CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年4回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第18回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2020年5月16日(土)13:00 -17:30 /17日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 38,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2020 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 8/8 8/22 9/5 9/19 10/3 3.フォローアップ 2021/2/6 13:00〜14:30 受講費: 税込65,000円(参加6回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
【2日間】第6回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2020年2月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< 東日本の皆さん、東京でSEPを開催します | main | 2020冬(第16回)SEP終了 参加者の感想 >>
兵庫県小野市にてスーパーバイズ研修を行いました
0

    3/6、兵庫県小野市にて相談員や対人支援に携わる方を対象としたスーパーバイズ研修を行いました。

    今回、新型コロナウイルスの問題で開催が危ぶまれましたが、、参加者同士の間隔が十分にとれるように広い会場に会場変更していただいたり、開催時間をコンパクトにまとめていただく等、主催側で十分な配慮をしてくださったおかげで、無事開催されました。

     

    講演タイトルは「親に壊された心の治し方 〜私は「育ちの傷」をどう癒し、支援してきたか〜」です。

     

    30名程度の参加者の内訳は、男女参画センターや、地域包括支援センター、学校、市役所、適応指導教室などで支援に日々関わる方々で、講演にも非常に熱心に耳を傾けて下さいました。いただいた感想の一部を以下にご紹介します。

     

     

    ●虐待の世代間連鎖から認知行動療法まで、理論的に説明いただき、わかりやすかった。

     

    ●SEPを初めて知りました。(私は)教員なので、心の傷をいやすことで、学生たちの気持ちを学業に向けていくことができる可能性を強く感じました。

     

    ●日本の医療の精神薬を出しすぎるということに対しての問題意識にとても共感した。

     

    ●とても分かりやすいお話でした。薬よりも心理的な支援で治るという話がとても共感できました。今後、支援の中で自分もそう自信を持って伝えていけるようになりたいです。

     

    ●「相談・支援の場面は、認知修正のチャンス」という話が一番心に残りました。認知修正ができるよう相手をほめたり、まずは「自分の良い所を毎日言ってみよう」などの言葉がけを実践してみたいと思います。

     

    ●普段支援している対象者からよく聞く言葉について、その言葉の裏にどのような思いがあるのか知ることができた。自罰的な思考、自尊感情が下がっている子どもへの声かけ、支援の良い参考になりました。ありがとうございました。

     

     

    たくさんの感想、ありがとうございます。目の前にいる人の発する言葉や振る舞いに注目すると、その方の考え方のクセや抱えている課題に気づくことができます。薬を飲むだけでは、傷つきを回復させることはできません。目の前の方の回復を支援するためには、まずその生きづらさについて理解を深めることが重要です。是非、SEPを支援に取り入れられるよう、学びを深めていただければと思います。

     

     

    SEPの理論を理解する・実践に活かすために、SEP実践者養成研修に是非ご参加下さい。初級・中級研修を修了し、スタートセットの頒布を受ければ特別な資格が無くてもSEPを皆さんも実施することができます。

    お問い合わせ・申し込みは、labo@wana.gr.jpまでメールでご連絡いただくか、公式HPからお問い合わせください。

     

    | 藤木の講演・活動 | 11:33 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする