CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
CATEGORIES
【2日間】第13回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年5月19日(土)13:00 -17:30 /20日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
私たちと一緒に働きませんか? スタッフ募集!!
WANA関西ではこのたび、業務拡張に伴い、スタッフを2名募集します。家庭の事情などで心理的な課題のある方や発達に障がいのあるこどもや若者・成人の自立支援を仕事にしたい方、ぜひ簡単なプロフィールを添えてご連絡ください(氏名・年齢や住所、これまでの経歴、資格など)。勤務時間や給与などの詳細をお送りします。E-mailアドレス: info@wana.gr.jp「スタッフ採用担当者」宛
2018 春 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会 2018/3/3 11:00〜12:00 2.個別面談(ひとり40分)4/7 *時間はご予約ください 3.プログラム5回  13:30-15:00 4/28 5/12 5/26 6/9 6/23 4.フォローアップ 2018/10/20 13:30〜15:30   受講費: 税込45,360円(参加8回 + 心理テスト3回込み)*説明会参加はEメールを sep@wana.gr.jp までお送りください。*まずご相談を希望される方はインテーク面談をご予約ください(心理検査込 80分:7020円)
【2日間】第4回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2018年7月14日(土)13:00〜17:30 / 15日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
こどもを育ててみませんか
0

    代表の藤木です。自身も里親として里親支援している私の知人が「里親相談会」を開催します。

     

    私が心理療法士として関わっている大阪市こども相談センター(中央児童相談所)で、引き取ったこどもを虐待してしまった里親さんが、SEP(自尊感情を回復させるプログラム)に参加されることがあります。

     

    「カッとなってしまった」と泣いて自分を責める里親さんに、「血がつながった親子であっても、子育ては難しい面を多々はらんでいるよ」と励まして、なんとか親子をつづけていけるように支援します。

     

    「人を育てる」って大変なことだけど、こどもにとって誰かと「家族」という特別な関係を持って育つことはとてもとても大切なこと。そして里親さんご自身にも人としてかけがえのない学びとなることは間違いありません。

     

    これを読まれた方で、もし関心がおありなら、ぜひ一度お話だけでもうかがってみてはいかがでしょうか。応援します。

     

    ●里親相談会を開催します。

     

    親の様々な事情で短期・長期、家庭で親と暮らせない子どもがいます。そんな子どもをご自身の家庭に迎えて、暖かく養育してくださる方を募集しています。また、養子縁組を希望される方のご相談もお伺いします。

     

    当日は里親支援相談員と、里親である私、和田隆博が里親制度や登録方法について、個別にご相談いたします。事前の申し込みは不要、料金もかかりません。里親に関心のある方は、ぜひお立ち寄りください。

     

    ○9月17日㊐ 13:00〜16:00
    ○子どもデザイン教室(地下鉄御堂筋線 西田辺駅2号出口、南港通りを東へ450m)
    ○主催:大阪市こども相談センター・一般財団法人市民共済会
    ○お問い合わせ:電話06-4301-3156(里親相談担当)

     

    | 藤木コラム | 09:08 | comments(0) | - |
    第12回 初級SEP実践者養成研修 定員となりました
    0

      このたび、10月7,8日に開催予定の第12回初級 SEP実践者養成研修のお申込みが定員に達しました。

      (今後お問い合わせいただいた方は、キャンセル待ちのご案内となります)

      他の業務の都合や研修施設のキャパの問題もあり、なかなか全ての方のご希望に添えず、申し訳ございません。

       

      つきましては、2018年5月19,20日に次回のSEP実践者養成研修を開催いたしますので、

      今回お申込みが間に合わなかった方、ご関心がおありの方は是非こちらにお申込みください。

       

      お申込みは、表題(件名)を「SEP研修参加希望」としていただき、参加希望者のお名前を

      必ず記載の上、labo@wana.gr.jpまで。

       

      | SEPニュース | 14:17 | - | - |
      いい暴力、悪い暴力はありません
      0

        「日野皓正が中学生に「指導」という名目で暴行を加えた事件に対し、保坂展人世田谷区区長の対応が批判を呼んでいます。過去、教育ジャーナリストとして、体罰や管理教育に対し批判の声を挙げてきた態度と言行不一致しているのではないかというのが、批判の主な内容です」

         

        私も今、テレビを観ていたら、この問題を取り上げていた。

        番組のコメンテーターは「容認派」が多い。保坂さんもしっかりしてよ。

        私が観た中ではサンジャポの太田光さんくらいかな、真向から批判してたのは。

         

        日野さんって世界的なトランペッターという認識だったけど、結局彼もただのDV男なのね。

        この生徒とは「特別な仲だった」「親子のよう」と強調しているけど、なら、やっていいわけ?

         

        この子にも反省すべき点はあるから、謝ったのはそれでよし。でもこれとそれは別の話。

        こどもたちが大勢見てる前で、暴力でこどもを封じ込めようとした日野さんもダメ大人だし、

        それを「やっていい時もある」なんて擁護している芸能人たちは、もっとダメ。

         

        「理由がどうあれ、暴力はダメなんだ」と本気で言えないなら、

        北朝鮮を誰も非難できないし、速攻やり返す対応しかないってことになる。

        そういう問題なのよ、暴力はみんな同じなの。

        小さな暴力への容認が大きな暴力を生むことがなんでわからないのかな。

         

        体罰教員への研修とか、虐待親の再教育とかやってる私から見れば、

        こうした世間の態度がこれまでの努力をすべてダメにしてしまう。

        文化をダメにしてしまうのはマスコミではなく、アンタだよ。

         

        | 藤木コラム | 13:22 | comments(0) | - |
        TVニュースで代表藤木がコメントしました
        0

          ■2017/08/21 

          番組を見逃した人はこれをチェック!(動画はもう少しお待ちください)

           

          関西テレビ みんなのニュース 報道ランナー
          特集『大阪府警 児童虐待対策室に密着』
          https://www.ktv.jp/runner/18pm/2017_08_21.html


          ■この放映後に、SEP卒業生からこんなメッセージをいただきました。


          先生!今、偶然テレビに先生が出てるの拝見しました。💦
          やはり私も歩んで来た道で、
          先生の言葉『親へのケアを大切にしてあげてほしい』ってのが
          心に響き涙でました。

          私は、早い段階で先生に会えて凄く良かったです。
          そのお陰で家族円満仲良し家族です。
          これからも見守って下さいね。

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          【藤木】 番組に登場したAさんは、なかなかSEPに近寄れなかった。

          出会ってから20年は経っているかな。

          それまでは非公式に支援していた。

          彼女は子ども時代から、何度も何度もわが家に泣きに来てた子だ。

           

          彼女自身が母親になり、子育てが難しいことに悩み、

          やっと「SEPに参加してみる」と言ってくれた時はうれしかった。

           

          生育過程でついた『育ちの傷』にまず気づくまでに長い時間がかかる。

          誰でも自分の親や育ってきた環境を否定したくないからね。

          それを認めて治療しようと決心するまでにさらに時間がかかる。

           

          こうした自尊感情回復プログラムを子どもの時に受けさせられたらと言う人は多いが、

          そういう理由で子ども時代にプログラムに参加させることは難しい。

           

          たくさんの人がEメールでコンタクトをとってくるけど、

          名前はもちろん、年齢や住居地(○○県)すら書いてない人も多い。

          怖いのだろうが、それでいろいろ相談して来られてもこちらは答えようがない。

           

          「遠いから行けない」という人も。

          でも北海道や沖縄から飛んでくる人もいる。

           

          連絡をとりあってる中、急にナシのつぶてになる人、

          プログラムをドタキャンする人など、

          ため息が出るほど礼儀を欠いた人もいる。

          すべて「育ちの傷」がさせていることだろうけれど、

          時々は、こっちだって悲しくなる。

           

          焦る必要はない。

          来れる準備が整った人から来てくれたらいい。

          (私の年齢で言うと、あと数年しかやれないかもだけど)

           

          自分について情報を開示してもいいと思えたら、

          自分のためにお金を使ってもいいと思えたら、

          その時が本当の回復のタイミングだ。

           

          それまではしっかり悩み、苦しむことが大事。

          それが再生への強力なエネルギーになる。

          ただ、あまり年齢が高くなりすぎると変われない人が多いと感じている。

           

          一番大事なのは「支援のタイミング」。

          その人が「変わりたい」と心から思った時にそばにいること。

          私は今日もここで、あなたからのSOSを待っている。

          | SEPニュース | 11:21 | comments(0) | - |
          関西TV「児童虐待 警察と行政と民間の連携(仮題)」に出ます。
          0

            関西TVが、「児童虐待 警察と行政と民間の連携(仮題)」というテーマで取材に来ました。

            放映予定は8/21(月)18-19時のうち10分程度です(予定が変更されることがあります)。

            「みんなのニュース 報道ランナー」 https://www.ktv.jp/runner/

            | SEPニュース | 16:22 | comments(0) | - |
            SEP受講費用の改定について(2018年春期以降)
            0

              いつもお世話になっております、SEP研究所です。

              さて、本日はSEP(当事者向け)の受講費用の改定についてのお知らせです。

               

              WANA関西は2015年、それまで20年続いた「NPO法人」を「一般社団法人」へと法人替えをして再スタートしました。精神や知的に障がいある方のための自立(生活)訓練事業「Maluhia」と同時に「SEP研究所」をスタートさせることで、それまで公共機関や福祉施設でのみ実施してきた自尊感情を高めるプログラム「SEP」を一般向けに実施するためです。

               

              費用については、幅広く提供するために、当初より3年間は料金を約20%程度抑えることを方針として参りました。したがって3年が経過する2018年春からは、正規料金で実施させていただくことを予めお知らせしておきます。

               

               ■SEP参加料金(税抜)【2017年秋期まで】35000円 → 【2018年春期〜】42000円

               

              ここに含まれるものは、・説明会 60分(無料)

                           ・個人面談 60分×1回

                           ・セッション 90分×5回

                           ・フォローアップ(4ヶ月後)ミーティング 120分×1回

               

              全7回、所用時間は約10時間です(5名参加の場合。参加者数によって若干増減があります)。

               

              SEP研究所では、自尊感情が低いためにさまざまな苦労をされている方に、認知行動的アプローチを核とし、育ちの傷を癒すプロセスを組み込んだ学習法SEPを、短期間かつ経済的にも負担のない価格で皆さまに提供することを目標として運営しています。

               

              これが高いか安いかは、一般的な心理カウンセリングや精神療法(保険適用外、平均 1時間1万円)と比較していただければご理解いただけると思います(院生が担当する大学院の心理センター等は1時間あたり3000円の場合があります)。

               

              一方、最近ではお問い合わせが多く、現在のところ来春まで予約が詰まっています。また、関東方面など遠方の方にはご不便をおかけしています。東京での開催も検討しましたが、SEPの価格帯では出張経費を支払うとスタッフの賃金が出なくなりますので、現状のところは断念せざるをえません。かと言って、高額な価格帯で実施するのは、当初の目標に反しており、悩ましいところです。

               

              これはひとつの案ですが、各地の男女共同参画センターなどの公共機関に、SEPを企画として実施してください、と掛け合ってみるのもひとつの手だと思いますし、お近くの方同士が呼びかけて、出張経費をシェアするという手もあるのではないでしょうか。

               

              しかしながら、回復を強く望まれる方は、これまで九州からでも北海道からでも通って来られました。

               

              「海外旅行に行ったと思えば安いもの」

              「頑張ってバイトして、高速バスで来た」

               

              そんなうれしい言葉もいただきました。

               

              こうした励ましを支えに、SEP研究所はこれからも、当事者の立場に立った、効果のある心理支援を広く提供していきたいと考えております。ご支援とご理解をどうぞよろしくお願いいたします。

               

              2017.8 SEP研究所

               

              | SEPニュース | 14:25 | comments(0) | - |
              読売新聞に掲載されました
              0

                読売新聞に藤木の活動に関する記事が掲載されました。

                以下、平成29年7月24日(月)付 読売新聞より転載

                 

                -------------------------------------------------------------------

                孤絶 家族内事件 第3部「幼い犠牲」

                 

                 父から性被害18年

                 児童虐待の中でも被害が表面化しにくく、心に深刻な傷を残すのが性的虐待だ。被害を打ち明けられないまま、苦しむ被害者もいる。

                 「暗闇のどん底にいるみたいだった」。27歳までの18年間、実父から性被害を受け続けた女性(44)にとって、両親と暮らした日々は忌まわしい過去だ。

                 東日本の片田舎で育った父親は「返事がない」などささいなことで激高し、母親や子に当たり散らした。ベルトやハンガーで殴られ、背中がみみず腫れになった。働いていた母親は、家にいないことが多かったという。

                 初めて被害に遭ったのは9歳の時。学校から帰って昼寝していた時、下半身を触られた。以降、父親は、家族のいない時間に忍び寄ってきた。従わないと髪の毛をつかんで引きずり回され、顔を何発も殴られた。「誰にも言うな。話したら、お前も家族も死ぬしかない」と口止めされ、毎週のように苦しめられた。母親が家を空けるたび、恐怖におびえた。女性は「家では笑った記憶がないし、食事をしても味を感じなかった」と振り返る。

                 **

                 小学校5年生の時、耐えきれず、母親に被害を打ち明けた。だが、母親は、父親の「もうしない」という言葉を信じ、「なかったこと」にした。その後も被害は続いたが、母親は「見ないふり」を続けた。

                 救いは家から出られる学校だけだったが、友人には殴られたことは話せても、性被害は明かせなかった。16歳の時、初めてできた恋人に話したが、本当だとは思ってもらえなかった。

                 父親に触れられた体が汚く感じられ、自分は生きている価値がないと思った。自分が死ぬか、父親を殺すか。思い詰め、何度も包丁を手首にあてたが、踏み切れなかった。

                 **

                 

                 支援団体知りSOS

                 さらに被害が続いていた20歳代前半の頃、勤務先で、父親から性虐待を受けたという被害者の話が載った週刊誌の記事を見つけ、「私と同じだ」と思った。4年間悩んだ末、記事にあった支援団体に「助けて下さい」と手紙を書くと、すぐに電話が来た。

                 「家を出なさい。あなたのお父さんは犯罪者だよ」。初対面でそう言ってくれたのは、自身も性的虐待の被害者で虐待被害者の支援事業を行う一般社団法人「WANA関西」(大阪市)代表理事の藤木美奈子さん(58)。被害を受け止め、「おかしい」と言ってくれた人は初めてだった。1か月後、黙って家を飛び出した。

                 その後、藤木さんのもとに身を寄せ、住まいや仕事を見つけた。その少し前、ずっと寄り添い続けてくれる恋人もできた。被害に憤り、「本当に大変だったね」と長い苦しみを受け止めてくれた恋人と、女性は35歳で結婚。今は2人の子に恵まれ、はしゃいだ笑顔や静かな寝顔に幸せを感じる。

                 それでも、時折、父親に襲われる夢を見る。父親も母親も許せないが、昔のような憎しみから、哀れみの感情に変わってきた。安心できる居場所ができ、暴力によるゆがんだ関係しか結べなかった家族の悲しさも、少しだけ分かったからだ。

                 「あなたの家族、いつも笑っているね」。女性は最近、友人にこう言われたという。心から笑えなかった人生が、変わってきたと感じる。今も同じような被害に遭っている人に伝えたい。「助けてくれる大人が必ずいる。勇気を出して逃げて、助けを求めてほしい」と。

                 

                支配欲 ゆがんだ動機

                 性的虐待被害者の心のケアを行っている西沢哲・山梨県立大教授(臨床心理学)は、「親らによる性的虐待の目的は、性的欲求を満たすことと考えられがちだが、実際は相手を支配したいという欲求が動機になっていることが多い」と分析する。

                 中学生の養女への強姦罪などで2年前に実刑判決を受けた40歳代男性は6月、近畿地方の刑務所で取材に応じ、「反抗する娘を許せず、痛めつける手段としてやった」と語った。男性は、養女が小学生の時に妻と結婚。思春期になるにつれ、生活態度を叱っても言うことを聞かなくなり、殴るとともに性的虐待を行うようになったという。

                 2015年度に児童相談所が対応した性的虐待事案は1521件で、全体の1.5%。西沢教授は「欧米では性的虐待が1〜2割を占めており、多くの被害が表面化していない可能性がある」と指摘している。

                 性被害の相談は、治療なども一元的に担う全国の「ワンストップ支援センター」などでも受け付けており、内閣府のホームページに連絡先が掲載されている(http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/pdf/one_stop.pdf)。

                 

                ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

                 

                先日の国会内で新たに刑法改正案が成立し、2017年7月13日に施行された。

                その改正内容には「監護者わいせつ罪および監護者性交等罪の新設」という項目で、

                18歳未満の児童を現に監護する者が、その影響力に乗じて児童にわいせつ行為や性交等をした場合に、

                強制わいせつ・強制性交等と同様に処罰する「監護者わいせつ罪」と「監護者性交等罪」が新設されている。

                この法改正によって、少しでも多く早く被害に遭っているこどもが救われることが望まれる。

                 

                | SEPニュース | 16:33 | comments(0) | - |
                第2回中級 SEP実践者養成研修、終わりました!
                0

                  第2回中級 SEP実践者養成研修 開催報告

                   

                   

                  去る7月15日、16日の2日間、WANA関西にて第2回中級SEP実践者養成研修を

                  開催しました!

                  とっても暑い3連休中の2日間でしたが、全国各地から集まってくださった熱意溢れる支援者の皆さま、

                  本当にお疲れ様でした。

                   

                  昨年からスタートした中級研修ですが、前回の参加者さまより様々なご意見やリクエストをいただき、

                  より実践に生かせる要素を確実に身につけていただけるよう、大きく内容もグレードアップした研修となりました。

                   

                  1日目は認知修正特訓。

                  初級で学んだの認知修正の方法の復習から始まり、多くの事例に触れ、

                  よりスピーディーに認知修正ができるようになる特訓をしました。

                   

                  また、2日目はSEPファシリテーター実践ワークと、効果の検証と分析など、

                  実際のグループ運営の体験、認知修正の進め方、効果検証の方法についてを行いました。

                   

                   

                  今回ご参加いただいた皆さん、学びが足りないと思われる方には再度、中級研修にご参加いただくこともできます。

                  そして、さらなるステップアップを目指してスタートアップ研修へ進んでいただくのも大歓迎です!

                  数をこなし、援助スキルを向上させて、それぞれの現場で活かしていただけることを願っております。

                   

                   

                   

                  | SEPニュース | 10:41 | comments(0) | - |
                  当事者向けSEPプログラムに参加された方のご感想
                  0

                    先日、当事者向けSEPに参加された女性(Yさん)からのプログラムのご感想をいただきました。

                    育ちの傷から長年、対人関係や職場での対人関係に苦しんでこられた、Yさん。

                    藤木の著書からSEPに強く関心を持たれ、プログラムを受講いただきました。

                    以下、いただいたご感想をご紹介させていただきます。

                     

                     

                    ソーシャルスキルはなぜ必要なのか?

                    頭ではわかっていたつもりでも、まったくわかっていませんでした。

                    自分を守るため、自分が損をしないように、なのに、反対の事ばかりしていたような気がします。

                    表出、獲得過程に原因があって、私のせいではなかったのですね。

                    心が軽くなった気がします。これからどんな自分に変化するか楽しみです。

                    最初は少しドキドキもしましたが、今はここに来て学ぶことができて良かったと思います。

                    何故生きづらく、人と関わることが苦手だったのか順を追って理論的に説明して頂いて、

                    ストンと心に落とすことができました。

                    定着作業をする事によって日ごとに心が軽くなるのがわかりました。

                    ずっと継続していきたいと思います。

                     

                     

                    しんどい思いをしてきたのは「自分のせいではなかった」。

                    これこそが何よりも一番気づいてほしいことです。

                    Yさん、ご参加いただき、ありがとうございました。

                    | SEPニュース | 11:48 | comments(0) | - |
                    読売新聞に掲載されました
                    0

                      読売新聞(九州版)に藤木の活動に関する記事が掲載されました。

                      以下、平成29年6月26日(月)付 読売新聞より転載

                       

                      -------------------------------------------------------------------

                      面前DV こころの痛手 成人後も

                      経験者「物音、毎日ビクビク」

                      警察から児童相談所への通告が急増している「面前DV(ドメスティック・バイオレンス)」。幼い頃に心に傷を負った人は、様々な困難と向き合いながら、周囲に支えられて、懸命に立ち上がろうとしている。(後田ひろえ、写真も、本文記事一面)

                       

                      ■死ばかり考え

                      「物音にもビクビクしていた毎日。死ぬことしか考えていませんでした」

                       福岡県内に住む会社員女性(32)は、物心ついた時から、父の母に対する暴力におびえ続けていた。

                      会社員だった父は、毎日のようにパチンコに行き、負けると酒を飲んで暴れた。「貴様!」とどなり声を上げて母を殴ったり、食器を投げて割ったりした。母はされるがままで、幼かった女性は自室で布団に潜り込んで、じっと耐えていた。近くの祖父母の家へ母とともに避難したこともあり、ランドセルだけを持って自宅を飛び出したことや、母の手が震えていたことは今も覚えている。

                      女性は、父の暴力が始まると、パニックに襲われて呼吸が困難になった。物音に敏感になり、中学生の頃、トラックのクラクションを耳にして、その場に倒れ込んだ。食器をテーブルに置く音にもおびえた。

                      学校の同級生らと友人関係を築くのが苦手で、趣味や好きな食べ物を聞かれても答えることができなかった。生きることに楽しさを見いだせず、「いつ死のうか」と、そんなことばかり考えていた。

                       

                      ■対処法を習得

                       約3年前、勤務先の同僚に誘われて、困難を抱えた女性らの自立を支援する一般社団法人「WANA関西」(大阪市)の講演会に足を運んだ。代表理事の藤木美奈子さんは、幼少期にDVを目撃することがトラウマとなり、生きづらさにつながることを伝えていた。「私のことだ」。会場で配られたアンケート用紙に、それまで胸の奥にしまい込んでいた思いの丈をつづった。

                       講演会がきっかけになり、藤木さんの支援を受け、困難に直面したときの対処法などを身につけるプログラムに取り組んだ。今は実家を出ており、同僚や友人とも良好な関係を作ろうと意識するようになった。物音に反応しても、「大丈夫」と自らに言い聞かせることで、パニックに陥ることはなくなった。

                       「DVを目撃した子供が心にどれだけ深刻な傷を負うのか、多くの人に気づいてほしい」。女性はそう訴える。

                       

                      対人関係築く力に影響

                       米ハーバード大と共同で、面前DVが脳に与える影響を研究していた「福井大子どものこころの発達研究センター」の友田明美教授(小児発達学)によると、幼少期に親同士のDVを目撃し続けた人は、脳の視覚野が小さくなる傾向にあるという。

                       外部からのストレスに耐えられるよう、脳が視覚を通した情報量を減らそうとすることが原因とみられ、その影響で、面前DVの被害者は、他人の表情を理解しづらくなり、対人関係がうまくいかなくなるなどの課題を抱えやすくなるという。

                       友田教授は「面前DVの被害にさらされている子供たちに社会全体で目を向けて、支援機関につなごうと努力することが大切だ」と強調する。

                      ------------------------------------------------------------------

                      | SEPニュース | 13:23 | comments(0) | - |
                      << | 2/24PAGES | >>