CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年4回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第18回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2020年5月16日(土)13:00 -17:30 /17日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 38,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2020 冬 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 1/25 2/8 2/22 3/7 3/21 3.フォローアップ 2020/7/11 13:00〜14:30 受講費: 税込45,360円(参加7回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
【2日間】第6回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2020年2月15日(土)13:00〜17:30 / 16日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
2019SEP特別集中コースを開催しました
0

    9月21、22日の2日間、「2019SEP特別集中コース」の第一回目を無事開催できました。これは、SEPの理論と手法を「2日間の合宿+オンラインによるサポート」によって、約4ケ月間でマスターするコースです。SEPは通常、隔週5回、約2か月半をかけて自分を自分で助ける方法を身につけます。しかし、遠方にお住まいなどで参加できない方が少なくなく、何とかできないか、と企画したものです。

    参加者は、北は北海道、南は九州など全国各地からの参加がありました。居住地や年齢、困難の背景はそれぞれですが、プログラムが進行するにつれ、連帯感が生まれ、2日目には通常のSEPに劣らず、数か月間をともに学んできたような雰囲気ができていました。

    参加者の感想の一部をご紹介します。

     

    ---------------------------------------------------

     

    ●自分を見つめる時間を得ることができ、何にこだわって生きてきたのかを理解することができました。何気ない言葉を一つ一つ拾って掘り下げて考えていただき、他の皆さんの意見や悩みも自分にとって勉強になり、参加して良かったと感じました。

     

    ●認知の修正について自分で本を読んだりもしたが、一人でやるのはうまくいかなかった。的確なサポートを受けながら、集団で自分の課題について客観的に考えることができたのが良かった。

     

    ---------------------------------------------------

     

    特別集中コースは、5回の通常SEPと比べると、わずか2日間で理論と手法まで学び、その後は生活の中でひとりで実践していきます。これは容易なことではありませんが、今回参加された皆さんの実践はまだ始まったばかり。この学びをしっかりと習慣化できるよう、4か月の遠隔サポートのもと、粘り強く取り組んでいただきたいと思います。  

     

    特別集中コースの開催は年に1回、秋頃の予定です。参加を検討される方はSEP研究所までお問い合わせくださいませ。

    | 藤木の講演・活動 | 11:48 | comments(0) | - |
    2019夏(第14回)SEP終了 参加者の感想
    0

      2019夏(第14回)SEPが終了し、参加者の皆さんから感想をいただきました。その一部をご紹介します。 

       

      ----------------------------------------------------------------------

       

      ●親にはちゃんと愛されている自信があるのに常に違和感もありました。私が必死にしがみついていたその愛の本当のところと向き合い、諦めることで気持ちがラクになれるなんて思ってもみなかったです。そのことに気づけたから前も向けたし、この場所と出会いがなければ、私は一生無理して自分が作り上げた親の愛にしがみついているだけで終わったと思います。

       

      ●習った修正方法で、自分を客観視し、何とかやっていけるという自信がつきました。また、根本的な自分の認知の歪みに手をつけられたので、ホッとしています。心療内科でもなく、大学の心理学科でもなく、こんなに開かれたところで認知行動療法を受けることができて本当に良かったです。

       

      ●SEPの定着作業を始めて、気持ちが軽くなるのを自覚することができた。不安・恐怖の減少を効果として感じることができた。これからも、よりリラックスできるよう、幸せを感じられるよう、無理せず定着作業を続けていきたい。

       

      ----------------------------------------------------------------------

       

      今回のグループは和気あいあいとした雰囲気でありながら、時に、参加者同士が手を取り合い涙するような場面もある、とても印象的なグループでした。「こんなにつらかったのは自分だけじゃなかったんだ」。SEPに出られた方は皆さん口をそろえて、そう驚かれます。皆さんここでの仲間との出会いが、これからの皆さんの人生に大切な経験として残ることを願っています。

       

      現在参加可能なSEPは2020冬期SEPで、来年1月25日からスタート予定です。それまでにアセスメント面談を受けていただく必要がありますので、検討されている方はお早めにご連絡くださいませ。

       

       

      | SEPニュース | 12:36 | comments(0) | - |
      2019冬(第13回)SEPフォロー 開催報告
      0

        2019冬(第13回)SEPフォローを開催しました。

         

        酷暑の最中の8月10日、2019年1月〜3月にSEPに参加された皆さんが一堂に会し、SEPフォローアップを開催しました。参加された皆さんの変化たるや!力強い雰囲気、目にも輝きがあり、まるで憑き物が取れたような…(笑)

         

        この4か月で皆さんが感じられたこととしてご報告いただいたのは、

         

        「しんどくなった時には認知修正を思い出してやった」

         

        「今のお気に入りの修正は『私は私のままでいい』です」

         

        「今までみたいに、必要以上に自分を責めたり、無理してイヤな人と関わらなくていいと思えるようになった」

         

        「苦手な人といても、イヤなことを言われなくなった」

         

        「以前はフタをしていた過去の出来事と向き合えるようになった」

         

        「自分の気持ちに素直になって、休みたい時は休めるようになった」

         

        「父に今まで言えなかった自分の気持ちを言えるようになった」

         

        「周りの家族に『変わったね』と言われる」

         

        というような感想でした。

        その方によって自分が一番変化を感じている方や、周りが突然の変化に驚いているという方もおられるようです。いずれにしても生きやすくなられたことは確かなようで、心理テストの結果からみても皆さんとても心理状態が良い方に回復していました。参加者のおひとりが「今までがんじがらめで生きてきたけど、こんなに生きやすくなれるんだと実感している。来て本当に良かった」と明るい表情でおっしゃり、皆さんが大きくうなづいておられました。

         

        これまで人生を「苦行」のように生き抜いてきた多くの方にSEPを届けたい。SEPで、その後の人生を少しでも生きやすいものにできるように、支援の輪を広げながら活動していきたいと強く感じた日でした。

         

        ------------------------------------------------------

         

        ●現在参加者募集中の当事者SEPは2019秋(今年10月スタート)です。日程はSEP研究所HP(https://seplabo.com/sep/#sepschedule)をご覧ください。この回が本年最後の開催です。

        ●SEPを皆さんの地域でも開催しませんか?理論とノウハウを身につければ、ご自身で開催することができます。支援者研修の詳細はこちら(https://seplabo.com/supporter/)をご覧ください。

        ●その他のお問い合わせはSEP研究所(labo@wana.gr.jp)まで。

        | SEPニュース | 16:55 | comments(0) | - |
        先日の朝日放送のラジオ出演
        0

          7月4日に藤木が出演したABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」ですが、遠方で聞けなかったというお声もありましたので、こちらで内容の一部をご紹介させていただきます。(以下、やり取りの一部を抜粋、要約)

           

          --------------------------------------------------------------------------------------

          ※「道」:道上さんの発言、「藤」:藤木の発言

           

          道:先週は理化学研究所の黒田公美リーダーに出演いただき、脳科学の視点から親子の虐待を考える話をしていただいた。その理化学研究所のHPにも紹介されているプログラム「SEP」を実施している大阪のWANA関西代表藤木美奈子さんに来ていただいた。

           

          道:ご自身も虐待を受けた経験が?

          藤:残念ながら。虐待にも身体的、心理的…など種類がありますが。私の場合は18歳の未婚のシングルマザーの母親から生まれ、夫もいない、お金も家も仕事も無いという「無い無い尽くし」。母親のパートナーが何度も変わる中で、自分も虐待を受けたし、母が暴力を受ける姿を見る、面前DVもありました。

           

          道:子ども時代、一番大変だったのは?

          藤:性的な暴力もあったが、相談する先も分からないし、言ったところで分かってもらえない中で、いつしか「大人には話してもムダなんだな」と諦めていきました。私の場合は、誰かに助けてもらって変わるという体験は無く、高校卒業後、「結婚」という形で家を出ましたが、その結婚相手もDV夫で、26、7歳まで暴力にまみれた生活を送りました。

           

          道:どのような経緯で「SEP(自尊感情回復プログラム)」を?

          藤:元夫と離別した後も心の傷に苦しんでいたのですが、そんな中、刑務所で勤務していた時の経験を本に書いたところ、メディア取材や講演依頼を受けるように。そこから自分の社会での役割を考えるようになり、現在やっているような活動につながっています。

           

          道:刑務官時代、虐待で服役している人も見てきた?

          藤:いました。ただ女性の場合は、男性に支配されて犯行に及ぶというのが多かったように思います。男性に逆らえず最終的に虐待死させてしまったり、あるいは、シングルマザーで経済的にも精神的にも追い詰められて子どもの命を絶ってしまうというような。私の母親自身も子ども時代に十分に愛されたり、きちんとした養育をしてもらっていなかったので、私に対してもどう関われば良いか分からなかった。子どものことが憎いというよりも、精神的に不安定なことで、育児に様々な問題が生じるのだと思います。

           

          道:虐待をなくすためには親もサポートすることが大事。SEP(自尊感情回復プログラム)とはどんなもの?

          藤:主に親などが原因でたくさんしてきたつらい体験(=「育ちの傷」)があると、「どうせ無理」「自分なんかダメ!」と物事を否定的に考える習慣がつきます。そのため、すぐにカッとなったり、落ち込んだり、人間関係が苦手、というような問題が起きてきます。SEPはそのような自分を「しんどくさせる考え方」ではなく、「ラクになる考え方」を選ぶ習慣を身につけるプログラムです。

           

          道:具体的にはどんなことを?

          藤:5人ぐらいのグループで、心理学習といって「自分はなぜこんなにしんどいのか?」「子どもの時の経験とどう関係しているのか?」というような勉強をしてから、具体的な例を使って考え方を変える練習をし、「自分のせいではない」と考えるクセをつけて、日常生活でも物事を悪いように受け取らないようになることを目指します。(変化は?)もちろん全員ではないが、変わっていく人がとても多いし、5回程度の参加で終わるので参加しやすいです。変化されるのはこちらも嬉しいし、本人もラクになったり、子どもとの関係も大きく変わるのを喜ばれます。

           

          道:著書のタイトルについて。親に壊された心を治すのは決して容易ではない?

          藤:周りが想像するよりも深いし、長くかかるし、一生癒えない人もいます。言えるのは「ほっといても治らない」ということ。SEPのようなプログラムも活用してもらえたら。

           

          道:親子関係で問題が起きてしまう一番の原因は何だと考える?

          藤:親自身が自分の成功体験を強く信じて子どもを管理しようとするような親、自分が適切な養育を受けてきていないので子どもにもどう接したらいいか分からず不適切な関わりをする親など両極あるが、どちらも「育ちの傷」と言えるし、どちらも家族関係に問題を生じさせる問題になり得ます。

           

          --------------------------------------------------------------------------------------

          現在、ラジオでも紹介した通常の「SEP」の他、遠方にお住いの方向けに来所回数をグッと抑えた「SEP特別集中コース」も参加者を募集しています。詳しくはSEP研究所HPをご覧ください。https://seplabo.com/supporter/

           

          朝日放送の番組HPでは、この放送回の写真も紹介されています^^

          https://www.abc1008.com/ohapaso/

          | - | 14:00 | comments(0) | - |
          2019第5回中級SEP実践者養成研修 開催しました!
          0

            中級SEP実践者養成研修開催 開催報告

             

            去る7月13,14日の2日間、大阪市内のWANA関西研修施設にて、中級研修を開催しました。

            認知修正の1000本ノック!!ならぬ、認知修正の事例をたくさんこなす特訓や、

            小グループでメンバーの認知修正を手助けするワークなどを行いました。

             

             

            参加される方がとってもイキイキして、楽しまれるのがSEP研修の自慢!!

            参加者の感想は以下のようなものがありました。

             

            ●グループ体験の中で、相談者役をやってみて、(自分にしっくりこない)対案を出されたりしてもつらくなるだけだと体験することができました。悩みの原因が「認知のゆがみ」にあるだろうということに気づき、それを一緒に探ることが大事なのかなと思います。

             

            ●初級研修で身につけきれなかった認知修正のコツが中級研修で深く理解することができ、参加して良かったと思いました。

             

             

            ●初級、中級と学び進めることで、自分の「支援者としての課題」も見えました。自分本位にならず、あくまでも主体は相談者であることを胸に刻んでSEPをやりたいと思います。

             

             

            日々の支援の中に即効力のある支援法「SEP」を導入しましょう。

            相談者も支援者も区別なく、ラクに心地よく生きていくためのコツがここにあります。

             

             

            SEP実践者養成研修の申込はこちら→https://seplabo.com/supporter/

            当事者向けSEPの申込はこちら→https://seplabo.com/sep/

            | SEPニュース | 15:57 | comments(0) | - |
            ABCラジオ出演予定のお知らせ
            0

              藤木が朝からラジオでしゃべりますよ〜!


              ABCラジオ(朝日放送)AM1008/FM93.3
              「おはようパーソナリティ道上洋三です」(月〜金、6:30〜9:00)
              約40年、多くのリスナーに愛される長寿番組に、藤木がゲストとして出演予定です。
              出演は、7月4日(木)8:00頃〜20分程度(予定)


              もちろん、テーマは「SEP(自尊感情回復プログラム)」についてです。パソコンやスマホがあれば、「radiko(ラジコ)」で手軽に聞くことができますので、朝の忙しい時間ですが、ご関心のある方は是非♪先日の奈良の講演でも、アンケートに「講師の声が良い」との嬉しい感想が(笑)朝から藤木の声を元気になってください!

               

              ラジコ(radiko):http://radiko.jp/

              ※放送は予告なく、変更になることがあります

              | 藤木の講演・活動 | 10:38 | comments(0) | - |
              テレビ放映のお知らせ
              0

                連日、児童虐待の報道が続いています。

                6月26日(水)、関西テレビ報道番組「報道ランナー」(関西テレビ 16:45〜19:00)において、「DVから生まれる児童虐待、当事者たちの思いとは…」という切り口で虐待問題がクローズアップされる予定です。
                SEPで回復された女性のコメントや、番組内で代表藤木のコメントが紹介される予定です。是非ご覧ください。
                https://www.ktv.jp/runner/

                ※番組の内容は予告無く変更になる可能性があります

                | 藤木の講演・活動 | 13:50 | comments(0) | - |
                SEP受講者の4か月後
                0

                  先日、昨年SEPを受講された方の4か月後のフォローアップ面談を行いました。SEPを受けると、ご自身で変化を大きく感じる方もいれば、その方の変化に伴って周りの関わり方が変わることで強く変化を感じる方もいます。ここで感想の一部をご紹介します。

                   

                  ●思春期に入る息子との関係に悩んでいたAさん

                  以前は自分が話しかけるたびに舌打ちをしていた息子が、私がSEPを受けた途端、様子が落ち着いた。あまりに態度が悪いので一緒に暮らすのが嫌なのかと思っていたけど、本音を言い合い、自然にコミュニケーションが取れるようになった。SEPを受けずにあのままでいたら、きっと自分は息子に暴力をふるい続けて、いつか壊れていたと思う。SEPを受けたことで、つきものが落ちて、解き放たれたような気分。

                   

                  ●思春期の子ども達との関わり方に悩んでいたBさん

                  以前より感情的に言葉を発することが減った。自分が管理をする職場で誰かが辞めても「そういうこともある。私のせいじゃない」と思えるようになった。気持ちが穏やかでいられるようになり、怒っている人を見ると「私もこうやったなぁ」と冷静にみられるようになった。子どもとはまだ衝突しそうになることもあるが、以前のような全てに対する諦めの感情のようなものは減っている。少しずつ自分の状態についても伝えて、自然に関わっていきたい。

                   

                  SEPは、だいたい2か月〜2か月半の間で、隔週5回のプログラムを受講します。

                  その後は、参加者の皆さんそれぞれにプログラムで学んだことを思い出しながら、日々出会うトラブルや自分をつらくさせる考えに対し、どう考えるとラクになるのかを考え、それを習慣化させるための作業を繰り返します。変わるスピードは人それぞれですが、しっかりと続ければ、たった5回の学習で身につけたものが、一生ものの効果につながる、と私たちは考えています。

                   

                   

                  現在参加可能なSEPは秋期SEPで、10月5日からスタート予定です。詳しくはホームページをご確認の上、お問い合わせください。

                  | SEPニュース | 15:52 | comments(0) | - |
                  SEP研究所の公式サイトができました
                  0

                    長らくお待ちせしましたが、このたびSEP研究所の公式サイトができました。

                    →こちら  https://seplabo.com

                    seplabo.com  のみで検索していただいてもけっこうです。

                     

                    まだまだ未完成な部分もありますが、これから充実させていきたいとおもいます。

                    どうぞよろしくお願いいたします。

                    | SEPニュース | 15:52 | comments(0) | - |
                    2019春(第13回)SEP終了 参加者の感想
                    0

                      昨日、今年の春のSEPが終了しました。

                      参加者の感想の一部をご紹介します。

                       

                      -------------------------------------------------------------------------

                       

                      ●同じような心の傷がある人を対象としたプログラムなので、こういうことを話したらどう思われるだろうとか、恥ずかしいという気持ちが起こらず、かっこつける必要がなくて安心でした。遠方からの参加でしたが、移動中は現実から離れて考えをまとめたり、一人の時間を持つことができたのも良かった。

                       

                      ●参加して、同じような悩みを抱えている人達がいて、「自分だけじゃないんだ」と思え、自分を変えたいと強く思うことができた。

                       

                      --------------------------------------------------------------------------

                       

                      今回のメンバーは年齢層も10代〜50代とさまざまでしたがとても個性的で、温かい雰囲気のグループとなりました。年齢の高い参加者から年の若い参加者に対し「私ももっと若い時にSEPに出会いたかった…こんなに若いのにここにたどり着いたあなたはすごい」と言葉がけがあったり、最初はグループでの受講に慎重になっていた参加者が回を追うにつれ、「グループで良かった!」と発言されたり、と参加者同士の関わりの中で起こる良い影響がたくさん見られたグループでした。

                       

                      SEPは、グループの中での相互作用によってより効果が増します。これまでの対人関係の傷つきや不安などからグループに対して不安を持つ方もおられますが、SEPは参加者同士で直接対話する形式ではなく、やりとりの起点がいつもファシリテーター(実施者)であるため安心して参加することができます。

                       

                      *夏期SEPは募集を終了しました。

                      現在参加可能なSEPは秋期SEPで、10月5日からスタート予定です。それまでにアセスメント面談を受けていただく必要がありますので、検討されている方はお早めにご連絡くださいませ。

                       

                      | SEPニュース | 11:09 | comments(0) | - |
                      << | 2/32PAGES | >>