CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第13回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年5月19日(土)13:00 -17:30 /20日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2018 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会 2018/6/9 10:30〜11:30 2.個別面談(ひとり40分)6/30 *予約制 3.プログラム5回  13:30-15:00 7/7 7/28 8/11 8/25 9/1 4.フォローアップ 2019/1/12 13:30〜15:30 (参加希望者多数の場合はプログラム3回め以降2部制になります。詳しくはお問合せ下さい)   受講費: 税込45,360円(参加8回 + 心理テスト3回込み)*説明会参加はEメールを sep@wana.gr.jp までお送りください。*まずご相談を希望される方はインテーク面談をご予約ください(心理検査込 70分:7020円)
【2日間】第4回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2018年7月14日(土)13:00〜17:30 / 15日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
クラウドによる活動基金募集スタート!
0
    クラウドによる活動基金募集スタートのお知らせ

    藤木美奈子です。

    すでにご存じの方もおられると思いますが、設立21年目のWANA関西は、昨年2015年4月より自立訓練(生活訓練)事業所Maluhiaを運営しています。

    この4月で無事1周年を迎えましたが、実は昨年、危機がありました。それは、行政から設置を義務づけられた自動火災報知設備がビルに設置されておらず、そのままでは運営できないということが判明したことです。

    ビル・オーナーと、双方が弁護士を介して交渉をつづけましたが、工事費の8割についてはこちらで負担せざるを得ないという結論になりました。開業1年で、まだ赤字経営がつづいており、その費用を支払いながら事業所の運営をしていくことはとても困難な状況です。

    そこでその費用を集めるため本日4月11日より、クラウドファンディングサイトREADYFORにて、ファンディングをスタートいたしました。目標金額はとりあえず60万円としました(実際は150万円ですが・・・)。5月31日23:00まで、支援の募集を行います(詳細はサイトをご覧ください)。

    <活動基金募集サイトREADYFORは以下のURLです> 
    今、注目のクラウド基金、ぜひ一度のぞいてみてください。しくみが面白いです。
    ===========================        
    大阪発DV・児童虐待により自立困難な人のために訓練施設の存続を!
    https://readyfor.jp/projects/wana_kansai
    ===========================
    クラウドファンディングとはインターネット上で行う資金調達の仕組みです。
    インターネットを通じてたくさんの人々に少額の資金提供を呼びかけ、
    目標額に100%まで到達した場合のみ、そのプロジェクトの実行が決定するというものです。
    公開期間終了までに目標金額が集まらないとWANA関西に1円も入らない仕組みとなっております。

    <FACEBOOKユーザーの皆さまへ>
    本日よりfacebook等SNSにて一斉に公開のお知らせを拡散して参ります。
    https://www.facebook.com/wana.maluhia

    このプロジェクトをより多くの方に知っていただくために、応援の投稿や私たちの投稿を「シェア」や「いいね」で拡散していただけないでしょうか。そして、も
    し共感してくださったら、少額でもかまいませんのでぜひご支援をいただければ嬉しいです! みなさんの応援が自立訓練の事業所を存続させます。ご協力よろしくお願いします。
    | 藤木コラム | 18:05 | comments(0) | - |
    春ですね。
    0
      いろいろあった息子ですが、
      無事高校を卒業してくれまして

      昨日は大学の入学式でした
      薄曇りの下、舞い散る桜が祝ってくれました

      シングルマザーで2人のこどもを大学までやれたこと、
      たまには自分をホメてやろう、そう思って式に臨みました

      苦労を苦労と思わずに努力をつづけてこれたこと、
      これも認知修正のおかげだと思っています

      どうせ生きるなら、楽しく生きたいし、
      そんな人間にこそ、人も運もついてくる……実感です

      さあ、また春だ
      昨春、立ち上げた障がい福祉サービスもやっと軌道に
      スタッフたちを正規雇用することもできた

      息子よ、娘よ
      おかんはまだまだやりまっせ
      そんなおかんの背中を見てて





       
      | 藤木コラム | 12:28 | comments(0) | - |
      スパムメール「友達申請」にご注意
      0
        お、めずらしい人からメールが、と思ったら「友達申請」。
        大学教員だし、へんだなと思ったが、もしや授業のことだったら、と
        開封してみたら、スパムでした(泣)。

        時、すでに遅しで、翌日から続々と知人から、
        「文字化けした友達申請が来たよ」と、メールや電話が届く。
        「すんません。削除して」の繰り返し。

        どんより曇った気持ちでいたが、いいこともあった。
        久々に連絡のあった人と、けっこう近況報告ができた。
        「あれから、こどもたちもみんな元気?」
        長くセラピーを受けてもらったシングルマザーの無事確認もできた。
        今では生活保護を脱して、かなり稼げるようになっていた(^^)v。

        気になっていてもなかなか連絡する機会がない人がいる。
        スパムメールがとりもつ縁かいな。今度は誰から連絡が?
        どんなときもポジティブ思考だ!

        (私の名前で友達申請が来たら即削除してね。
        私はFBもツイッターもしていないので。
        だって、私も超多忙なワーキング・シングルマザー。
        ホコリってなんであんなにすぐ溜まるのかなあ・・・)
         
        | 藤木コラム | 18:07 | comments(0) | - |
        ロックアーティストもこころの訓練
        0
          デビュー20周年を迎えた相川七瀬が、久々に登場。
          ロックな波瀾万丈のアーティスト人生についてこう語っていた。

          「心理学を学べたのは大きかった。どんなに沈んでも心のバランスを崩さずにいられたのは、セラピストとして勉強して活動したり、自分の感情に巻き込まれないトレーニングをひたすらやっていたからだと思います」。

          しんどい過去が巻き起こす感情の嵐にピリオドを打つために、心理学を学び、感情のコントロールができるようになる訓練をつづけたことは彼女にとって本当によかったと思う。
          いい仕事といい人生を手に入れるためには、自分自身をどううまくドライブするかが最も大切なこと。

          私自身も認知修正法の自己トレーニングに取組まなかったら今の自分はなかった。
          育ちの傷の後遺症に自暴自棄になり、惨めな生活を送っていただろう。
          そう、人生はやり直せばいい。そのために人生はあるのだ。

          相川七瀬のリベンジを見守りたい。
          | 藤木コラム | 10:49 | comments(0) | - |
          日本学校心理学会で講演しました
          0
            7/19(日)は学校心理学会の大阪大会が大阪教育大学で開催されました。
            大変盛況で、予想を数百名の規模で上回る参加申込があり、うれしい悲鳴とのことでした。
            (というのも、今、学会への申込者が少なくなって大変なところもあるそうです)
             
            私はラウンドセッションで「面前DVの子どもを支援する」のタイトルで発表するよう命を受け、90分間話しましたが、終了後は、質問のために並ぶ学校教員の先生方の列ができ、大変なこどもたちをかかえている現状を痛感しました。

            障がい福祉サービスMaluhiaの支援者向け説明会にも学校の先生方の申し込みがいくつか来ていて、中には「学校教員の無力を感じます。ご指導ください」というメッセージも。子どもを普通に育てることがこんなに大変な時代になったのはなんでなんでしょうね。
            | 藤木コラム | 10:25 | comments(0) | - |
            旧友の受賞
            0
              受賞の一報を受けて【第37回講談社ノンフィクション賞は23日、
              眞並しんなみ恭介さん(63)の「牛と土」(集英社)に決まった】

              今朝のネットニュースで流れました。

              昨夜は、眞並さん、講談社の編集者、そしてわれわれ友人、計5名で、
              受賞の一報を待つ「待ち会」を持ち、梅田の居酒屋で過ごしました。

              17:30、見事受賞の知らせが届き、「おめでとう」の乾杯!
              「まだ信じられない」「これ、本当か」と笑い合いました。

              眞並さんは、作家としての藤木の道を拓いてくれた人。
              その恩人の快挙に、昨夜は久々に興奮した次第です。

              「牛と土」。
              被ばくした牛と人々を描いた渾身の作です。ぜひお読みください。
              | 藤木コラム | 09:24 | comments(0) | - |
              7月6日 毎日新聞にMaluhiaが取り上げられました
              0
                20150706毎日朝刊
                | 藤木コラム | 09:52 | comments(0) | - |
                尾崎礼子が書いたDV被害者支援ハンドブック、改訂版が出ました
                0

                  DV被害者支援ハンドブック
                  ―サバイバーとともに(2015.02.01 朱鷺書房)

                  この本は、いいですよ。確かな理論と経験、そして彼女のあったかいハートで構成されたお勧め本です。DV関連の仕事・活動をされている方、ぜひ。来年は日本に帰ってくるそうです。

                  尾崎/礼子
                  大阪府出身。アメリカ在住。専門はドメスティックバイオレンス(DV)を含む女性に対する暴力、社会的抑圧、移民・難民への社会福祉支援などに関する研修やコンサルテーション。DV加害者プログラム、暴力に影響を受けている子どものためのプログラム、また被害者も含めた一般メンタルヘルス・カウンセリングなどの臨床経験がある。アジア系コミュニティでのDVなどに関する草の根の活動は、長年続けている。現在は、フリーランスのコンサルタント・トレーナーとして活動する傍ら、ケンタッキー大学の社会福祉大学院博士課程在学中で、研究補助員、講師を兼任している。
                  | 藤木コラム | 09:51 | comments(0) | - |
                  朝日新聞記事を読み、USAの警官が関心を寄せています
                  0
                    2015/6/12、朝日新聞に私の活動に関する記事が掲載されました。
                     http://wana.gr.jp/images/top/asahi20150612.pdf

                    この記事で思わぬ反響がありました。
                    先週金曜日の夜、USAで警官をしているという男性からメールがあり、私の自尊感情回復プログラムに大変興味があり、ぜひお話を伺いたいとのこと、さっそく7月に会社に来られることになりました。
                    彼の祖国インドでは大変レイプなど女性への暴力が多く、彼は現地のハイスクールなどでそれに対する教育を実施し始めているそうです。‏この件では私も胸を痛めていたので、何かお役にたてればと思います。
                    | 藤木コラム | 11:06 | comments(0) | - |
                    立命館大学で授業を担当します
                    0
                      4月29日より急きょ、立命館大学で授業をひとつ受け持つことになりました。
                      産業社会学部の「心理臨床論」です。受講数は300名を超えています。
                      ご病気になられた担当の先生と私は専門領域がかぶり、学会で面識があったため、突然の依頼でしたがお引き受けすることにしました。
                      年齢も私と一緒。なんとか復帰をと願うばかりです。
                       
                      授業は毎週水曜日4なので、こども相談センターを13時に出て電車に飛び乗り、駅からタクシーで滑り込めばなんとか間に合うというハードスケジュール。
                      心理臨床論は私のこれまでの活動をギュッとコンパクトにしたような授業にします。退屈はしないと思うので、立命館大の皆さん、しっかり出席してくださいね。

                      このGW、私は一歩も外に出ず、執筆にまい進しています。
                      この本をなんとかこの休み中に8割まで持って行って、
                      今週末には泊がけで長崎県へ研修しに行って、
                      翌週は埼玉県の国立女性教育センターで報告して、
                      翌週からSEPの研究をまとめる原著論文を書きあげて送って、
                      翌週は上智大学に行って授業して、
                      師匠の指導を受けたらやっと休みがとれそうだ
                      (6月になってしまうな)。

                      その間、もちろん、大学も含めて心理の仕事が待っている。
                      息も絶え絶えな毎日だが、やり抜くしかない。
                      そうそう、先週は久しぶりに美容院に行った。
                      「普通の女の子になりたい」、かつてタレントが言った言葉だが、
                      普通のオバサンになりたいと思ったことはないな。
                      「私にしかできない仕事をする」、がモットーだ。
                      命のつづく限り、自論を展開しつづけるぞ。
                      金持ちには一生なれそうにないがね(笑)。
                      | 藤木コラム | 13:32 | comments(0) | - |
                      << | 2/14PAGES | >>