CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年4回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第18回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2020年5月16日(土)13:00 -17:30 /17日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 38,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2020 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 8/8 8/22 9/5 9/19 10/3 3.フォローアップ 2021/2/6 13:00〜14:30 受講費: 税込65,000円(参加6回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
【2日間】第6回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2020年2月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
関西こども文化協会合同研修にて講演してきました
0

    関西こども文化協会は、国連「子どもの権利条約」の具現化をミッションに掲げ、「子どもの最善の利益」を求めて子どもが抱える課題・困難を解決するため、虐待事案についての電話相談、課題を抱える子どもに対する様々な支援事業、子ども食堂や子育て支援など、さまざまな活動を展開しています。

     

    1月29日は、協会内で様々な支援に携わるスタッフの皆さんにご参加いただいての、合同研修にて講演してきました。40名超のスタッフの方に今回学習いただいたテーマは、

    「親に壊された心の治し方」〜私は「育ちの傷」とどう向き合い、支援してきたか〜

    です。

    いただいた感想の一部を以下にご紹介いたします。

     

     

    ●生きる中での困難さの裏に生育歴が影響することは、日々支援する時に感じていたことでもあり、先生のお話を聴かせていただき納得でした。その傷を治すのは「言葉」。直接支援する私にはとても重い言葉であり、自分の使う言葉ももう一度振り返りたいと思います。

     

    ●電話口で何気なく耳にするワードが実は過酷な状況であるかもしれないと想像しながら対応する視点が必要だなと思いました。

     

    ●世代間連鎖の問題のお話を聞きながら、自分自身の生い立ちを振りかえりを行っていました。全然無関係な話ではないことに気付きました。

     

    ●大人が変われば子どもは変わる

     

    ●心理療法で脳が回復するという内容は現場で直接支援に携わるものとして、興味深いと思いました。実際、支援する中でその子にどのような影響があるのか未来のことはわからないので、日々どのようにかかわっていくか考えることも多いですが、肯定的なかかわりがその人の思考を少しでも変えていけるなら、これからも丁寧にかかわっていきたいと思います。

     

    ●認知行動療法は自分でしたことがあるのですが、「反復する」というところで少しくじけてしまった経験がありました。そこが大切なことだったんだと気づけました。

     

     

    支援者として、相談者の問題に向き合う際、「育ちの傷」についての理解をしておくことは非常に重要です。また、自分自身の認知の歪みに気づいていれば、目の前のケースは全く違って見えてきます。子どもを守るため、子どもの問題改善のためには、親へのアプローチが不可欠です。

    SEPのファシリテーターを養成するための「SEP実践者養成研修」は、初級、中級を修了すれば、スタートセットの購入ですぐにご自身でも開催することが可能です。個別でもグループでも活用できるこの支援法を是非多くの支援機関で取り入れていただければと思います。

     

    現在参加者を募集している研修はこちら→https://seplabo.com/supporter/contact-for-supporter/

    | 藤木の講演・活動 | 14:24 | comments(0) | - |
    2019夏(第14回)SEPフォローアップを開催しました
    0

      去る1月18日、昨年夏に開催した第14回当事者SEPのフォローアップを開催しました。

      偶然に年齢も近い方が集まったグループだったことから、プログラム期間中から和やかな雰囲気のグループでしたが、フォローアップのこの日もさながら同窓会状態でした(笑)

       

      フォローアップは、プログラム開始から、終了後の自主学習期間の4か月間を含めての締めくくり。4か月間に感じられた様々な思いについてのシェアと、プログラムによって心理状態にどのような変化があったのかの結果表のお渡しもあります。参加者の皆さんの4か月間過ごされた感想をご紹介します。

       

       

      ●定着作業は毎日続けている。自分を褒めてあげたり、肯定的な言葉をやっている。会社でつらいことがあっても翌日気持ちの切り替えができるようになり、引きずることが無くなっている。

       

      定着作業は毎日はしていなかったが、SEPを受けて以来、毎日が楽しい。深く考えることが無くなり、落ち込むことが無くなった。

       

      ●子どもの学校関連の付き合いがしんどかったが、SEPを機に自分を見つめ直すことができた。「嫌われてもいいのでは?」と考え方の修正をしていたが、それをさらに深く掘り下げると、嫌われてもいいと思えるようになるには、自分を大事にしていないといけないなと思った。そう考えるようになったことで、人に頼ることがうまくなったし、上司に対しても言いたいことを前より言えるようになった。何も言っていいし、自由なんだ、と今は解放感を感じている。ただ、自然とそう思えるようになるにはまだ時間が必要なので、ブツブツつぶやいている。

       

      SEPを受けていた4か月前がすごい前のような気がする。参加前から自分の繊細な気質については気づいていたが、SEPに参加することで「だからそうなってたんだ」と納得したし、プログラムの最後で自分が見たかったことが見えてきた。「私は私が必要」という修正。これをすることによって、「子どもの自分」と対話するようになり、今では自分の中にいた「子どもの自分」が育ってきている。今まで抱え込んできた苦しみがどんどん溶けていき、感情を出したり、整理がつくようになった。

       

      ●SEPが終わってから、激動の日々を送っている。今回の参加で、自分は思い込みがすごいということに気づけた。伝えるのが苦手で母親からも「言ってくれな分からん」とよく言われていたが、今までは拒否されていると思っていたけど、自分も伝えられてへんことがいっぱいあったんだと分かった。その気づきによって、ワントーン世界が明るくなった感じ。イライラすることに出くわした時にも、なぜ自分はイライラしているのかを冷静に考えることができるようになった

       

       

      このようにそれぞれのペースでご自身の変化を感じておられ、生きやすさを感じておられることが伺えます。また、皆さん心理テストの結果、自尊感情、愛着、信頼感ともに非常に良い状態に変化され、プログラム後もとても安定した状態でおられることが分かりました。メンバーの中のおひとりからの発案で最後に集合写真を撮影したのですが、本当に皆さんとても良い笑顔でした。不要な苦しみの荷物を降ろして、これからはラクな気持ちで楽しく生きていっていただきたいと願っています。

       

       

      | SEPニュース | 13:56 | comments(0) | - |
      「日本子ども虐待防止学会第25回学術集会ひょうご大会」発表報告
      0

        12月21・22日の二日間、神戸で「日本子ども虐待防止学会第25回学術集会ひょうご大会」が開催されました。そこで、代表藤木と心理士の坂本が口頭発表を行いました

         

        日本子ども虐待防止学会は、子ども虐待防止を目指し、医療・保健・福祉・教育・司法・行政などの実践家・研究者が集まり、実践経験や研究・交流を通じて、わが国の子ども虐待防止についての取り組みの推進を目的とする団体です。

         

        発表のテーマは「虐待に至る認知を短期間で修正する心理プログラムの有効性〜トラウマをかかえた母親61人のグループ学習〜」です。今回の発表では、事前面談の中で、自身の子どもに対して暴力・暴言など「何らかの加害行為がある」と答えた方のうち、「(自身が)家族から何らかの被害を受けたことがある」と答えた母親61名がSEPを受講された結果を扱いました。プログラムの結果、対象61名の自尊感情、愛着、信頼感は改善しており、その結果から短期の認知行動的アプローチは効果的に働くことが示唆されました。

        発表にたくさんの方が耳を傾けて下さり、以下のようなご質問をいただきました。

         

        ・(海外で考案されたものではなく、日本で生み出されたプログラムであることから)どのあたりに日本人の文化や国民性に合うような工夫がされているのか

        ・プログラムの開催の間隔とその理由

        ・児童相談所で開催する場合、受講に意欲的でない参加者もいると思うがどのように受講への意欲を高めるのか

        ・宿題が出るとのことだが、宿題をなかなかしてこない人にはどのように対応するのか

         

        これらに対する回答については、次回SEP研究会で説明しますが、短い時間の中でとても充実したやりとりができたと思います。学会などの研究の場で発信し続けていくことの重要性を再確認しました。

        | - | 15:14 | comments(0) | - |
        京都府京田辺市で教職員向けの研修を行いました
        0

          12月17日、京都府京田辺市で保育所・幼稚園・小学校・中学校の教職員の方向けの講演をしてきました。

           

          テーマは

          「育ちの傷」を「自尊感情」へ 〜教員が子どもにできること〜

           

          いただいた感想の一部を以下にご紹介します。

           

          ---------------------------------------------------------

           

          ●家庭環境により、色々な問題が出ている子どもたちに「あなたは悪くないよ」というのを日々伝えていきたいと思いました。また、自尊感情を高めるためにも、日々の声かけの中で、自分を肯定的にとらえられるような言葉(その子のマイナスな発言に対して、「でも〜もできる」「〜のような良いところがある」などをかけていければと知りました。

           

          ●「育ちの傷」を治すのは「ことば」、という言葉に救われた気持ちになりました。辛かった体験をしっかり聴いて、良いところ探しをすることが自尊感情につながると知り、普段行っていることはまちがっていないなぁと、私自身また、頑張ろうと思えるお話しでした。ありがとうございました。幼い子どもたちですが、家庭を背負って幼稚園にくる子も多いので、包み込む温かいかかわりで日々過ごしたいと思います。

           

          ●子どもたちの自尊心や愛着を高めていくことは、本当に難しいと思います。日々、一言二言でもやり取りすることによって、積み重なって信頼関係ができていくのだと思います。子どもたちを保育しているので、日ごろからの触れ合いの機会をさらに、大事にしていきたいと思いました。

           

          ●今回の講演を通して、虐待を受けている子どもに目をむけるだけでなく、虐待している親、世代間連鎖で苦しむ親に対しても、「言葉」で安心感を与えていく「個の大切さ」を学ばせていただきました。また、「育ちの傷」について、SEPのようなプログラムで自尊感情を回復させるという専門的なことも学ばせていただき、とてもよかったです。ありがとうございました。

           

          --------------------------------------------------------

           

          子どもが気になる言動をする時、問題行動を起こす時、必ずと言っていいほどその子どもは家庭で苦しい状況に置かれています。その認識と、その背後にある養育者の心理的な課題を子どもに関わる教職員の方々が意識して子どもに関わることができれば、子どもたちのその後の人生は違ったものになります。家庭に課題を抱える子どもが学校で問題を起こすのはその子のせいではないのです。「育ちの傷」についての理解をした上で子どもたちに関わることができれば、きっとこれまでと違う言葉かけ、関わり方ができるのではないでしょうか。

           

          | - | 14:46 | comments(0) | - |
          2019年 研修・講演情報【更新あり】
          0

            【2019年】 講演・研修  

            ※今年の講演・研修はすべて終了しました

             

            1/30 【京都】乙訓障がい者基幹相談支援センター(相談員向け)

                  「傷つけあう家族 〜DV・虐待をのりこえて〜」

             

            2/8  【大阪】大阪市こども相談センター(職員向け)

                    SEP プログラム周知研修

             

            2/20 【大阪】東大阪市内 公立小学校(教職員向け)

                   被虐待児とその親への対応

             

            3/6  【兵庫】兵庫県男女共同参画センター(相談員向け)

              

            3/15 【大阪】大阪府社会福祉協議会(母子生活支援施設職員向け)

               「母子施設における自尊感情回復プログラムSEP実践者養成基礎研修」

             

            4/28 【大阪】シンママ大阪応援団(シングルマザー向け)

                シンママSEP学習会

             

            6/1・6/15 【奈良】女性の活躍支援講座1(一般向け)

                   ワタシのあしたは変えられる!〜自尊感情回復トレーニング入門〜

                ※募集終了

             

            7/5 【大阪】大阪市こども相談センター(職員向け)

               SEP プログラム周知研修

             

            7/31 【兵庫】あかし男女共同参画センター (職員向け)

                スーパーバイズ研修

             

            8/11 【大阪】シンママ大阪応援団(シングルマザー向け)

            予定  シンママSEP学習会

             

            9/20 【大阪】府内A母子生活支援施設(職員向け)

                SEPに関する研修

             

            11/6 【大阪】泉南市人権協会(一般向け)

                虐待防止に関する人権講座  *詳細は決定次第、お知らせします

             

            11/26 【京都】八幡市役所(一般向け)

                八幡市市民講座  *詳細は決定次第、お知らせします

             

            12/4 【香川】香川県女性センター(支援者向け)

                SEPに関する研修

             

            12/17 【京都】京田辺市人権教育研究会(支援者向け)

            予定  子どもの自尊感情回復を学ぶ研修

             

             

            | 藤木の講演・活動 | 11:43 | comments(0) | - |
            京都府八幡市での講演報告
            0

              気づけば12月、今年もあと数週間となりました。11月は藤木の一般の方向けの講演が2件ありましたが、その第2弾の開催報告です。

               

              開催場所は、京都府八幡市。「徒然草」の中で仁和寺の僧が目指したことで有名な石清水八幡宮のあるまちです。そちらで、親に壊された心の治し方〜私は「育ちの傷」をどう癒し、支援してきたか〜というテーマで講演を行いました。

               

               

               

              たくさんの方が講演にお越し下さり、講演後の質疑応答の時間にも非常に熱心にご質問やご感想、ご意見等をいただきました。また、参加者アンケートの結果からも高い満足度を感じていただいたのではないかと感じています。

              以下、参加者アンケートの抜粋をご紹介します。

               

              ●虐待の連鎖や損失額など考えた事がないところまで影響がある事がわかりました。

              ●精神医療のお話しをもっと聞きたかった。

              自分と向き合うことの大切さを知った。
              ●児童虐待を少しでも減らすお手伝いがしたい。
              ●日本では投薬が非常に多い。SEPを始めとした治療法が広がる必要性を感じた。
              SEPを深く学びたい。広めたい。
              虐待する側の人の理解も大切。子を守るだけでなく、親にも寄り添い支援したい。
              ●脳の影響、将来にわたる子どもへの影響の観点で保護者に説明していきたい。

              薬に頼らず、心のケアや心のトレーニングをすることの大切さが分かった。

               

               

              薬だけでは心の問題は治せない、子どもの支援のためには親支援、そして、子ども時代に負った「育ちの傷=心(脳)の傷」はほおっていても回復しません。それどころか、傷ついたままで社会に出ることで2重、3重に傷つくことになります。

              「過去のことなのに、あれからもう長い期間過ぎたのに、いつまでも苦しい」「ずっと生きづらさがある」「いつも申し訳なさ、あるいは怒りなどの苦しい感情でいっぱい」このような思いに苦しんでいる方、SEPでその生きづらさを軽減しませんか?

              SEP受講のために必要なアセスメント面談は随時お申込みいただけます。是非メールか、SEP研究所のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

              E-mail:sep@wana.gr.jp

              SEP研究所HP:https://seplabo.com/

              | - | 10:56 | comments(0) | - |
              泉南市にて 一般向け講演ご報告
              0

                11月6日、大阪府泉南市にて、藤木が人権啓発講座に登壇しました。

                当日は、20名定員のお部屋に30名以上の方が足を運んでいただき、急ごしらえでパイプ椅子を追加で出すほど。

                 

                 

                 

                一般向けの講座ということで、映像やイラストなどを多く織り交ぜながら、以下のポイントについてお話をしました。

                 岼蕕舛僚」(主に成育環境におけるトラウマ体験で負う心の傷)が人生に及ぼす影響

                講師藤木の回復までの道のりとSEP研究までの道のり

                SEPの効果

                ぁ岼蕕舛僚」を持つ人に出会った時の対応のポイント

                 

                参加した皆さんの感想の一部をご紹介します。

                 

                ●生まれて育っていく何十年もの間、抱える傷をなかなかすぐには回復できないと思いましたが、くり返し“考え方”を訓練することで必ず良くなるということに希望が持てました。「自尊感情を高める関わり」を今後も意識したいと思いました。

                 

                ●今日をきっかけに自分なりに自尊感情を高める関わりを自分・まわりの人にしていきたいと思いました。

                 

                ●育ちの傷とまでいかなくても、誰にでも何か思い当たるものがあるような気がします。その根幹を学べたような気がします。愛着の大切さを教わりました。

                 

                ●子育て中は(子どもが小さい時)必死にしているので怒ったりすることもありましたが、その時にSEPを知っていたらもっと違った子育てができたかなと思いました。

                 

                皆さん、それぞれの立場で講座から学びを深めていただくことができ、嬉しく思います。足を運んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

                | 藤木の講演・活動 | 16:26 | comments(0) | - |
                SEP研究所 新フロアをご案内します♪
                0

                  夏頃に内装を一新したSEP研究所をご案内します♪

                   

                  大阪市中央区の本町橋ビル。エレベーターで6階に上がると、

                  かわいらしいグリーンを基調とした待ち合いスペースがお出迎えします。

                   

                  そして、右側の扉から部屋に入ると、

                  SEPや少人数の研修をするグループカウンセリング室があります。

                  このビルの最上階なので、あたたかい日差しがたくさん差し込む明るいお部屋です。

                   

                  さらに奥に進むと、2つの個別カウンセリング室。

                   

                  ゆったりした空間で、安心してお話していただくことができます。

                   

                  対人関係の悩み、自分自身で抱えている心の傷はそのままにしていても回復することはありません。SEPで人生を生きやすくしましょう。是非ご相談にいらしてください。

                   

                  お問い合わせ・お申込みはこちら→https://seplabo.com/student/contact_for_student/

                  または、メールでご連絡を→sep@wana.gr.jp

                   

                  | - | 16:57 | comments(0) | - |
                  福祉施設職員向け研修をしてきました
                  0

                    福祉施設職員向け研修 研修報告

                     

                    10月2日、大阪府の母子生活支援施設の職員、および関連した対人援助の施設の職員の方を対象に、SEP(自尊感情回復プログラム)研修を行いました。

                     

                    こちらは今年3月に開催したものに引き続きの開催でした。

                    4時間の研修で、生きづらさ(SEPではこれを「育ちの傷」と呼びます)の原因は何なのか、その生きづらさによって社会生活や対人面でどのような影響があるのか、それに短期でアプローチするSEPとはどのような支援法なのかを学びます。

                    また、実際にSEPの手法を活用した面談やグループの効果を体験するために、2人1組のロールプレイ、グループSEP体験も行いました。

                     

                    感想やご質問の一部(原文)をご紹介します。

                     

                    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

                     

                    ●支援者が解決策を提案・代行するばかりではなく、本人の考える力を育てることも支援だと気づけた。面談に時間はかかるかもしれないが、少しずつ取り入れてみたい。

                     

                    ●些細なことでキレたりトラブルの多い人こそ、育ちの傷を抱えているということを改めて実感できた。誰かを悪者にすることなく、その人がより生きていきやすくなるための方法を教えてもらえた。いろんな研修に参加したが、一番効果的で即効性があると感じた。この学びを職場で共有するとともに、今後の支援に活かしたい。

                     

                    ●利用者さんに答えを求められる事が多いが、答えを自分で考えるために導く事が大事だと思いました。利用者さんだけでなく、職員間で支援の悩みを考える時に参考にできたらと思った。

                     

                    ●日々関係を築いていても、職員に対して攻撃的な苦情を出される利用者の方もおり、どうすれば良いのか、私が悪いのかと思ってしまったりする事もありました。今回の研修で「育ちの傷」が大きく影響されている事を感じ、私自身もSEPされている気持ちになりました。

                     

                    ●実際に自分が(グループワークを)体験してみてとても楽しく、いろいろな考え方も教えていただけて有意義な研修になりました。

                     

                    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

                    SEPは、一度方法を身につければずっと自分をメンテナンスし続けられる心理学習プログラムです。また、基本的な理論の学習と方法の習得さえすれば、特別な資格が無くても実施することができます。SEP研究所では当事者向けプログラム、支援者向け研修を行っておりますので、ご関心のある方は、是非お問い合わせください。

                     

                    SEPの手法を身につけて支援に役立てたい方、講演・研修を依頼したい方→labo@wana.gr.jp

                    自分の生きづらさを解消したい方→sep@wana.gr.jp

                    *お問い合わせの際は、お名前とお電話番号も必ずご記載ください

                    *お問い合わせは公式HP(https://seplabo.com/)からでも可能です

                    | - | 13:38 | comments(0) | - |
                    京都新聞、中國新聞セレクトにてSEPに関する記事が掲載
                    0

                      10/16の京都新聞、10/19の中國新聞セレクト【虐待連鎖を断つ 「育ちの傷」に向き合う】にて、SEPが取り上げられています。今後、東北、岐阜、九州等、各地の新聞で掲載予定です。(画像は中國新聞セレクト記事)

                       

                       

                      *現在参加者を募集しているSEPは2020冬期(2020年1月スタート)です。参加を検討される方はアセスメント面談が必要ですので、sep@wana.gr.jpまでメールをいただくか、https://seplabo.com/のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

                       

                      | - | 10:10 | comments(0) | - |
                      << | 2/33PAGES | >>