CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年4回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第18回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2020年5月16日(土)13:00 -17:30 /17日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 38,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2020 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 8/8 8/22 9/5 9/19 10/3 3.フォローアップ 2021/2/6 13:00〜14:30 受講費: 税込65,000円(参加6回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
【2日間】第6回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2020年2月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< 好評御礼 9/5岸和田市講演 | main |
11/7 スキーマ学習会&向精神薬の学習会 参加者募集
0

    【お知らせ】11/7 スキーマ学習会&向精神薬の学習会を開催します

     

    当事者、支援者、どなたでも参加できる学習会のお知らせです(どちらか一方だけの参加も可能です)。オンラインでのご参加も歓迎しますので、是非お気軽に!

     

     

    ●日時

    2020年11月7日(土)13:30〜17:00

    1部 13:30〜15:30 「スキーマ学習会」 講師:藤木美奈子(博士)

    2部 16:00〜17:00 「現場で活かす 向精神薬の基礎知識」 講師:坂本亜里紗(臨床心理士・公認心理師)

     

    ●参加条件 

    1部 当事者「SEP」もしくは「SEP支援者研修」修了者で、ご自分のスキーマに関心のある方。

    2部 薬物治療の是非に関心のある方、迷っておられる方、どなたでもご参加いただけます。

     

    ●参加費

    1部・2部とも…税込6,000円(スキーマチェックおよび2部の参加費込)

    2部のみ…税込1,500円

     

    ●申込方法

    labo@wana.gr.jp(担当:坂本)まで、,名前、△電話番号、参加したい講座、をお送りください。スキーマ学習会は事前の郵送でのやりとりが必要となりますので、なるべく10/29までにお申し込みをお願いします

     

    内容の詳細は画像をご覧ください😊

    | - | 15:08 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする