBILE
qrcode
<< SEP研究所の公式サイトができました | main | テレビ放映のお知らせ >>
SEP受講者の4か月後
0

    先日、昨年SEPを受講された方の4か月後のフォローアップ面談を行いました。SEPを受けると、ご自身で変化を大きく感じる方もいれば、その方の変化に伴って周りの関わり方が変わることで強く変化を感じる方もいます。ここで感想の一部をご紹介します。

     

    ●思春期に入る息子との関係に悩んでいたAさん

    以前は自分が話しかけるたびに舌打ちをしていた息子が、私がSEPを受けた途端、様子が落ち着いた。あまりに態度が悪いので一緒に暮らすのが嫌なのかと思っていたけど、本音を言い合い、自然にコミュニケーションが取れるようになった。SEPを受けずにあのままでいたら、きっと自分は息子に暴力をふるい続けて、いつか壊れていたと思う。SEPを受けたことで、つきものが落ちて、解き放たれたような気分。

     

    ●思春期の子ども達との関わり方に悩んでいたBさん

    以前より感情的に言葉を発することが減った。自分が管理をする職場で誰かが辞めても「そういうこともある。私のせいじゃない」と思えるようになった。気持ちが穏やかでいられるようになり、怒っている人を見ると「私もこうやったなぁ」と冷静にみられるようになった。子どもとはまだ衝突しそうになることもあるが、以前のような全てに対する諦めの感情のようなものは減っている。少しずつ自分の状態についても伝えて、自然に関わっていきたい。

     

    SEPは、だいたい2か月〜2か月半の間で、隔週5回のプログラムを受講します。

    その後は、参加者の皆さんそれぞれにプログラムで学んだことを思い出しながら、日々出会うトラブルや自分をつらくさせる考えに対し、どう考えるとラクになるのかを考え、それを習慣化させるための作業を繰り返します。変わるスピードは人それぞれですが、しっかりと続ければ、たった5回の学習で身につけたものが、一生ものの効果につながる、と私たちは考えています。

     

     

    現在参加可能なSEPは秋期SEPで、10月5日からスタート予定です。詳しくはホームページをご確認の上、お問い合わせください。

    | SEPニュース | 15:52 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする