CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第14回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年10月6日(土)13:00 -17:30 /7日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2018 秋 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会 2018/8/25 10:30〜11:30 2.個別面談(ひとり40分)9/15 *予約制 3.プログラム5回  13:00-14:30 9/29 10/13 10/27 11/10 11/24 4.フォローアップ 2019/3/23 13:00〜14:30 (参加希望者多数の場合はプログラム3回め以降2部制になります。詳しくはお問合せ下さい)   受講費: 税込45,360円(参加8回 + 心理テスト3回込み)*説明会参加はEメールを sep@wana.gr.jp までお送りください。*まずご相談を希望される方はインテーク面談をご予約ください(心理検査込 70分:7020円)
MOBILE
qrcode
NHK「虐待」特集、本日6/4(月)に放送決定!
0
    皆さん、お待たせいたしました!
    NHK総合「ニュースほっと関西」の放映が本日6/4(月)に決まりました。

    NHK総合「ニュースほっと関西」6月4日(月)18:10〜19:00

     「STOPこども虐待」特集

    SEPに参加された女性が、母親に愛されなかったという心の葛藤を乗り越えていく様子が放映されます!

    関西地区以外の方は番組ブログにて動画をご視聴いただけます。

     http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/StopChildAbuse/

    (急遽日程が変更される場合があります)。

    ご感想、ご意見をお待ちしています。
    | SEPニュース | 14:25 | comments(0) | - |
    第13回初級SEP実践者養成研修 開催報告
    0

      研修風景

       

      先日の5月19、20日、第13回初級SEP実践者養成研修を開催いたしました。

      参加者のみなさんお疲れさまでした!

       

      今回は岐阜から3名、千葉、名古屋、山口、など遠方からもはるばるご参加くださいました。

      参加者には、児童相談所/母子生活支援施設/障がい者福祉施設の職員の方々に加えて、過去に当事者SEPを受講された方が「私も支援者になりたい!」と参加されました。

       

      <参加者の感想>

      日頃の支援においてうまくいかない理由がわかりました。

      利用者さんの問題となる行動をどのように変化させる事ができるかに執着しすぎてしまい、そもそもの原因である偏った考え方(認知の歪み)に着目できていませんでした。考え方が変わらないので問題行動はくり返されてしまう。利用者さん自身が偏った考え方を持っている事に気づき、修正の必要性を納得してもらいその修正した考え方を定着させていく事が大事だと感じました。毎日の支援の中で活用していきたいと思います。

       

      終了後のアンケートでは参加者の3/4以上の方が中級研修への参加を示され、その熱意にスタッフ一同とても嬉しく感じています。 

       

      次回の初級研修は10月6、7日(土日)

         中級研修は 7月14、15日(土日)の開催を予定しております。

      ご関心を持たれた方は、ぜひlabo@wana.gr.jpまでご連絡ください!

       

      トライアルワークの様子

      <トライアルワークの様子>

      交流会の様子

      <交流会の様子>

       

       

      | SEPニュース | 17:32 | comments(0) | - |
      SEPがNHKに登場。第2弾
      0

        2018/05/31(木)18:10〜19:00 NHK「ニュースほっと関西」の「STOPこども虐待」特集で、SEPの様子が紹介されます。母親から愛されなかったという思いを持って生きて来た女性が、こころの回復をめざしてグループワークに取り組む姿が取り上げられる予定です(日程が変更される場合があります)。http://www4.nhk.or.jp/P3532/

        | SEPニュース | 17:09 | comments(0) | - |
        〇〇ちゃんは天使
        0

          「〇〇ちゃんは天使。大切な存在だよ」

           

          これは、先日終了した第8回SEPのグループ内で出てきたAさんの認知修正の言葉です。

           

          しかし、この修正をしようとしていたAさんは、「本当はこの言葉を自分に定着させたい。すごく言われたかった言葉。だけど、それと同時に、この言葉は絶対に自分の母が言わなかった言葉。そう思うと悲しくなる。だから、なかなか自分ではそう思えなくて…誰かに言ってもらえたら少しそう思えるのかな…」と声を震わせておられました。

           

          この日は、プログラムの最終日。メンバー内にも『同士』のような連帯感が出ていたこともあり、他のメンバーからAさんに向けて順番にこの言葉をかけていくことになりました。

          すると、他のメンバーが思い思いに少しアレンジしてこの言葉を言う度、Aさんはどんどん目に涙が。最後のメンバーが言い終わる頃には研修室全体が言葉にならないほど、あたたかく包み込むような空気でいっぱいになり、気がつくと他ののメンバーまで目頭を熱くしていました。

           

          育ってきた環境の中でかけられることの無かった言葉や思い。人はその苦しかった環境から逃れてからも、尚、長い年月、それに囚われて苦しみます。ですが、自分にとって大切な何かをつかむためには、まずその両手をいっぱいにしている重い荷物を下ろす必要があります。

          過去の体験に苦しめられている方、それらによって、今も抱えきれないほどたくさんの苦しみを抱えて日々生きている方、SEPでその荷物を下ろしましょう。

          | SEPニュース | 15:07 | comments(0) | - |
          虐待してしまうお母さんを救うヒントがここにあります
          0

            2018/04/05(木)18:10〜19:00 NHK「ニュースほっと関西」の「児童虐待」の特集で紹介されました。

             

            http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180405/3248461.html

             

            2人のこどもを持つシングルマザーのNさんはSEPに出会ったことで、大きく人生を変えた人。社会から「養育不能な親」という烙印を押されるほど精神的な困難状態にあったNさん。

            たまたまネットで見つけたSEPを受講し、そのあとも自立訓練マルヒアに2年間通所して、生育環境で抱えたネガティブ思考を必死に克服、見事再生して就労自立を果たした女性です。

            その奮闘ぶりをぜひご覧ください(今年のSEPの模様も年内に放送される予定です。お楽しみに)

             

             

            | SEPニュース | 17:42 | comments(0) | - |
            2018夏(第10回)当事者SEP 参加者募集
            0

              お問い合わせいただいておりました皆様、お待たせいたしました!

              今夏開催の当事者SEPの参加者を募集いたします。

               

              日程は、以下の通りです。

              説明会 2018/6/9  
              個別面談 6/30  *心理テスト1回め実施

              プログラム (90分×5回)  

              7/7  自己理解と対人関係スキル

              7/28  認知と認知モデルとは

              8/11  認知の修正(理論)

              8/25  認知の修正(個別課題)

              9/1  認知の修正(個別課題) 

              フォローアップ 2019/1/12

               

              説明会は要予約です。

              事前にアセスメント面談を受けていただき、プログラムへの参加を相談することも可能です。

              参加者の人数によって二部制になる場合がございますので、詳細はsep@wana.gr.jpまでお気軽にお問い合わせください★

               

               

               

               

              | SEPニュース | 11:15 | comments(0) | - |
              SEP卒業生がTVに出ます!
              0

                2018/04/05(木)18:10〜19:00 NHK「ニュースほっと関西」の「児童虐待」特集で、SEPの卒業生Nさんが紹介されます。

                2人のこどもを持つシングルマザーのNさんはSEPに出会ったことで、大きく人生を変えた人。

                社会から「養育不能な親」という烙印を押されるほど精神的な困難状態にあったNさん。たまたまネットで見つけたSEPを受講し、そのあとも自立訓練マルヒアに2年間通所して、生育環境で抱えたネガティブ思考を必死に克服、見事再生して就労自立を果たした女性です。

                その奮闘ぶりをぜひご覧ください(今年のSEPの模様も年内に放送される予定です。お楽しみに)

                 

                | SEPニュース | 10:30 | comments(0) | - |
                2018冬(第8回)当事者SEPが終了しました!
                0

                  2018冬(第8回)当事者SEPが昨日終了しました。

                  昨年1月に代表藤木の「親に壊された心の治し方」が出版されて以来、これまでの開催頻度では対応できないほどのお問合せをいただきました。

                   

                  そこで、できるだけ長期でお待たせすることなく受講していただきたいという思いから、今回は初めて同じ日程で2部(2グループ)に分かれての開催となりました。たくさんのありがたい感想をいただき、20〜50歳代まで全員の感想をご覧いただきたいところですが、一部の方の感想のみご紹介させていただきます。

                   

                  ・脳のしくみから教えて頂けたので、納得して認知修正に取り組めました。また「あなたが悪いのではない」と言って頂けたこと、自分がホッとする言葉で修正に取り組むことなど、私には宝物です。本当にありがとうございます。もっと多くの人に広がり、生育環境に左右されずに自分で納得いく生き方をできる人が増えますように!(40代、女性)


                  ・先生から「あなたが悪いんじゃない」と言って頂けた時、心の鎖がはずれました。母との人間関係を理解してくれる人に出会えたー!!と、とても嬉しかったです。(40代、女性)

                   

                  ・自分一人では頑張れなかったと思う。グループで修正の言葉を考えると自分にはない考え方などに出会えて視野が広がった気がする。

                  プログラムは楽しかったです。「私はひどい目にあった」と言ってもいい、自分の傷つきを認めるなど、これから生きていく『ともしび』になるような言葉に毎回出会えたのが本当に嬉しかったです。本当にありがとうございます! 私、頑張って生きていきます!(40代、女性)

                   

                  ・受講を開始してから、自分の真の問題がわかってきました。やっと自分にもどれたようです。藤木先生と出会い、本当に良かったです。これからの人生の時間にムダな時間はない!と思える自分になりました。今からです!大変ですが、頑張りがいがあるのだと思います。ピンチのときは先生、またよろしくお願いいたします。(50代、女性)

                   

                  「藤木です。深い『育ちの傷』を負った方が多かったSEPとなりましたが、5回のセッションを経て、こうして皆さんに満面の笑顔でお帰りいただくことができてホッとしています。SEPでは特別なことをするわけではありません。親から守ってもらえず、負のマインドコントロールに縛られて身動きできなくなっている人が正常にもどるための方法を学習をします。今回、涙、涙の最終日を迎えましたが、これから4ヶ月間はひとりで学習する期間です。過去に引き戻されることのないよう気持ちを強くもって定着作業をつづけ、7/21、笑顔でお会いしましょう」

                   

                  今春開催のSEPの申込みはすでに終了しました。次回は夏期の開催に向けて準備中です。近日中に詳細をアップしますので、受講希望者は sep@wana.gr.jp までご連絡ください。

                   

                  | SEPニュース | 08:10 | comments(0) | - |
                  第13回初級SEP実践者養成研修 残席わずかです!
                  0

                    第13回初級SEP実践者養成研修 残席わずかです!

                     

                    毎回定員いっぱいでキャンセル待ちの出る本研修ですが、

                    5月19、20日開催分も、お申込み多数により定員まで間近となって参りました。

                     

                    「心理支援」と聞くと『特別なもの』とお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんが、

                    SEPは近年、福祉分野や教育分野、医療分野の方々にも多く関心を持っていただき、

                    それらの領域で活躍される方の参加が急増しています。

                     

                    SEPの理論や手法は個別での相談支援にも即活用できます。

                    この機会に現場で即使える心理支援方法「SEP」を身につけませんか?

                     

                    申し込み、お問い合わせはWANA関西SEP研究所(labo@wana.gr.jp)坂本までご連絡ください。

                    | SEPニュース | 16:27 | comments(0) | - |
                    【至急】メールをくださったIHさまへ
                    0

                      ●3/3 愛知県から、docomoアドレスにてメールをくださったIHさま、返信しているのですが、何度もエラーで返ってきてしまいます(添付書類はつけておりません)。お電話番号を添えて別のアドレスをお送りいただけないでしょうか?

                       

                      *こうした事態を避けるため、できるだけPCアドレスからメールをいただけますよう、そして携帯電話の番号等を添えてお送りいただけますよう、お願いいたします。

                      *なお、メールによる身の上相談には応じかねます。

                      メールは連絡用とお考えいただき、できる限り簡潔にお願いいたします。

                      | SEPニュース | 22:00 | comments(0) | - |
                      << | 2/11PAGES | >>