CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年4回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第18回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2020年5月16日(土)13:00 -17:30 /17日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 38,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2020 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 8/8 8/22 9/5 9/19 10/3 3.フォローアップ 2021/2/6 13:00〜14:30 受講費: 税込65,000円(参加6回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
【2日間】第6回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2020年2月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< 2019年 研修・講演情報【更新あり】 | main | 「日本子ども虐待防止学会第25回学術集会ひょうご大会」発表報告 >>
京都府京田辺市で教職員向けの研修を行いました
0

    12月17日、京都府京田辺市で保育所・幼稚園・小学校・中学校の教職員の方向けの講演をしてきました。

     

    テーマは

    「育ちの傷」を「自尊感情」へ 〜教員が子どもにできること〜

     

    いただいた感想の一部を以下にご紹介します。

     

    ---------------------------------------------------------

     

    ●家庭環境により、色々な問題が出ている子どもたちに「あなたは悪くないよ」というのを日々伝えていきたいと思いました。また、自尊感情を高めるためにも、日々の声かけの中で、自分を肯定的にとらえられるような言葉(その子のマイナスな発言に対して、「でも〜もできる」「〜のような良いところがある」などをかけていければと知りました。

     

    ●「育ちの傷」を治すのは「ことば」、という言葉に救われた気持ちになりました。辛かった体験をしっかり聴いて、良いところ探しをすることが自尊感情につながると知り、普段行っていることはまちがっていないなぁと、私自身また、頑張ろうと思えるお話しでした。ありがとうございました。幼い子どもたちですが、家庭を背負って幼稚園にくる子も多いので、包み込む温かいかかわりで日々過ごしたいと思います。

     

    ●子どもたちの自尊心や愛着を高めていくことは、本当に難しいと思います。日々、一言二言でもやり取りすることによって、積み重なって信頼関係ができていくのだと思います。子どもたちを保育しているので、日ごろからの触れ合いの機会をさらに、大事にしていきたいと思いました。

     

    ●今回の講演を通して、虐待を受けている子どもに目をむけるだけでなく、虐待している親、世代間連鎖で苦しむ親に対しても、「言葉」で安心感を与えていく「個の大切さ」を学ばせていただきました。また、「育ちの傷」について、SEPのようなプログラムで自尊感情を回復させるという専門的なことも学ばせていただき、とてもよかったです。ありがとうございました。

     

    --------------------------------------------------------

     

    子どもが気になる言動をする時、問題行動を起こす時、必ずと言っていいほどその子どもは家庭で苦しい状況に置かれています。その認識と、その背後にある養育者の心理的な課題を子どもに関わる教職員の方々が意識して子どもに関わることができれば、子どもたちのその後の人生は違ったものになります。家庭に課題を抱える子どもが学校で問題を起こすのはその子のせいではないのです。「育ちの傷」についての理解をした上で子どもたちに関わることができれば、きっとこれまでと違う言葉かけ、関わり方ができるのではないでしょうか。

     

    | - | 14:46 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする