CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年4回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第18回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2020年5月16日(土)13:00 -17:30 /17日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 38,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2020 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 8/8 8/22 9/5 9/19 10/3 3.フォローアップ 2021/2/6 13:00〜14:30 受講費: 税込65,000円(参加6回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
【2日間】第6回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2020年2月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< 2020年 研修・講演情報(9/7更新) | main | 11/7 スキーマ学習会&向精神薬の学習会 参加者募集 >>
好評御礼 9/5岸和田市講演
0

    先日来お知らせしていた通り、去る9月5日に大阪府岸和田市にて藤木が一般向けの講演をおこないました。

    コロナ禍にも関わらず、会場にはたくさんの参加者が足を運んで下さいました。

    中にはWANA関西のプログラムや研修を受けられた方の姿もあり、皆さまから温かいご感想をいただきましたので、その一部をご紹介します。

     

    ●藤木美奈子さんの著書を読んで、講演をお聞きしたいと思っていました。「女子刑務所」「ストーカー夏美」などなど、良かったです。ドラマ化して欲しいです。険しい山を選んだ人生に胸を張れ!どんな経験も自分の宝物なのですね。藤木さんの優しさに感謝です。

     

    ●今まで客観的にしか耳にしていなかったことが、実際先生の過ごされてきた人生を通してのお話が聞けたことや活動の中で皆さんが改善されていることを知りとても勉強になりました。有難うございました。又、私自身、身の周りに悩んでいる人がいればお伝えさせて頂こうと思いました。

     

    ●講座を聞く前は自分はサイテイな母親だ。とか、すぐに怒ってしまったり、自分の感情をコントロールするのに必死でした。これからも必死になるとは思いますが、先生に教えていただいた、認知修正アプローチを自分なりにして改善していけたらいいなと思いました。

     

    ●虐待の種類によってダメージを受ける脳の部位に違いが出てくるのですね。心理的な課題を薬に頼って治すのは問題がある等、自分の"DV"に対する考え方はまだまだ学習が必要の様です。有難うございました!

     

    皆さま、それぞれの立場や経験と照らし合わせ、今回の講演に耳を傾けて下さったことが伝わってきます。参加された皆さまの今後の生活の中で、ふと今回の内容に思いをはせたり、活用していただける瞬間があることを願っています。

     

    | 藤木の講演・活動 | 11:39 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする